2020/2/20 23:00

岡田がススム挑発 世界ジュニア奪還で「ドラゲーで防衛戦やったる」

閲覧数:238

岡田がススム挑発 世界ジュニア奪還で「ドラゲーで防衛戦やったる」
まだ評価がありません

『2020 EXCITE SERIES』山口・岩国市周東体育センター(2020年2月20日)
○岡田佑介vsフランシスコ・アキラvsライジングHAYATO×

 岡田が世界ジュニア王者・ススムを挑発し、戴冠後の青写真としてDRAGON GATEマットでの防衛戦をぶち上げた。

 2・23大阪大会で2度目の世界ジュニア挑戦を控える岡田。この日はアキラ、HAYATOとの3WAYマッチに登場し、混戦模様の中、アキラを蹴散らすと、ダイビングヘッドバットからのサドンデスでHAYATOを破った。

 3日後の世界ジュニア戦へ向けて岡田は好調そのもの。「もう時間ない、1回も前哨戦がない中で、コンディション、モチベーションともにアップアップや。もう怖いもん今、何もない」と豪語するほどだ。そして「横須賀ススムさんよ、後楽園ホールで言ってたね。もし挑戦者が全日本で現れなかったらDRAGON GATEのリングで防衛戦? ふざけたことぬかすな。2月23日、俺があんたからそのベルト引っぺがして、俺がDRAGON GATE乗り込んで防衛戦やったらぁ」と宣言した。

 故・青木篤志さんの返上後に行われた王座決定トーナメントをススムが制し、世界ジュニアがドラゲーに流出した屈辱はベルト奪還だけでは晴らせそうにない。そこで岡田は世界ジュニア王者となってのドラゲー出陣をぶち上げたのだ。ススムはのちにその発言が挑発だったと説明していたが、岡田はそんなことお構いなし。その青写真を実現させるためにも、地元・大阪での大一番で勝利あるのみだ。

【岡田の話】「2月23日、大阪、世界ジュニア。もう時間ない、1回も前哨戦がない中で、コンディション、モチベーションともにアップアップや。もう怖いもん今、何もない。横須賀ススムさんよ、後楽園ホールで言ってたね。もし挑戦者が全日本で現れなかったらDRAGON GATEのリングで防衛戦? ふざけたことぬかすな。2月23日、俺があんたからそのベルト引っぺがして、俺がDRAGON GATE乗り込んで防衛戦やったらぁ。俺はそれぐらいの覚悟であんたのベルトに、いや世界ジュニアに挑戦する。全日本プロレス岡田佑介の意地みせたらぁ。あと最後に一言。いてこますからな」


コメント

    まだコメントはありません。

おすすめ記事

新しいコメントを投稿する

 [PCから画像ファイルをアップロード]

関連付けられたタグ

なし
[タグを付ける]

<< 一覧に戻る