2016/6/9 18:47

【ぼくらで勝敗予想】6・19大阪城…KUSHIDAとオスプレイによる“王者vs王者”の極上リマッチ!

閲覧数:1564

【ぼくらで勝敗予想】6・19大阪城…KUSHIDAとオスプレイによる“王者vs王者”の極上リマッチ!
[06/19]新日本『DOMINION 619 in OSAKA-JO HALL』大阪城ホール

Loading...

勝敗予想投票の受付は
終了しました。

勝敗予想途中経過
0% 0%
06月19日 【リーグ戦】
-
KUSHIDA
VS
ウィル・オスプレイ

IWGPジュニアヘビー級選手権試合
※KUSHIDA2度目の防衛戦

最新のコメントに移動

 今年のスーパージュニアは、イギリスの新鋭・オスプレイが初出場・初優勝、2007年のミラノコレクションA.T.以来の偉業達成で幕を閉じた。地元・田口に声援を送っていた仙台の観衆も、試合が終わればオスプレイコールでニューヒーローを称えた。

 試合後、マイクを握ったオスプレイは、放送席のIWGP王者・KUSHIDAを「話がある」とリングに呼び寄せた。「俺はKUSHIDAのすべてをリスペクトしてる。世界最高峰のレスラーだと思ってる。でも、オカダが僕をCHAOSに入れた理由はひとつ。IWGPジュニアのベルトを獲ること。そう…キミからね」と強調したうえで、「ボクが言いたいことはシンプル。オスプレイvsKUSHIDAのIWGPジュニアヘビー級選手権試合…ワン・モア・タイム!」と4月両国以来となるIWGPジュニア再戦を申し入れた。

 オスプレイはトロフィー、KUSHIDAはベルト。二人の“王者”は勲章を掲げてにらみ合う。KUSHIDAも「コングラッチュレイション、ウィル・オスプレイ。ユー・アー・チャンピオン、アイム・チャンピオン。どっちが強いか、勝負しよう」と無論承諾し、最後はガッチリと握手を交わして6・19大阪城大会での激突が決定した。

この記事を書いたライター:管理者

各選手を採点!

  • KUSHIDA 
  • ウィル・オスプレイ 

コメント

最新のコメントに移動
  • オスプレイ絡みでたくさんの試合を見たいから、オスプレイに一票!

    ID:991576 [通報]
    (2016/6/10 11:52)

  • 相手の得意な部分を潰して強さを見せつけるっていうKUSHIDAのスタイルが嫌いだからオスプレイに勝ってほしい

    ID:929982 [通報]
    (2016/6/10 16:47)

  • KUSHIDAを好きになれない

    ID:991576 [通報]
    (2016/6/13 10:20)

  • 勢いはオスプレイにあるが、ここはKUSHIDAが防衛しないと、時代は築けない。
    オスプレイ、BUSHI、オライリーに防衛してほしい。
    個人的にはホバーボードロックに拘らない試合が見たい。
    ドームのオメガ戦が俺の中でKUSHIDAのベストバウトです。

    ID:351242 [通報]
    (2016/6/13 19:57)

  • クッシーが勝つだろう。けど、オスプレイの成長が半端ない。スーパージュニアの前半と決勝ではもう別の選手という印象。
    期待も込めてオスプレイ勝利!

    ID:36784 [通報]
    (2016/6/13 22:06)

  • KUSHIDAが中心の新日本に未来はない。
    カマイタチが帰ってきてくれたらな。

    ID:890598 [通報]
    (2016/6/16 11:53)

  • ちょっと!新体操みたいになるのは、どうかなぁと思います。両方いい選手やとは、思うのですが、床運動やったら満点で、オスプレイの勝ちやね。でも!個人的やけど、プロレスは新体操になって欲しくない。ノアの石森位がちょうどいい。ライガー、拳王、田口、タイチ、大原、外道、原田、吉野もおもしろい。駄目なのは、熊野、青木やね。

    ID:1020561 [通報]
    (2016/6/16 14:14)

  • 他のところでも無駄な長文で能書き垂れながしてますけど、正直にノア好き!新日嫌い!ってハッキリ言ったらどうでしょうか?スッキリしますよ

    ID:929982 [通報]
    (2016/6/19 4:03)

  • 新日の話題で他団体、ましてやスーパージュニアに声がかからない人たちの名前出して虚しくないの?

    金があるから新日は〜とか言う人いるけど、スポンサー引っ張ってくるのもプロデュース能力の一つなんやで?

    ID:1136515 [通報]
    (2016/6/19 9:56)

おすすめ記事

新しいコメントを投稿する

プロレスが好きな人はフォロー!
「ぼくらのプロレス」ならではの情報をお届けします。