2017/11/26 17:06

プロレス暗黒期について

閲覧数:910

[通報]
最新のコメントに移動

皆さんはプロレス暗黒期についてどう思いますか?コメントお願いします。
自分は、総合格闘技で試合をさせられた永田裕志さんが可哀想にだと思います。


投稿者:NoName(ID:5731017)

コメント

最新のコメントに移動
  • 新日本の暗黒時代の最底辺は曙対レスナー。

    ID:5796240 [通報]
    (2017/11/26 19:05)
    0 0
    賛成:0% / 反対:0%

    Loading...

  • 新日本プロレスはストロングスタイル、キング・オブ・スポーツ、「いつ何時誰の挑戦でも受ける」と提唱していたわけで、対総合格闘技に出撃するのは宿命だったと思います。永田はあの時いろいろあってかわいそうですが、新日本プロレスなら対総合格闘技にいかなきゃいけなかったんです。
    暗黒期になった理由は、総合格闘技が流行ったからではなくて、総合格闘技と戦って負けたからです。ゴールデンタイムのテレビ中継でプロレスラーが総合格闘技をやっつければ暗黒期なんて来なかったはずです。
    今になって思えば、PRIDEの頃は総合格闘技が競技として確立してきた時期なので、付け焼き刃とプロレス技術では無理でしたが...。

    余談ですが、私は古いファンなのでプロレスラーにはそういう強さを持ち合わせてほしいと思っています。最近ではブロック・レスナーがUFCでチャンピオンになった時は嬉しかったです。今だと朱里とか。「プロレスラーは強いんだ‼」ってファンが誇らしく思える選手がいてほしいですね。

    ID:5785822 [通報]
    (2017/11/26 20:29)
    0 0
    賛成:0% / 反対:0%

    Loading...

  • 高田がガチで戦うフリをして最強を名乗っていたのがヒクソンに連敗したのと、ミスターIWGPの看板を背負って挑んだ永田が何も出来ずに秒殺されたのが、印象が悪かったですよね。しかし良くも悪くも元を辿れば、A級戦犯は紛れもなく猪木です。遅かれ早かれ、いずれプロレスがリアルでないことが衆目に晒される時は訪れていたでしょうが…「グレーゾーンであること」が最大の魅力であったのが、この時代を機にそうせざるを得なかったとはいえ一気に反転して振り切った(あるいは、振り切り"すぎた")と思っています。今のプロレスが活気を取り戻しているので結果オーライと言えなくもないですが。ところで私も、カミングアウトしすぎな展開が見え見えの現代の試合は少々苦手であります。と言いつつ棚橋が目指した方向性は正しかったとも思います。

    ID:815460 [通報]
    (2017/11/27 16:33)
    0 0
    賛成:0% / 反対:0%

    Loading...

  • 暗黒時代になった原因を第三世代のせいにされやすいけど衰退の要因になったのは四天王と三銃士だと思いますよ。
    猪木の時とかも異種格闘技とかやってたけどUWFが出来た時点で格闘技をやるレスラーとプロレスをやるレスラーに別れた訳で格闘技としての強さとプロレスラーとしての強さは別物になった。
    それをUインターとの試合で武藤が高田に勝ったことでプロレスラーは格闘家にも通用するみたいになったのと四天王の激しい試合のなかでやらないだけでやれば強いってファンの幻想が強くなった。
    その流れのなかで次の世代がどんどん格闘家と試合させられて負けるから元々変わらないのにレスラーが弱くなったってファンが良い始めちゃった訳で。
    実際に総合で結果を残した中邑がWWEに行き、藤田が大仁田とデスマッチをした。強いレスラーって言われるけど心を震わせられる強さがプロレスラーの強さでどの格闘技でも通用する強さを求めることがプロレスの楽しさを潰していく考えだってこと。
    暗黒時代を生んだのはファン以外にない。

    ID:2569 [通報]
    (2017/11/29 0:00)
    0 0
    賛成:0% / 反対:0%

    Loading...

  • 暗黒期はね~棚橋、中邑の世代も悪かったと思うよ。あと会社と社長ね。
    ただ、また活気(新日)を取り戻したのも棚橋中邑だけど。

    ID:5838217 [通報]
    (2017/11/30 21:38)
    0 0
    賛成:0% / 反対:0%

    Loading...

  • 暗黒暗黒言うけど、棚橋中邑を否定し続けて「こんなのプロレスじゃない、昔はもっとガチでやってた」とか懐古も良いところの的はずれな批判ばっかりしてた所謂古くからのっていうか古臭いファンが多すぎたから新規も付きにくかったわけで。
    実際K-1や総合に行ってた女性ファンや若年層を引き込めたからこその今があるし、つまんないことにこだわる自称古くからのプロレスファンなんていないほうが業界の為になると思いますよ。
    あれだけ勢いのあったノアが意固地になり続けた結果虫の息、全日が新しいことに挑戦しつつファン層を広められたから今盛り返しつつある。
    昔は昔で今は今。経営側とファンがそういう考え方を出来なかったのが総合に食われかけた原因だと思います。

    ID:4680441 [通報]
    (2017/12/3 1:25)
    0 0
    賛成:0% / 反対:0%

    Loading...

  • あれほどキングオブスポーツの看板が重かった時代もないですね。出てくる新興勢力全て新日本が相手をしなければいけない感じでしたから。
    しかしあの失敗があってプロレスをしっかりやるという今があるので全てはデスティーノってことですかね。

    ID:5847752 [通報]
    (2017/12/3 13:03)
    0 0
    賛成:0% / 反対:0%

    Loading...

  • 暗黒期と言われた時代は、プロレス側が時代を読まないで何も変えようとしなかったからじゃないでしょうか?当時は猪木が思いつきで色々かき回し、それを正常化しようとした棚橋中邑は若くてそこまで影響力が無かった。だけど諦めないで地道にコツコツとやって、成果が出たんだと思います。そして第三世代が残ってくれて、しっかり当時の若手であった棚橋中邑を育てた。これは物凄く大きいと思います。
    懐古主義な方が色々言いますが、それならば過去の試合見てたらいいだけです。
    鈴木みのる選手は今も昔も実力主義だとはっきり言ってますし。
    全日は秋山選手が行って、色々変えてきたのが見え始めてきた成果が出てると思います。ヨシタツも生き生きして、凄く面白い。
    ノアも変えようとしているのはわかります。それが支持を得られるまで続けられるかどうか。会社で一丸となって進められるかがカギだと思います。

    ID:3366220 [通報]
    (2017/12/3 19:52)
    0 0
    賛成:0% / 反対:0%

    Loading...

  • う~ん

    新しい時代を求めて、昔のスタイルを否定するという感じそのものに、古さを感じないでもないのですが。同じく、古いスタイルに固執して新しいスタイルを否定するって感じにもまた古さを感じます。

    どっちもアリでいいと思うんですけどね。多分暗黒期っていうのは、そういう柔軟性の無さが新しい娯楽に負けたんじゃないでしょうか。猪木がどうこうというより、猪木がどうしたから、それに対して有効な手段を講じられなかった事も含めた業界の拙さみたいな。猪木一人に振り回される程度なら、どっちみちたかが知れていたのだと思う。



    ID:1144401 [通報]
    (2017/12/3 23:18)
    0 0
    賛成:0% / 反対:0%

    Loading...

  • 猪木程度に振り回される。
    その猪木程度の当時の影響力は残念ながら絶大でしたし、プロレスにとって不幸なことにダイナマイトの初期興業は結構な成功を納めてしまった。
    新日本のリングで本当に総合格闘技の試合を行ってしまった猪木は【猪木程度】で済む存在じゃないと思います。国家で例えれば反逆罪のA級戦犯者、だけど当時は誰も何も言わなかった。異を唱えるものがいたのかもしれませんが全く表には出てこなかった。
    故に当時のファンも結構な数が半プロレス半格闘技の魅力に釣られてしまってましたし。
    ハッスルみたいなエンタメ団体まで出てきて【プロレス】事態が大きくぶれてしまった。
    足場であり土台であった新日本もレッスルランドという苦肉の策を打ちますが空回り、それによって批判する声も年々大きくなってゆく。
    猪木は稼げないと新日本を見限って蝶野さんに現場を押し付けてトンズラこくし。
    本当に潰れるギリギリのところでユークスに経営が代わり、若手主体のストーリーラインでの試合構成になって永田さんをはじめとした第三世代が壁役を担い、棚橋中邑が台頭してきて、プリンス・デヴィットやカール・アンダーソン、ジャイアント・バーナードらの外国人選手も奮起してくれた。
    真壁矢野という分かりやすいヒールが出てきたこともあって棚橋を絶対的なベビーフェイスに仕立てることにも成功したし、あの時代が今の成功に大きく繋がっていると思います。

    結論、猪木はクズ。ハッキリわかんだね。

    ID:4680441 [通報]
    (2017/12/5 0:05)
    0 0
    賛成:0% / 反対:0%

    Loading...

  • ちょっと言い方が足りなかったですね。伝統と言われるものは残しつつ、新しく変化をしていかないといけないのは同意です。実際中国の京劇や、日本の歌舞伎や落語は新しい事をどんどんしているじゃないですか。ああいうのが理想かな?難しいとは思いますが変化を嫌っては新しいお客さんがきにくいのは事実ですし。
    当時の猪木は社長、会長、株主だったりと無視できない存在でしたからね。はっきり言って老害でした。
    ただ、その他の役員も考え方が古かったようで、蝶野さんは責任感から残っていたと言ってます。
    理想的な経営者は、プロレスを理解している経営畑の方が良いのですか、なかなかいないんですよね。
    そういう意味では親日とDDTがきちんと経営方針持ってるな、という印象です。ドラゲーやみちプロ、全日、アイスリボンやスターダムなんかもきちんと一つ一つ目標を達成するために地道なこともやってうまくいっている感じがします。
    ともかく業界がもっと活性化してほしい思いはみなさん同じだと思ってます。

    ID:3366220 [通報]
    (2017/12/5 7:57)
    0 0
    賛成:0% / 反対:0%

    Loading...

  • 単純に落語や歌舞伎を例えに出す時点で古典の一部の人が楽しむものになってるんだよね。
    俺はプロレスは新喜劇で良いも思ってる。
    あって当たり前のものでいくつになってもどんな人でも楽しめる娯楽。
    暗黒時代や総合ブームは一時の漫才ブームみたいなもの少し人を変えてわかりやすさを変えれば皆楽しめるそれがプロレス。
    もちろん、人や少しの変化は必要だけだベタでそれでも感動できるものが長く生きていく!
    強さや激しさだけに拘ったからプロレス本来の魅力がなくなった。刺激もほどほどに

    ID:2569 [通報]
    (2017/12/11 23:41)
    0 0
    賛成:0% / 反対:0%

    Loading...

おすすめ記事

新しいコメントを投稿する

 [PCから画像ファイルをアップロード]

関連付けられたタグ

なし
[タグを付ける]

<< 一覧に戻る

プロレスが好きな人はフォロー!
「ぼくらのプロレス」ならではの情報をお届けします。