2020/2/21 0:00

鷹木NEVER会心V1、無骨対決で石井を正面突破、NJC出場を表明

閲覧数:261

鷹木NEVER会心V1、無骨対決で石井を正面突破、NJC出場を表明
まだ評価がありません

『NEW JAPAN ROAD』東京・後楽園ホール(2020年2月20日)
NEVER無差別級選手権試合 ○鷹木信悟vs石井智宏×

 石井との無骨な真っ向勝負を制し、鷹木が会心のNEVER王座V1。試合後、鷹木はNEVER王座を保持したまま、NEW JAPAN CUPに出場すると表明した。

 2・1札幌で後藤を破り、NEVER王座初挑戦・初戴冠を果たした鷹木。「とことん俺色に染めてやる」と宣言したが、そんな新王者の前に立ち塞がったのが、後藤と並んで同王座最多戴冠記録(5回)を誇る石井だった。真っ向勝負を信条とする無骨な男同士の戦いは前哨戦から過熱していたが、タイトル戦でのぶつかり合いはし烈を極めた。

 のっけからショルダータックル合戦を繰り広げて場内は沸騰。エルボーや逆水平、頭突きなど原始的な打撃技が何度も交錯する。互いに挑発し合うと、激情が爆発し、打撃戦はヒートアップ。止めに入る海野レフェリーをはね除けて、どちらも逆水平とエルボーを交互に乱射した。打撃戦が長時間続いたものの、戦場がエプロンに移ると試合は動く。石井がパイルドライバーを仕掛けるが、踏ん張った鷹木が逆にエプロンでデスバレーボムを強行。やっと流れを掴んだ。

 リングアウト勝ちを良しとしない鷹木は石井をリングに押し入れて真っ向勝負を継続。串刺し式、スライディング式でパンピングボンバーを放つと、ショートレンジでも右腕を唸らせる。しかし、石井は正面から受け止めて意地を見せると、先の読み合いからスープレックス合戦へ。石井は鷹木に水車落としなどで投げられてもすぐさま立ち上がり、合計3発のバックドロップを繰り出して反撃ののろしをあげた。

 2人はラリアットのラリーで意地を張り合う。どちらもフルスイングで振り抜くが、互いに真っ向から受け止めて仁王立ち。石井はセカンドロープに倒れ込んでもダウンを拒否し、とうとう打ち勝つと、パワーボム、コーナー最上段からの雪崩式ブレーンバスターと畳みかけた。負けじと鷹木もバックエルボー、ナックルパート、左腕ラリアットの連続攻撃で戦況を押し戻すと、2人は頭突き合戦、ワンツーエルボー合戦で再び火花。ここは鷹木が制すると、MADE IN JAPAN、パンピングボンバーと大技を連発した。

 しかし、石井はカウント1でフォールをキックアウト。これには鷹木も驚きを隠せない。石井はまたもパンピングボンバーを食らっても倒れず、逆にラリアットで王者をなぎ倒すと、自らコーナーマットに頭を叩きつけて気合いを入れ、投げ捨てジャーマン、ラリアットと畳みかけた。すると、鷹木もカウント1で肩を上げて応戦。石井は延髄斬り、スライディングラリアットで足止めすると、垂直落下式ブレーンバスターの構えに。

 踏ん張った鷹木は逆に石井を抱え上げて、変型エメラルドフロウジョンで真っ逆さま。勝機をたぐり寄せると、なおも頭突きやラリアットを放ってきた石井の両足をセカンドロープに固定し、鷹木式GTRをお見舞いする。大ダメージを負った石井に前後からパンピングボンバーを発射すると、最後は必殺のラスト・オブ・ザ・ドラゴンで死闘を制した。

 鷹木が会心の勝利でNEVER王座初防衛。昨年のG1に続き、石井からシングル2連勝を飾った。3カウントを聞いた石井だが、なおも闘志は消えず、這うようにして鷹木に近寄り、エルボーをぶち込むと、実況席のパイプイスを奪い取り、一時場内は騒然となる。セコンドに止められた石井だったが、あえて肩を借りずに自力でバックステージへ。客席からは「石井」コールがこだました。

 マイクを握った鷹木は「おい、後楽園。なんとかNEVERのベルトを守ったぞ。それにしても、石井の野郎、あいつはトコトンぶっ飛んでるな。過激すぎるだろ」と激闘を経て石井の実力を改めて感じ取ったようで、「全部強烈で、ホントに痛いけど、痛いけど! 終わってみれば気持ちのいい痛みだな」と充実感をあらわに。「2・1札幌では試合後、『これがNEVERの戦いだ。これが俺のプロレスだ』と言った。今日は勝って、調子に乗ってもう1ついいか? 今の魂と魂のぶつかり合い、これがプロレスだ!」と胸を張ると、聖地は「鷹木」コールに包まれた。

 「まだまだこんなもんじゃねえからな。さらに、このベルトの価値を高めるために、トコトン暴れ回ってやるからな。いいか。これからも暴れ龍の如く駆け上がっていくぞ!」。そう観客に誓って締めくくった鷹木は、バックステージで3月から開幕するトーナメント戦・NEW JAPAN CUPについて言及。前日に新日本側から出場の意志を確認されたことを明かし、「即決だよ、即決。一発のトーナメント、おもしれえじゃねえか。こんなおもしろいもん、この俺が出ないわけねえだろう。おい、新日本プロレス。令和初のNEW JAPAN CUP、初出場のこの俺が、このシングルのベルトを持って参加してやるよ」と出場を表明した。

 もしトーナメントを制すれば、ロス・インゴ軍の同門である二冠王・内藤の対戦も見えてくる。刺激的な戦いを見据えた鷹木だったが、まずは明日(21日)に控えるNEVER6人タッグ王座防衛戦に集中する構え。「内藤とは違った形で俺は二冠を輝かせるから。6人タッグも必ず明日防衛する」と目をぎらつかせてベルト死守を誓った。


コメント

    まだコメントはありません。

おすすめ記事

新しいコメントを投稿する

 [PCから画像ファイルをアップロード]

関連付けられたタグ

なし
[タグを付ける]

<< 一覧に戻る