2019/12/2 23:00

大門寺の直訴に崔も呼応 ランズエンドタッグがアジアタッグ挑戦アピール

閲覧数:184

大門寺の直訴に崔も呼応 ランズエンドタッグがアジアタッグ挑戦アピール
まだ評価がありません

『2019世界最強タッグ決定リーグ戦』愛知・名古屋国際会議場イベントホール(2019年12月2日)
○崔領二&ゼウス&ポール・トレイシーvs宮原健斗&青柳優馬&青柳亮生×

 大門寺がアジアタッグ王座挑戦を直訴し、崔も呼応。ランズエンドタッグが最古のベルト獲りに乗り出す構えをみせた。

 全日本にスポット参戦している大門寺はこの日、第1試合の6人タッグマッチに登場。最後はスピアーからの逆エビ固めで田村に勝利した。試合後、大門寺は「崔さんがSweeperに入って、全日本の選手と一緒にタッグ組んでるのが正直言うとうらやましかったです。ウチの代表が獲られた気がして正直悔しかった。ランズエンド所属としてふがいないと思ってました」と募らせてきた思いを告白。「正直、今、全日本のファンの皆さんはランズエンド=崔さんとしか認知してないと思います。そこでランズエンドは崔領二だけじゃないってところをみせたい」と言い切り、崔と組んでのアジアタッグ挑戦を熱望した。

 さっそく大門寺は行動を起こした。第5試合に出場した崔のセコンドにつき、試合後のバックステージで「身の丈に合わないことはわかってます。でも僕、崔さんと一緒にタッグを組んで、岩本選手、ジェイク・リー選手のアジアタッグ挑戦したいです」と直訴したのだ。これには崔も「実力的にいったら俺の中でですよ。もう渡り合えるどころか、今の全日本プロレスの核となってる部分を脅かす存在に俺はもうなってると思う」と愛弟子を評価したうえで、「俺も若い頃、たぶん同じこと言ったと思うし、やりたいと言ってきたら断る理由はない」と快諾した。

 ジェイク&岩本とはSweeperで共闘。解散によって袂を分かつことになったものの、崔は「あいつらの最近の試合みてると、どんどん新しい奴がきて、新しい勢力とぶつかってみたい、そんなことを俺はあの二人に感じる」と確信。挑戦可否は全日本に一任したが、「もし断ったら俺らよりもっと勢いのあるチームを挑戦させてくれよ。たぶんそれはいないと思う」と自信満々に言い切った。

 現在、アジアタッグに挑戦表明しているチームはなく、名乗りを上げたランズエンドは有力候補。二人のアピールを受けて王者組の返答と、全日本の対応が待たれる。

【試合後のゼウス&崔&トレイシー、大門寺】
▼崔「大阪でボディガーがあんなことあって、リング上でも言った通りで、見てるお客さんにはそんなこと関係ないし、1個1個次は違うものどんどんみせて、表現者というのはどんどん前に進むものやと思うんで。まぁ、それが大事なんと、今日ポール・トレイシー来たけど、いつでもゼウスと俺は誰がきてもいいとこ引き出すし、俺らも目立つし、俺らは誰でもウェルカム。そんなチームなんでね。この勢いでガンガンいきたいと思います。得点どうとか俺は知らないけど」

▼トレイシー「俺にとって今日が全日本初参戦となった。しかも世界タッグチャンピオンで日本でもベストレスラーであるゼウスさん、崔さんと組むことができた。とてもいい経験ができた。サンキュー・ベリー・マッチ」

▼ゼウス「領二とポール・トレイシー選手と組めて最高の試合ができてよかったです」

※セコンドについていた大門寺がやってきて

▼大門寺「崔さん、崔さんにどうしても言いたいことがあって。崔さん、身の丈に合わないことはわかってます。でも僕、崔さんと一緒にタッグを組んで、岩本選手、ジェイク・リー選手のアジアタッグ挑戦したいです」

▼崔「俺も若い頃、たぶん同じこと言ったと思うし、たぶん今日こいつくるかなと思ったけど、俺がどうこう言うつもりは正直あんまりなくて、こいつがいきたいと思った時に俺と組んで挑戦するのがベストなタイミングだと思ったし。こいつも体も俺と同じぐらいでかいし、もっとでかいし、今日1試合目みてもらったらわかると思うけど、実力的にいったら俺の中でですよ。もう渡り合えるどころか、今の全日本プロレスの核となってる部分を脅かす存在に俺はもうなってると思う。こいつが今日やりたいと言ってきた。俺は黙ってた。けど自分がやりたいと言ってきたら断る理由はない、俺にはね。だから全日本プロレスにお伝え願いたいこと。それは大門寺と崔領二でベルトいかがでしょうか? 俺が知ってる岩本煌史とジェイク・リーは絶対断らないし、あいつらの最近の試合みてると、どんどん新しい奴がきて、新しい勢力とぶつかってみたい、そんなことを俺はあの二人に感じるんでね。そして今まだ俺ら二人が勝手に言ってるだけやけど、全日本プロレスがどうするか、それは任せる。けど、俺ら二人が挑戦しなかったら、アジアタッグ誰が挑戦するの? それを知りたいの。もし断ったら俺らよりもっと勢いのあるチームを挑戦させてくれよ。たぶんそれはいないと思う俺は。だから決定じゃないけど、全日本プロレスのいい返事、期待してます。お前も甘くないからな」

▼大門寺「はい! お願いします」


コメント

    まだコメントはありません。

おすすめ記事

新しいコメントを投稿する

 [PCから画像ファイルをアップロード]

関連付けられたタグ

なし
[タグを付ける]

<< 一覧に戻る