2019/12/9 0:00

飯伏ブチギレ オカダをアタッシュケースで暴行

閲覧数:1480

飯伏ブチギレ オカダをアタッシュケースで暴行
まだ評価がありません

『WORLD TAG LEAGUE 2019』広島グリーンアリーナ(2019年12月8日)
○飯伏幸太&獣神サンダー・ライガー&タイガーマスクvsオカダ・カズチカ&YOH&SHO×

 オカダの挑発にぶち切れた飯伏が挑戦権利証の入ったアタッシュケースで痛打。狂気をにじませた飯伏はその後もオカダを暴行し、花道やバックステージでも追いかけ回した。

 ワールドタッグリーグ中盤からIWGPヘビー級王者・オカダと飯伏の1・4東京ドームに向けた前哨戦が再開。当初はスワンダイブの奇襲フェイントでオカダを腰砕けにさせるなど飯伏の動きばかりが目立っていた。しかし、オカダも譲らず。12・6熊本では飯伏のパートナーであるタイガーマスクをレインメーカーで撃破。試合後、飯伏がスワンダイブミサイルキックで奇襲を仕掛けてきても、ドロップキックで撃墜し、「あの真夏の熱かった飯伏さんはどこにいっちゃったんですか? 寒い飯伏、勝手にやってくれ」と言い放っていた。

 今大会でも6人タッグ戦による前哨戦が組まれたが、序盤から荒れ模様だった。飯伏が先発を買って出るが、オカダはスカして控えに回る。すると、怒った飯伏がゴングを待たずにレインメーカーを奇襲。場外に蹴落とし、鉄柵に3連続でぶん投げると、そのままリングに押し込んで、強引にオカダとの対戦に持ち込んだ。飯伏はサッカーボールキックを連打すると、オカダは苦もん。それでも、直後に高さのあるフラップジャックで一矢報いた。

 後半戦でも両者は火花を散らす。飯伏がスワンダイブ式ミサイルキックやその場飛びムーンサルトプレスなど空中戦で圧倒したものの、負けじとオカダも正面飛び式ドロップキックで逆襲。エルボースマッシュを連射すると、逆さ押さえ込み式レインメーカーは空を切ったが、カウンターでドロップキックを突き刺し、ゴールデンスターの追撃を阻止した。

 その後、SHO&YOHの連続攻撃を食らってしまった飯伏だったが、ライガーが奮闘して相手チームを下がらせると、飯伏は狙いすましたハイキックをSHOに一閃。間髪入れずに、ボマイェ、カミゴェと畳みかけて3カウントを奪い取った。

 試合後、この日が最後の広島出場となったライガーに声援が集中するが、オカダと飯伏はお構いなしににらみ合う。飯伏が権利証の入ったアタッシュケースを掲げれば、オカダもIWGPのベルトを手にした。そして、そのベルトを飯伏の顔に押しつけて挑発する。

 一瞬にして鬼の表情に変わった飯伏がぶち切れた。持っていたアタッシュケースでオカダを痛打。不意を突かれて倒れるレインメーカーに一心不乱に襲いかかる。ライガーやセコンド陣が割って入るも、飯伏の怒りは収まらず。狂気までにじませて、リングを去っていくオカダを花道やバックステージでも追いかけ回した。

 前哨戦再開後は両者の感情が先走り、日に日に緊張感が増してきている。ドーム決戦まで1ヵ月を切ったが、2人の思いは早くも爆発寸前。危険な前哨戦ロードが続きそうだ。


コメント

    まだコメントはありません。

おすすめ記事

新しいコメントを投稿する

 [PCから画像ファイルをアップロード]

関連付けられたタグ

なし
[タグを付ける]

<< 一覧に戻る