2019/7/10 23:00

ちびっ子ファンが宮原健斗選手権優勝 木原アナ、検討中、女宮原も登場

閲覧数:216

ちびっ子ファンが宮原健斗選手権優勝 木原アナ、検討中、女宮原も登場
まだ評価がありません

『ファン感謝デー〜2019 SUMMER FESTIVAL〜』東京・後楽園ホール(2019年7月10日)
「第1回 宮原健斗選手権」

 「第1回 宮原健斗選手権」は最高男そっくりのコスチュームで登場した男の子が優勝を飾った。

 第4試合は「第1回 宮原健斗選手権」。三冠王者・宮原の入場パフォーマンスを真似、誰が最も最高だったかを決めるもので、出場者は一般公募で集まった3名に加え、“満場一致で最低の男"宮原検討中、“プロレス界ものまねNo.1"木原文人リングアナウンサー、ものまねJAPAN(よし、アモーレ橋本、浅野ちあき)が名を連ねた。

 ジャッジするのは和田京平レフェリ-。まずは本人と比べてかなり体の小さい検討中が登場する。花道でしっかりとベルトを見せつけると、一旦リングに上がりながらもすぐに降りるという本物にはない動きを披露し、最後は入場テーマ終了と合わせて、コーナー上でポーズを作った。

 マイクアピールにも挑戦。「プロレス界で最も最低な男、宮原検討中です!」とあいさつし、「会場の皆さんに聞きたい。私は宮原さんのモノマネをするにあたって、象徴である三冠ヘビー級ベルトを作って来ようと思ったんですが、途中で作るのが面倒臭くなって、IWGPのベルトを持ってきてしまいました!」と宣言してブーイングを浴びる。

 さらに、「後楽園の皆さんに聞きたい。そんな宮原健斗って最低ですか?」と煽って「最低」コールを浴びると、「聞こえないなあ」と本家ばりに挑発し、最後は「満場一致で最低です」で締めくくった。

 2番手はゆめなさん、3番手はあかねさんと一般枠の女性が続く。ゆめなさんは赤いドレスで宮原の動きを見事に再現。続くあかねさんはなぜか阪神タイガースのハッピ姿だったが、それでも宮原よろしくに声援を煽ってみせた。女性の登場に和田レフェリーも「最高だね」と表情をほころばせた。

 4番手はサッカー日本代表のモノマネ集団・ものまねJAPANの面々。日本代表のコスチュームに身を包んだ長友佑都(?)、 香川真司(?)、大迫勇也(?)が姿を現す。宮原っぽい動きを見せつつも、リング上では大阪のヘディングシュートを再現して場内を沸かし、「今日はキリンチャレンジカップじゃないんですか?」ととぼけてみせた。

 6番手はちびっ子ファンのらいたくん。懸命に宮原の入場を真似て、コーナー上で「健斗」コールを煽ると、お手製のベルトを腰に巻きつつ、最後はポーズを決めて場内を沸かした。これにはものまねJAPANの面々も拍手を送る。

 最後は木原リングアナ。青いガウンにロングタイツ、腰にはベルトを巻き、長髪のカツラ姿で登場する。場内は「健斗」コールではなく、「木原」コールを送る。細かい動きまで真似て、最後は段ボール製のベルトを肩にかけてポーズを決めた。

 優勝賞品はレプリカの宮原ネックレス。観客の「最高」コールの大きさで和田レフェリーがジャッジすることに。「やっぱり子供には勝てないって」と、最終的にらいた君の優勝となった。

 最後は木原リングアナや検討中がベルトを渡し、らいた君は三冠王にに。場内は「らいた」コールに包まれて、お開きになると、最後に総評を聞かれた和田レフェリーは「本人もこのぐらいかわいければいいんだけど」とこぼしていた。らいた君はセミファイナルの入場時&試合後に宮原との共演が実現した。


コメント

    まだコメントはありません。

おすすめ記事

新しいコメントを投稿する

 [PCから画像ファイルをアップロード]

関連付けられたタグ

なし
[タグを付ける]

<< 一覧に戻る