2019/12/8 22:00

杉浦ナショナル戦へ北宮眼前で反撃星 “見習い"岡田の直訴は却下

閲覧数:374

杉浦ナショナル戦へ北宮眼前で反撃星 “見習い"岡田の直訴は却下
まだ評価がありません

『STARTING OVER 2019』青森・むつグランドホテル(2019年12月8日)
○杉浦貴&大原はじめ&岡田欣也vs拳王&マサ北宮&稲村愛輝×

 1・4後楽園大会のGHCナショナル王座戦に向けた前哨戦で王者・杉浦が、挑戦者・北宮の面前で反撃の勝利。「無い頭をトコトン使え」とゲキを飛ばした一方で、杉浦軍“見習い"岡田の正式加入直訴は却下した。

 豪華杉浦軍トリオで臨んだ12・3後楽園大会では北宮を絞め落とした杉浦だが、ここ2戦は北宮が巻き返して2連勝。むつで行われた前哨戦第4ラウンドでも、ショルダータックル合戦で軒並み北宮が競り勝つなど、挑戦者が勢いをみせたが、最後は杉浦が相手方の稲村を予選スラムでぶん投げて3カウント。北宮の面前で反撃の勝利を上げてみせた。

 「勢いは感じるよね。タックルで倒れないし、意地もあるし」と北宮を認めた杉浦ではあるが、「でも、ただそれだけじゃ俺は倒せないよ。無い頭をトコトン使ってもらわないと」とゲキ。1・4後楽園大会はGHCヘビー、GHCジュニア両王座戦に続いて「中嶋vsエルガン」も決定するなど、注目シングルが目白押しの状況となりつつあるが、「そことも勝負だね! やっぱりチャンピオンたるもの、そういう部分とも勝負しないとね。タイトルマッチが目白押しななか、『GHCナショナルの、あの赤いベルトの試合が一番興奮した!』って思われたいから」と初代王者はむしろ腕まくりした。

 一方でむつの地は、今年7月に新人・岡田が杉浦軍入りを直訴した地。杉浦は“見習い"待遇で受け入れ、現在も変化はないが、バックステージで岡田は「自分もそろそろ杉浦軍、見習いじゃなくて正式加入、させてもらえませんか?」と再び直訴。だがボス・杉浦は「お前、今日は結構頑張ったよ。でもダメだ。帰れ。帰って風呂沸かしとけ」と下働き扱いしながら“却下"した。


【試合後の杉浦&岡田】
――ここ2戦は北宮の勢いが目立っていたが、今日は目の前で3カウントを奪った

▼杉浦「うん。大原はいつもそうだけど、今日は岡田も良かったからね。頑張ってくれたから。っていうか、ここ(の会場)じゃない? ここ(コメントスペース)で6月にお前(岡田)、杉浦軍入りを希望したんだよな?」

▼岡田「はい! 自分もそろそろ杉浦軍、見習いじゃなくて正式加入、させてもらえませんか?」

▼杉浦「岡田。お前、今日は結構頑張ったよ。でもダメだ。帰れ。帰って風呂沸かしとけ。風呂温めといてくれ」

※うなだれた岡田は大原とともに去る

――なぜ却下した?

▼杉浦「だってまだ1年も経ってないじゃん。それにアイツ、むつのこの場所にくれば、前もやったから許されると思って言ってんだよ。なんでも修行は3年くらいしないとダメでしょう。よく言うだろ? (※薄毛の記者に)ハゲの上にも3年て」

――石だと思うが……改めて北宮の勢いは感じる?

▼杉浦「勢いは感じるよね。タックルで倒れないし、意地もあるし。でも、ただそれだけじゃ俺は倒せないよ。無い頭をトコトン使ってもらわないと」

――1・4後楽園当日はGHCヘビーやGHCジュニアのタイトルマッチも決まって、シングルの注目カードが並びそうだが?

▼杉浦「そことも勝負だね! やっぱりチャンピオンたるもの、そういう部分とも勝負しないとね。タイトルマッチが目白押しななか、『GHCナショナルの、あの赤いベルトの試合が一番興奮した!』って思われたいから」


コメント

    まだコメントはありません。

おすすめ記事

新しいコメントを投稿する

 [PCから画像ファイルをアップロード]

関連付けられたタグ

なし
[タグを付ける]

<< 一覧に戻る