2019/9/9 23:00

谷口が“外敵"望月の決勝進出阻止 試合後は感謝のモッチーコール

閲覧数:241

谷口が“外敵"望月の決勝進出阻止 試合後は感謝のモッチーコール
5.0

『N-1 VICTORY 2019〜NOAH NUMBER ONE PRO-WRESTLING LEAGUE〜』東京・後楽園ホール(2019年9月9日)
Bブロック公式戦 ○谷口周平vs望月成晃×

 N-1・Bブロック最後の公式戦で谷口がDRAGON GATE・望月を撃破。“外敵"の優勝決定戦進出を阻止した。

 国内他団体から唯一の出場となった望月は、これまで2勝1敗。この日の谷口戦に勝てば、優勝決定戦進出が決まる状況だった。

 のっけから望月が巧みかつハードヒットな試合運びで谷口の右腕を攻め立てたが、谷口も逆十字固めを力技で持ち上げて窮地を脱す。ならばと望月はハイキックやナックルパートでねじ伏せにかかったものの、谷口も意地のカウンター・ラリアットで追撃をシャットアウト。逆にターンバックルパワーボム、チョークスラム、マイバッハプレス…と一気の猛攻に転じると、続けざまに必殺のワイバーンキャッチで絞め上げ、ギブアップを意思表示させた。

 “外敵"の優勝決定戦進出を阻止した谷口は、拳王に次ぐBブロック単独2位で初のN-1をフィニッシュ。「結果だけ言ったら、ホントに悔しいのひとこと。だけど、これで止まっているわけにはいかないんで。これからもまだ上だけを見ていきたいです」と前を見据えた。

 一方でジュニアの体格ながら果敢に参戦し、各地で熱戦を展開した望月には、試合後にもノアファンから感謝の“モッチー"コールが送られた。「この4試合とも全て4試合に違ったテーマがあって、ひじょうにやり甲斐のある4試合だったんで。自分は出れてよかったなと思ってます。俺は一応(ブロックを突破した)拳王に勝ってるから。これで拳王がもしN-1で優勝して、GHCを獲ったらね、もしかしたら俺を指名してくるかもしれない。そんな果てない続きも夢見ながら、明後日またここでうちもあるんで、気持ち切り換えて頑張ります! ありがとうございました」と語った。

【試合後の谷口】
――望月について?

▼谷口「まあ、もともとノアにいないタイプの選手で、今の自分の力を思いっきりぶつけられて、勝ちに繋げることができてよかったです」

――望月選手が勝てば外敵が決勝に進出するというシチュエーションだったが?

▼谷口「自分の試合前にはそういう状況だったんですけど、とりあえず自分は自分の試合を勝つということだけ考えて臨んだんで」

――結果的には2勝1敗1引き分け、勝ち点5という結果だったが、全体を振り返ると?

▼谷口「結果だけ言ったら、ホントに悔しいのひとこと。だけど、これで止まっているわけにはいかないんで。これからもまだ上だけを見ていきたいです」

【望月の話】「ああ、チクショウ。今日を迎えるまでね、単独首位っていう言葉にずっと浮かれていたかもしれないけど。まあ、今日の結果次第でどうにでもなる結果だったんだけど。最後に明らかにヘビー級の体格の谷口周平に弾き返されたと。文字通り、最後の最後でヘビー級に弾き返されたってことでね。まあ、こればっかりは体重差と…やっぱね、一番厄介なのは身長差だったね。うちも重いのはいるんだけど、あの背はなかなかいないから。そこでやっぱり攻めあぐねたというか。でもまあ、この4試合とも全て4試合に違ったテーマがあって、ひじょうにやり甲斐のある4試合だったんで。自分は出れてよかったなと思ってます。あとはノアとノアファンの皆さんが望月成晃を出してよかったと思うか。それだけじゃないですかね。俺は一応拳王に勝ってるから。これで拳王がもしN-1で優勝して、GHCを獲ったらね、もしかしたら俺を指名してくるかもしれない。そんな果てない続きも夢見ながら、明後日またここでうちもあるんで、気持ち切り換えて頑張ります! ありがとうございました」


コメント

    まだコメントはありません。

おすすめ記事

新しいコメントを投稿する

 [PCから画像ファイルをアップロード]

関連付けられたタグ

なし
[タグを付ける]

<< 一覧に戻る