2019/12/8 22:00

とある野望へ稔が“実験的ファイト"開始 清宮戦敗退も手応え

閲覧数:368

とある野望へ稔が“実験的ファイト"開始 清宮戦敗退も手応え
まだ評価がありません

『STARTING OVER 2019』青森・むつグランドホテル(2019年12月8日)
○清宮海斗vs田中稔×

 とある野望を秘める稔が、GHCヘビー級王者・清宮とのシングルマッチから“実験的ファイト"を開始。敗れはしたが、手応えをつかんだ。

 むつ大会のセミファイナルで清宮と稔の注目シングルマッチが実現。前夜の八戸大会で、「ここ最近でやってみたいと思い始めていること」の存在を明かしていた稔は、「勝ったら大きなことを言いたい」と予告して清宮戦に臨んだ。

 序盤からヒザを狙って徹底的に一点集中攻撃。ローキック連打や低空ドロップキックで清宮を押し込み、終盤にはタナカレッグバーで絞めに絞め上げてギブアップを迫った。

 だが、のたうち回った清宮も必死にロープをつかむと、カウンターのドロップキックで逆転。急角度ジャーマンで固め、キックアウトされても力技のタイガースープレックスで3カウント。体重差にモノを言わせて稔をねじ伏せてみせた。

 敗れた稔は「勝ってズバッと言いたいことがあったんですけど、ハッキリ言うのはまた次の機会ですかね」と“とある野望"について、予告どおりに具体的言及は避けたものの、「ただひとつ言えるのは、これからヘビー級の選手と当たる時に、一個一個実験していこうと思ってることがある。今日はその一個目。スタイルをちょっとバトラーツ時代のスタイルに戻して今日は試合してみました。俺が今日、3カウント狙ってカバーに行ったのって、雪崩式攻撃の後の一回だけ。あとはカバーを狙いに一回もいってない。今日はそのスタイルでいきましたけど、ヘビー級相手だと体のサイズが違ってくるんで、いろんな実験したいことがたくさんある」と“実験的ファイト"の第一弾だったことを明かした。

 そして「とりあえず今日は一発目の実験ができたんで、とりあえずは俺が来年からやってみたいことの良い取っ掛かりができたかな…って思ってます」と“手応え"も強調。話を総合すると“ヘビー級に関連する何か"のようだが、果たして――。

【稔の話】「こうしてポンっとシングルが組まれましたけど、相手が現GHCヘビー級チャンピオンだろうが、1月4日にタイトルマッチが決まってるなら邪魔しちゃいけないとか、俺はまったくそんな気無かったんでね。ヒザ十字…レッグバーで取ってやろうって本気で思ってたんで。悔しいですけどね。勝ってズバッと言いたいことがあったんですけど、ハッキリ言うのはまた次の機会ですかね。ただひとつ言えるのは、これからヘビー級の選手と当たる時に、一個一個実験していこうと思ってることがある。今日はその一個目。スタイルをちょっとバトラーツ時代のスタイルに戻して今日は試合してみました。俺が今日、3カウント狙ってカバーに行ったのって、雪崩式攻撃の後の一回だけ。あとはカバーを狙いに一回もいってない。今日はそのスタイルでいきましたけど、ヘビー級相手だと体のサイズが違ってくるんで、いろんな実験したいことがたくさんある。とりあえず今日は一発目の実験ができたんで、とりあえずは俺が来年からやってみたいことの良い取っ掛かりができたかな…って思ってます。最後にひとつ言えるとしたら、ナメてたワケじゃないけど、チャンピオンは強かったです。ありがとうございました」


コメント

    まだコメントはありません。

おすすめ記事

新しいコメントを投稿する

 [PCから画像ファイルをアップロード]

関連付けられたタグ

なし
[タグを付ける]

<< 一覧に戻る