2016/5/30 9:55

夏と言えば、海!? 花火!? それとも、ポセイドン!?

閲覧数:3501

夏と言えば、海!? 花火!? それとも、ポセイドン!?
4.8
最新のコメントに移動

近年、両国国技館での興行を行ったり、週刊プロレスで表紙を飾ることが多くなったり、今や「正統派プロレス見るなら、新日本プロレスか、大日本プロレス」という認識も決して大袈裟ではないくらい、メジャー化してきている大日本プロレス。
メジャー化するのは勿論いいことであるが、昔からのファンからは、その分、ライト層向けに軟化してしまうのではないか、という懸念の声も聞こえる。

が、そんな懸念を他所に、大日本プロレスは相変わらず狂っている。

4月の後楽園ホールでは、74歳のグレート小鹿がメインイベントでアジアタッグへ挑戦、5月の横浜文化体育館では、蛍光灯デスマッチが、血みどろの戦いの末、しっかりメインを勤め上げた。両国大会をやるようになろうが、正統派レスリングが注目を集めようが、大日本プロレスは大日本プロレスであり続けている。

梅雨が明ければ、夏がやってくる。プロレス界の夏と言えば、やはり「G1クライマックス」が鉄板だろうが、大日本プロレスの夏と言えば、これは「ポセイドンアドベンチャースプラッシュマッチ」をおいて他にない。
この記事を読んでいる多くの人は「ポセイドンアドベンチャースプラッシュマッチ」と言われてもピンとこないかもしれない。中途半端な説明をして誤解を与えないために、敢えて超ざっくり言うと「撒き散らされる大量の水」「う○こ」「俺がポセイドンや!」といった感じである。詳しくは、大日本プロレスより 「ポセイドン伝説~ENDLESS ADVENTURE」というDVDが出ているので、そちらを参照して頂きたい。

大日本プロレスは、東京・上野公園みずどりのステージで「夏の上野プロレス祭り2016」を8月16〜19日、23〜26日、女子プロレス団体のアイスリボンと合同興行として行うことを発表した。
どうやら今年も「ポセイドンアドベンチャースプラッシュマッチ」は行われそうだ。その上、なんと、アイスリボンの女子選手の参加も濃厚とのこと。ここ最近のポセイドンは、若干のマンネリが感じられる部分もあり(それが良さでもあるのだが)、女子選手の参加は新たな化学反応が生まれそうで、実に楽しみである。

※「ポセイドンアドベンチャースプラッシュマッチ」観戦の際は、濡れても大丈夫な服装で、かつ、携帯電話など電子機器の水没にご注意を。

この記事を書いたライター: 富家イチロウ

コメント

最新のコメントに移動
  • 今年もありそうですね(^^)ポセイドンはプロレスなのか…プロレスとしてもデスマッチになるのか…多分、応えとなるのは伊藤選手が言っていた『大人の悪ふざけ』がしっくりきそう。けど!それが楽しい(^^)何か別の空間のような感じが。
    確か前回は植木の冬将軍が登場したけど…次はアイスリボンも参加ならセイントセ○ヤっぽくアテネ?か、大地の女神でガイアとか…とにかく楽しみです。ただ、地方在住なのでサイトで観るしかできないのが残念です。

    ID:5984 [通報]
    (2016/5/30 12:07)
    0 0
    賛成:0% / 反対:0%

    Loading...


  • 頼むから名古屋でも開催してくれ〜〜‼️‼️

    ID:218404 [通報]
    (2016/6/1 21:38)
    0 0
    賛成:0% / 反対:0%

    Loading...


おすすめ記事

新しいコメントを投稿する

 [PCから画像ファイルをアップロード]

関連付けられたタグ

なし
[タグを付ける]

<< 一覧に戻る