2019/5/15 13:00

チーム名が“カブキ・ウォリアーズ"に決定 アスカ&カイリ快勝で女子タッグ王座挑戦へ前進、WWE王座戦へ王者キングストンとオーエンズが乱闘

閲覧数:682

チーム名が“カブキ・ウォリアーズ"に決定 アスカ&カイリ快勝で女子タッグ王座挑戦へ前進、WWE王座戦へ王者キングストンとオーエンズが乱闘
まだ評価がありません

 スマックダウンが現地時間14日、イングランド・ロンドンのO2アリーナで開催された。

 WWE女子タッグ王座を狙うアスカ&カイリ・セインが王者アイコニックスがゲスト解説として見守る中、マンディ・ローズ&ソーニャ・デビルと対戦した。代理人ペイジからの発表でタッグチーム名が“カブキ・ウォリアーズ"に決まったアスカ&カイリは強敵相手に躍動。カイリがカブキエルボーをマンディに叩き込めば、アスカはヒップアタックでソーニャを攻め込んだ。一時はスライディングDをポストに誤爆したカイリがマンディ&ソーニャに捕まったものの、交代したアスカがマンディに波状攻撃を浴びせて圧倒すると、最後はマンディのスキを突いた丸め込みで3カウント。カブキ・ウォリアーズが快勝で女子タッグ王座へ向けて前進した。試合後、アスカとカイリは「ついに私たちのタッグネームが決りました。その名もカブキ・ウォリアーズ! アイコニックスもビビってるんじゃないですか。カブキ・ウォリアーズが必ずベルト獲りますよ」と自信満々に宣言した。

 WWE王者コフィ・キングストンがPPV大会『マネー・イン・ザ・バンク』での挑戦者ケビン・オーエンズがホストを務める“KOショー"にゲストとして登場した。先に現れたキングストンが呼び出すと、映像で姿を現したオーエンズは「お前の夢はもう終わる。WWEで最も危険な男と対戦するからな」と挑発。観客の前に登場するとキングストンと乱闘を展開した。そこへサミ・ゼインが現れ、オーエンズに加担。エグビア・ウッズがキングストン救援に駆けつけても返り討ちにされてしまい、オーエンズは「お前のタイトルを奪ってやる」と罵倒した。それでもキングストンはオーエンズがキャノンボール、ゼインがヘルヴァキックをことごとく回避。ゼインにトラブル・イン・パラダイスを放って何とかピンチをしのいだ。PPV大会『マネー・イン・ザ・バンク』は日本時間5月20日にWWEネットワーク(日本語実況版あり)でライブ配信される。


コメント

    まだコメントはありません。

おすすめ記事

新しいコメントを投稿する

 [PCから画像ファイルをアップロード]

関連付けられたタグ

なし
[タグを付ける]

<< 一覧に戻る