2019/12/1 21:00

宮原&青柳が首位ジョー&秋山突破で脱落回避の3勝目

閲覧数:104

宮原&青柳が首位ジョー&秋山突破で脱落回避の3勝目
まだ評価がありません

『2019世界最強タッグ決定リーグ戦』エディオンアリーナ大阪 第2競技場(2019年12月1日)
「2019世界最強タッグ決定リーグ戦」公式戦 ○宮原健斗&青柳優馬vs秋山準&ジョー・ドーリング×

 宮原&青柳が首位のジョー&秋山を撃破して3勝目。負ければ脱落の危機を回避し、青ちゃん健ちゃんポーズで締めた宮原は「常に崖っぷちに立ってる。それは俺らにとってカッコいいフィナーレへの前触れ」と逆転優勝を誓った。

 青ちゃん健ちゃんはここまで2勝4敗と大きく負け越し。前夜の大阪大会では吉田&ヴァレッタに痛恨といえる4敗目を喫した。公式戦は残り3試合で、7戦目となったこの日は単独首位のジョー&秋山と対決。負ければ脱落が決まる瀬戸際だった。

 二人を待っていたのは苦闘。序盤から中盤にかけて青柳が集中砲火を浴びる劣勢に追い込まれ、宮原がブラックアウトを連射するなど挽回に出ても、ジョーの強烈なエルボー一発でねじ伏せられてしまう。ここから宮原がジョーの串刺しラリアット、秋山のフロントハイキック、ジョーの延髄ラリアット、秋山のエクスプロイダー、ジョーのフライングボディプレスと有無を言わさぬ連続攻撃を浴びせられた。

 それでも宮原はレボリューションボムをフランケンシュタイナーで切り返してピンチを脱した。青柳がジャーマンでジョーを投げる援護射撃に出ると、宮原もブラックアウトで続く。秋山のエクスプロイダー連発でなで斬りにされ、宮原がジョーのデスバレーボム、ラリアットによって追い込まれたが、レボリューションボムはやはり決めさせず。すかさず青ちゃん健ちゃんがブラックアウトとトラースキックの同時発射をさく裂させると、宮原がシャットダウン・スープレックス・ホールドを爆発させてジョーから逆転の3カウントを奪った。

 青ちゃん健ちゃんが首位のジョー&秋山を止めて3勝目。脱落危機を回避し、3度目となる青ちゃん健ちゃんポーズを披露して大阪大会を締めた。公式戦は残り2試合。12・6上田のヨシタツ&レッドマン戦、12・9後楽園のジェイク&野村戦のみとなった。自力Vが消滅し、一つも落とせない状況は依然として変わらず。それでも宮原は「4敗ながらも優勝圏内に残ってる限り、この青ちゃん健ちゃんは優勝をあきらめることはない」と断言し、自らを鼓舞するように「常に崖っぷちに立ってる。それは俺らにとってカッコいいフィナーレへの前触れでしょう。この溜めて溜めて優勝するのがプロレス界で最も最高の男・宮原健斗の見せ所じゃないですか」と逆境を打破する構えをみせた。

 一方、ジョー&秋山は2敗目を喫し、勝ち点8止まり。首位は変わらないものの、同点の暴走大巨人とは2失点差をつけられてしまった。次戦は明日12・2名古屋大会で、吉田&ヴァレッタと激突する。

【試合後の宮原&青柳】
▼宮原「よっしゃ。つかんだね。つかんだよ。今、何敗ですか? 4敗ですよ。4敗ながらも優勝圏内に残ってる限り、この青ちゃん健ちゃんは優勝をあきらめることはない。そして、12月9日の後楽園ホールまで間違いなく優勝候補ナンバー1だろう」

▼青柳「この勢いで青ちゃん健ちゃん全部勝って、2019年ハッピーに締めるぜ。今日は応援ありがとうございました」

▼宮原「優勝だ、優勝だ」

▼青柳「OK、優勝しましょう」

――負けたら脱落という状況だったが?

▼宮原「常にきわどい。常に崖っぷちに立ってる。それは俺らにとってカッコいいフィナーレへの前触れでしょう。この溜めて溜めて優勝するのがプロレス界で最も最高の男・宮原健斗の見せ所じゃないですか」

▼青柳「溜めて吐き出して、最高にカッコいい終わりをおみせしますよ」


コメント

    まだコメントはありません。

おすすめ記事

新しいコメントを投稿する

 [PCから画像ファイルをアップロード]

関連付けられたタグ

なし
[タグを付ける]

<< 一覧に戻る