2019/5/31 10:29

どうなる新日本プロレス2リーグ制!? 棚橋弘至は2グループ制を否定する【多重ロマンチック的ぼくらのプロレス】

閲覧数:9607

どうなる新日本プロレス2リーグ制!? 棚橋弘至は2グループ制を否定する【多重ロマンチック的ぼくらのプロレス】
4.0
最新のコメントに移動

朝日新聞出版「AERA」の特集記事となった新日本プロレスの米NY・マディソン・スクエア・ガーデン(NSG)興行。ここで新日本プロレスの2リーグ制が取り上げられ話題となっている。2リーグ制とはWWEのRAWとSmack Down!のように選手を2グループに分け、興行も別々に行うことだ。該当誌面では菅林直樹会長の案としてピックアップ。

 日本の興行のオフに休養していたが、海外からのオファーが増えた現在、ケアにあてられる時間は限られるようになってきた。
 菅林はそこで「新日本を二つのグループに分けることを考えている」という。
「もちろん大きなイベントは一緒にやるが、原則は別々に行動するようなイメージ。年中舞台に誰かが立っている宝塚歌劇団もそうでしょう」(朝日新聞出版「AERA」 2019年5月13日号
宝塚を例に挙げるところが長年のファンである菅林さんらしい。確かに90年代から2000年代の新日本は1月4日が終われば半月から1か月はオフ。G1のあとも休暇が取られ、ダメージのリカバリーや家族サービスに充てられていた。現在はドーム後の5日も試合が組まれ、さらに海外遠征を加えられ、人気選手にオフがない。けが人も増えていること、一方で出られていない若手やベテランがいることを考えても、ゲート収入を減らさずに是正するのに2リーグ制は妥当な線といえるのだろう。IWGPヘビー、インタコンチネンタル、USヘビーと増え続けているタイトルもここを目指していたといえば合致する。課題となるのはレフェリー数くらいだろうか。一方、こんな声も出されている。

 そうはならないと思います。日本は国土が狭いから。アメリカみたいに西海岸、東海岸って大きく分かれればあるけれど、日本はそこまで大きくない。(ベースボールマガジン社「平成スポーツ史 永久保存版 プロレス」)
疲れたことありませんから、でおなじみ、新日本プロレスのエース・棚橋弘至選手だ。国内においてはその必要性をバッサリ。「WRESTLE LAND」、「LOCK UP」という下位ブランド時代を経験したこともあるのでしょう。とはいえ海外戦略自体は否定せず。ロス道場勢の活躍のためにも、アメリカでの興行のシリーズ化、武者修業とは別に、海外戦略ブランドのような選手枠が増えるのはあり得るのかも。棚橋選手はさらに続けます。

 もし2ブランド化があるとしたら、WWEにおけるNXTみたいな関係のものは生まれるかもしれない。デベロッパーというか。新日本も若手主体の「LION'S GATE」や「NEVER」をやってたことはありますけど、これから若い選手だけを完全に育成していく場が生まれるかも(同上)
毎回発展的になくなってしまってる「LION'S ROAD」(2004年)、「Leonis」(2009年)、そして「NEVER」(2010年)「LION'S GATE」(2016年)。より継続的に長く続ける場は確かにあってほしいところ、タカタイチ興行を見るにつけ、TAKAみちのく選手が旗揚げを予定する「プロフェッショナルレスリングJUST TAP OUT」もそんな場になりそうですが……。

WWEはアメリカ国内での男女差別という声を避けるために、ディーヴァという呼び方を男子と同じスーパースターに変更。女子同士の試合がふつうに組まれるようになってきているのもこの影響だそうで、NSG興行でもROHやスターダムの協力を得て実施。「JUST TAP OUT」にも女子いるなあ、なんて妄想を広げるといろいろ夢も広がりそうです。さてどうなる2リーグ制の噂話!

この記事を書いたライター: 漁師JJ

コメント

最新のコメントに移動
  • 内藤が嫌だと言ったら みんな流されそう

    ID:10414669 [通報]
    (2019/6/1 19:24)
    0 0
    賛成:0% / 反対:0%

    Loading...


  • 2リーグ制を否定するならコンディションどうにかしろよ棚橋
    コンディションと試合内容が良いなら説得力あるがそうじゃないだろ

    ID:11448191 [通報]
    (2019/6/1 19:59)
    0 0
    賛成:0% / 反対:0%

    Loading...


  • 2リーグ制なんぞにしたらファンは他団体に流れるに決まってる。どうせ選手で二手に分かれてそこから批判が生まれて結局は闇期に突入確定!!
    WWEは目指すべき場所だけど真似するのは違うと思う。

    ID:11467726 [通報]
    (2019/6/1 20:55)
    0 0
    賛成:0% / 反対:0%

    Loading...


  • nxtだと新日では単なる二軍扱いか
    単に2つに割っただけみたいになるのでは
    一つでは出来ない事をやる為に分けるんじゃないのかな

    ID:10244852 [通報]
    (2019/6/2 2:41)
    0 0
    賛成:0% / 反対:0%

    Loading...


  • もともとはZERO-ONE自体そういう目的があって
    立ち上げたような記憶があるが、
    その ライオンズゲートとかネバーとか
    あからさまなセカンド興行なら反対ですね。

    やるなら同等の真っ二つにして欲しいが、
    多分 実験的に他団体とのカードがシレッと増えて
    新日本の敷居が低くなるイメージが付きそう

    ID:10414669 [通報]
    (2019/6/2 16:57)
    0 0
    賛成:0% / 反対:0%

    Loading...


  • 国内での2リーグではなく国内と国外での2リーグにすれば良い。
    北米か新日本熱のあるイギリスでリーグを作れば良い。
    BOSJやG1の決勝、ドミニオン・WKを国内定番型の大会にして、NJカップやタッグリーグの決勝、KOPWは隔年で国内・外の開催。
    それと同時に国外のリーグにも柱となる主要大会を新しく企画する。
    毎年シェイクアップをしてマンネリ化を防ぐ。オフシーズンはお盆休み等、日本の行・祭事と合せる。
    昔猪木が掲げたIWGPの構想に似た状況も作り出せるし、国外の大会もワールドで観られる現状なら可能。

    ID:9290031 [通報]
    (2019/6/6 12:56)
    0 0
    賛成:0% / 反対:0%

    Loading...


  • 2つに分けるのはいいがその分のスタッフを増やさなきゃいけなくなるよな、それこそ選手が設営とかするならまだしも、人件費の問題もあるのでは?
    選手負担を考えると分けるのはありだと思うし
    選手増えすぎてるもんな、もったいないよ

    ID:9640998 [通報]
    (2019/6/13 23:03)
    0 0
    賛成:0% / 反対:0%

    Loading...


  • いろいろな事情があるだろうから結論出すのは難しいだろうけど─
    ・三銃士:若いうちから上で多く試合をした。
    (→大きく成長し90年代黄金期を支えた)
    ・第三世代:若い頃、あまり上で試合出来なかった。
    (→成長が限定され小粒になってしまった)
    ・棚・中・オカダ:若いうちから上で多く試合をした。
    (→大きく成長し、新日V字回復の原動力となった)

    現在、新日本いや“NJPW”には、世界中からレスラーが集まっている。それはとても良いことだが、同時に新日本の若手が試合を組まれないという弊害も生んでおり、数年後に彼らがトップに立った時、一体どれだけ経験を積めているのか一抹の不安がよぎる。それを多少なりとも解消出来るのであれば、2リーグ制は一考の価値はあると思う。

    ID:11198281 [通報]
    (2019/6/15 21:34)
    0 0
    賛成:0% / 反対:0%

    Loading...


  • ↑成長に応じたステージは用意されてると思いますよ。岡は川人は海外、海野はタッグリーグ出場
    八木はジュニアリーグ出場、結果は、、?
    ですよね。
    むしろキャパオーバーの有難い環境だと思います。

    ID:10414669 [通報]
    (2019/6/24 21:14)
    0 0
    賛成:0% / 反対:0%

    Loading...


  • 今のヤングライオンは4〜5年海外でもいいぐらいですよね。川人なんか若いからメキシコでトップ取って帰ってきても全然遅くない。逆にトップどころが詰まってるタイミングより世代交代の時に帰ってきた方がいいと思う。まあそれも人材が豊富な新日本だからこそですが。2リーグ制にしても出れない選手も出てくるでしょうしね。そこは競争ですよ。

    ID:11723519 [通報]
    (2019/6/25 13:31)
    0 0
    賛成:0% / 反対:0%

    Loading...


おすすめ記事

新しいコメントを投稿する

 [PCから画像ファイルをアップロード]

関連付けられたタグ

なし
[タグを付ける]

<< 一覧に戻る