2019/8/24 23:00

吉野の入団要請にウルティモが態度保留 9・11後楽園で返答へ

閲覧数:439

まだ評価がありません

 『DANGEROUS GATE 2019』大田区総合体育館大会が24日、行われ、“創始者"ウルティモ・ドラゴンが参戦。ジェイソン・リーをラ・マヒストラルで仕留めたウルティモに対し、吉野は「校長、そろそろ正式にこのリングに帰ってきませんか?と入団を要請した。ウルティモは態度を保留し、9・11後楽園で返答すると宣言した。

 DRAGON GATEの前身団体である闘龍門の創始者であるウルティモは7・21神戸ワールドで待望の初参戦。その後も8・7後楽園、8・10奈良、8・12姫路に出場し、この夏最後のビッグマッチとなる大田区大会にも登場した。「団体設立20周年記念特別試合 Vol.8」として、第5試合でB×Bハルク&KAIと組み、MaxiMuMの吉野正人&ドラゴン・キッド&ジェイソン組と激突。参戦実現後、ウルティモと組んできた吉野とキッドは初めて師匠の胸を借りる形となった。

 3番手でリングに飛び込んだウルティモは愛弟子キッドと対峙。スピーディなルチャ流の先制争いを繰り広げて場内を沸かす。一旦控えに回ったが、吉野がエルボーで奇襲して「来いよ、校長」と挑発。これに呼応したウルティモはリングに入ると、あいさつ代わりのソバットをぶち込む。吉野も引かずに胸板への張り手合戦に発展するが、ウルティモは頭を支点にしたヘッドシザースホイップで払いのけた。

 キッドが師匠の前でケブラーダを披露すると、ウルティモも負けじと躍動。ジェイソンにスピニングレッグロックを見舞う。キッドがカットに入ってもひとにらみして後ずさりさせ、ジェイソンにはケブラーダの構え。これを吉野が足を引っ張って妨害すると、客席からブーイングが巻き起こった。気にせずMaxiMuMは流れに乗り、KAIに集中砲火。しかし、しのいだKAIがジャーマンでジェイソンをぶん投げると、ハルクが蹴り技で畳みかけて一気にお膳立てする。余裕を漂わせつつリングに入ったウルティモは、ラ・マヒストラルで華麗にジェイソンを料理した。

 試合後、リングを去ろうとしたウルティモを呼び止めた吉野は「今日は校長に1つ、提案があるんですよ」と話し始める。7・21神戸ワールドを皮切りに継続参戦し、8・31千葉、9・1仙台への出場も決まっているウルティモに改めて感謝の言葉を送ると、「今までこうやって参戦してくれるのも非常にありがたいんですけど、校長、そろそろ正式にこのリングに帰ってきませんか? このDRAGON GATEの一員となって帰ってきてくれないですか?」と入団を要請した。

 「あなたが作ったのは闘龍門です。今はDRAGON GATEとしてやってますけど、あなたが帰ってくる場所はこのリングしかないでしょう? これからDRAGON GATEのメンバーとして一緒にプロレスを盛り上げていこうじゃないですか?」と吉野。突然の提案にウルティモは「いやあ、困ったね…」と困惑し、「おい、キッド。お前はどう思うんだよ?」と愛弟子に意見を求めた。

 キッドは「このドラゴン・キッドを作り上げたのは、校長、あなたですよ。僕は今まであなたの背中を追ってこの20年以上闘龍門、そしてDRAGON GATEのリングで戦ってきました。結局、僕はあなたを超えることはできませんでした。ただ、これから先はまだまだチャンスはあると思います。校長がこのDRAGON GATEのリングに帰ってくるのであれば、僕は諦めてしまったウルティモ・ドラゴンを超えるということを必ず実現したいと思ってます」と切々と熱い思いを告白する。

 2人の言葉をしっかりと受け止めたウルティモは「吉野。正直言ってな、急にそんなこと言われても答えようがないだろ? お前、そういうことを考えているんだったらな、もっと最初から教えてくれよ」とこぼしたものの、「じゃあ、次回後楽園ホール、そこに俺の答えを持っていけばいいだろ?」と9・11後楽園で返答すると明言した。

 リング上で態度を保留されたものの、吉野は「校長もメキシコに住んでますし、本当に海外あちこちを飛び回ってあちこちで試合をされてますので、急に所属というのは難しい感じかもしれませんけど、ワールドに校長を呼んだ時みたいに絶対に諦めませんから。絶対にウルティモ・ドラゴン校長にこのリングに帰ってきてもらいますから」と改めて意志の強さをアピールし、「もし帰ってきてくれると言うんだったら、それなりのポジションをしっかり用意したいと思ってます」と最大限の好待遇で受け入れる姿勢を示した。


コメント

    まだコメントはありません。

おすすめ記事

新しいコメントを投稿する

 [PCから画像ファイルをアップロード]

関連付けられたタグ

なし
[タグを付ける]

<< 一覧に戻る