2020/1/14 23:00

光留が初対決HAYATOにエール「全日本ジュニアはいつでも待ってる」

閲覧数:211

光留が初対決HAYATOにエール「全日本ジュニアはいつでも待ってる」
まだ評価がありません

『2020 NEW YEAR WARS』宮城・仙台市宮城野区文化センター(2020年1月14日)
○佐藤光留&石川修司vs崔領二&ライジングHAYATO×

 光留が「全日本ジュニアはいつでもライジングHAYATOを待ってるよ」とHAYATOにエールだ。

 愛媛プロレスから3ヶ月限定で参戦中のHAYATOは3番勝負を完走したばかり。この日は前夜の最終戦で対戦した崔とタッグを組み、石川&光留と激突した。初対決となった光留相手にエルボーで真っ向から立ち向かい、ミドルキックで返り討ちにされても気持ちは前のめり。終盤にはトラースキックやハリケーンドライバーで攻め立てて見せ場を作ったが、最後は光留が腕ひしぎ逆十字固め、脇固めで絞め上げて完勝を決めた。

 光留のHAYATO評は「思ってたよりもいいけど、これぐらい驚かせてくれるんじゃないかなっていうのもなかった」というもの。だが、まだ20歳と若いHAYATOに潜在能力を感じたか、「3ヵ月じゃもったいない」とキッパリ。「3ヵ月じゃなくて、あと半年、1年、頭の先から爪先まで全日本ジュニアに息できないぐらい浸かって、そこからライジングしてもいいんじゃない?」と投げかけ、「全日本ジュニアはいつでもライジングHAYATOを待ってるよ」とまで言い切った。これは紛れもなく光留からのエール。全日ジュニア本格参入を提案されたHAYATOもこれに応えるか。

【光留の話】「思ってたよりもいいけど、これぐらい驚かせてくれるんじゃないかなっていうのもなかったし。でも惜しいよね。3ヵ月でしょ? あっという間よ。20歳? あっという間よ。20歳じゃまだまだやっと水に慣れてきたぐらいでしょ。3ヵ月じゃなくて、あと半年、1年、頭の先から爪先まで全日本ジュニアに息できないぐらい浸かって、そこからライジングしてもいいんじゃない? あとは大人の都合なのかもしれないけど、俺たち知らないから、そんなこと。全日本ジュニアはいつでもライジングHAYATOを待ってるよ。君が全日本ジュニアで何かを残せば、それは全て愛媛プロレスの財産なんじゃないかな。3ヵ月パッと来て気に入らない奴いるだろう。こんな上で試合組まれてイライラしてる若手いるじゃん。期待してる奴も応援してる奴もいる。3ヵ月じゃもったいないんだよ。待ってるよ」


コメント

    まだコメントはありません。

おすすめ記事

新しいコメントを投稿する

 [PCから画像ファイルをアップロード]

関連付けられたタグ

なし
[タグを付ける]

<< 一覧に戻る