2020/1/13 23:00

世界タッグ前哨戦幕開け 入江が石川眼前で豪快勝利、イザナギは暴走大巨人の空中分解を予言

閲覧数:298

世界タッグ前哨戦幕開け 入江が石川眼前で豪快勝利、イザナギは暴走大巨人の空中分解を予言
まだ評価がありません

『2020 NEW YEAR WARS』山形・甑葉プラザ(村山市)(2020年1月13日)
○宮原健斗&ヨシタツ&フランシスコ・アキラvs青柳優馬&ダニー・ジョーンズ&青柳亮生×

 入江が石川との世界タッグ前哨戦に勝利。諏訪魔獲得を狙うイザナギは暴走大巨人の空中分解を予言した。

 この日から入江がシリーズに合流し、2・11後楽園大会の世界タッグ戦へ向けた前哨戦が幕を開けた。イザナギと組んだ入江は、岡田と組んだ石川と激突。エルボー合戦で真っ向から火花を散らし、バックフリップで豪快に叩きつける。大外刈りからの肩固めで反撃されたが、ビーストボンバーとラリアットの打ち合いで譲らず。岡田をパイルドライバーで石川の上に突き刺すと、最後はビーストボンバーを叩き込んで岡田から3カウントを奪った。

 石川の眼前で入江が豪快勝利。世界タッグ前哨戦は神の軍団の先勝で幕を開けた。これにはイザナギも「みただろ。神の友人の力を。石川修司、ちょっと舐めてんじゃねぇかオイ」と勝ち誇り、「ルーカスは本番まで出さねぇぞ。お前たち、自分がどれだけ不利かわかってんのか?」と揺さぶりをかけるほど自信満々だ。ゼウスに続いて諏訪魔をも勧誘する構えをみせているが、イザナギは「諏訪魔、お前は俺たちのものだ。神が予言しよう。2月11日、世界タッグタイトルマッチ当日、暴走大巨人、そのうちどちらかが裏切るだろう」との予言を口にした。

 どちらが裏切ったとしても暴走大巨人が空中分解し、諏訪魔は神の軍団の手に落ちるとの算段だ。ただ、ゼウス勧誘に失敗しているイザナギの言葉にどれほどの信ぴょう性があるかは疑問符を付けざるを得ない。ともあれ、これもイザナギ流の心理戦の一つであるのは間違いなく、これから入江とともに暴走大巨人を着々と追いつめていくことになりそうだ。

【イザナギの話】「みただろ。神の友人の力を。石川修司、ちょっと舐めてんじゃねぇかオイ。そんなんじゃ間に合わねぇぞ。入江だけじゃなくな、ルーカスがいるんだ、こっちは。ルーカスは本番まで出さねぇぞ。お前たち、自分がどれだけ不利かわかってんのか? それにな諏訪魔、お前は俺たちのものだ。神が予言しよう。2月11日、世界タッグタイトルマッチ当日、暴走大巨人、そのうちどちらかが裏切るだろう。(入江の腰に手を当てながら)ベルトがこの腰に巻かれたがってるんだよ! いこう。サンキューだ」


コメント

    まだコメントはありません。

おすすめ記事

新しいコメントを投稿する

 [PCから画像ファイルをアップロード]

関連付けられたタグ

なし
[タグを付ける]

<< 一覧に戻る