2019/4/14 23:00

5・5横浜文体で「関本vs岡林」ストロング王座戦実現 岡林が大地粉砕で挑戦権獲得

閲覧数:182

5・5横浜文体で「関本vs岡林」ストロング王座戦実現 岡林が大地粉砕で挑戦権獲得
まだ評価がありません

『一騎当千〜DeathMatch Survivor〜決勝戦〜』北海道・札幌マルスジム(2019年4月14日)
BJW認定世界ストロングヘビー級王座次期挑戦者決定戦 ○岡林裕二vs橋本大地×

 岡林が大地を激闘の末にねじ伏せてストロングヘビー級王座挑戦権を獲得。5・5横浜文体大会で「(王者)関本大介vs岡林(挑戦者)」の王座戦が実現することになった。

 4・11札幌大会から始まったストロングヘビー次期挑戦者決定トーナメントは4選手がエントリー。決定戦に駒を進めたのは、1回戦で神谷英慶を破った岡林と、同じく1回戦で野村卓矢を破った大地だった。

 ともに返り咲きを狙う元王者同士。序盤から真っ向勝負となったが、やはりパワーに勝る岡林が圧倒した。猛烈な逆水平を連発して正面から大地の動きを止めるや、逆エビ固めで強烈に絞め上げてギブアップを迫る。

 必死に逃れた大地もカウンターの左ミドルキックや、串刺しシャイニング・ウィザードなどで巻き返したものの、岡林はまだまだ止まらず。カウンターのスピアーで大地を吹っ飛ばすと、豪快な串刺しラリアットや“屈伸式"アルゼンチンバックブリーカー、猛烈な逆水平…と攻めに攻めまくった。

 大地も得意のミドルキックやヒザ蹴りなどの足技で応戦したものの、岡林は右ハイキックを避けて強烈な左ラリアットをズバリ。それでも大地はブレーンバスターをファルコンアローでぶっこ抜き返して流れを変える。シャイニング・ウィザードやスライディングD、串刺しドロップキックとたたみかけ、得意の垂直落下式DDTを狙った。

 ところが踏ん張った岡林も逆にノーザンライトスープレックスで投げ返して再び突進を開始。こん身の左ラリアットを叩き込み、ゴーレムスプラッシュで勝負をかけたものの、大地も剣山で撃墜だ。すかさず急角度ジャーマンで投げ捨て、後頭部へのシャイニング・ウィザードも発射。岡林の左ラリアットを浴びても立ち上がり、カウンターのフライングニールキックも浴びせるや、今度こその垂直落下式DDTを狙う。

 だが、岡林は投げさせない。反抗のラリアットを避けられても、素早く後頭部へのラリアットで大地を棒立ちに。そして正面からの左ラリアットで吹っ飛ばす。胸板を叩いて汗しぶきとともに雄叫びを上げた岡林は、今度こそのゴーレムスプラッシュ投下に成功し、熱闘に終止符を打つ3カウントが数えられた。

 5・5横浜文体大会での次期挑戦権を手にしたのは岡林。王者は相棒であり、憧れの先輩でもある関本。大日本ストロング戦線の極上カードでもある「関本vs岡林」が今春再び実現することになった。

 試合後にマイクを握った岡林は「大地ありがとう」と感謝。ともに全日本にもチャンピオンカーニバル出場中で、決勝対決の可能性が残されているだけに、大地が「チャンピオンカーニバル…」とつぶやくと、岡林も「大日魂見せような」と地声で応じた。

 そのうえで岡林は「5月5日、横浜文化体育館で関本大輔に挑戦します! 今度ここへ戻ってくる時はチャンピオンとして戻ってきます!」と公約。札幌の観衆も拍手喝采で次期挑戦者をたたえた。


コメント

    まだコメントはありません。

おすすめ記事

新しいコメントを投稿する

 [PCから画像ファイルをアップロード]

関連付けられたタグ

なし
[タグを付ける]

<< 一覧に戻る