2019/4/13 23:00

諏訪魔が刺激的初対決制して2勝目 吉田と「まだまだやりたい」

閲覧数:406

諏訪魔が刺激的初対決制して2勝目 吉田と「まだまだやりたい」
まだ評価がありません

『2019 Champion Carnival』エディオンアリーナ大阪 第2競技場(2019年4月13日)
「2019 Champion Carnival」Bブロック公式戦=○諏訪魔vs吉田隆司×

 諏訪魔が吉田との注目の初対決を制し、ようやく2勝目。吉田との続きも熱望した。

 優勝候補の一人といえる諏訪魔だが、ここまで1勝2敗と黒星先行。中でも4・11博多大会のアドニス戦での負けは痛恨だった。4戦目となったこの日はドラゲー吉田と対決。外敵勢も多数参戦した今年のカーニバルならではの注目の一戦が実現した。

 初遭遇とあって諏訪魔は吉田にペースを乱された。タックル合戦で渡り合ったものの、地獄突きで不意を突かれ、ショルダータックルで先制を許してしまう。場外戦でフェンス攻撃やプラ柵を投げつけて反撃したが、フェンス攻撃でお返しされ、パイナップルボンバーでフェンス外に吹き飛ばされた。サミング、チョークと反則殺法を連発したかと思えば、低空ドロップキックからの足4の字固めと正攻法に出る吉田に苦しめられた。

 それでも諏訪魔はフライングショルダーで反撃し、串刺しラリアット、フロントスープレックスの連続攻撃で巻き返しを図ったが、ラリアットとパイナップルボンバーの打ち合いを制した吉田がサイバーボムを爆発。何とか肩を挙げた諏訪魔だが、ダイビングエルボードロップで攻め込まれた。

 この猛攻をしのいだ諏訪魔がようやく逆襲に転じた。パイナップルボンバーを食らっても、2発目をラリアットで返り討ち。ストライクジャーマン、ラリアット、バックドロップで一気に巻き返す。ラストライドは不完全に終わっても、バックドロップホールドを爆発させて3カウントを奪った。

 諏訪魔が吉田との刺激的な初対決を制した。「ああいう当たりの強いレスラーまだまだいるんだなっていうことに気づいたな。恐ろしいよ。ヒールじゃなくてさ、真っ向勝負したら俺、危ないかもしれない」と吉田を評した諏訪魔は、好敵手となりそうな予感があったようで、「何で今まで会わなかったんだろうっていうのは思うんだよね。まだまだもう一回やりたいな。もっともっと何回も重ねたらもっと面白くなると思うしさ」と続きを熱望した。

 これで2勝目を挙げ、勝敗をイーブンにして後半戦へと折り返すことになった。次戦は4・16浜松大会で橋本大地戦。こちらも注目の一戦となるが、諏訪魔は「そこはもう手堅くいきたい」と言い切った。一方、吉田は2敗目を喫して黒星先行。次戦は明日4・14大阪大会でレッドマンと対戦する。

【諏訪魔の話】「(初対決となった吉田の感触は?)ああいう当たりの強いレスラーまだまだいるんだなっていうことに気づいたな。恐ろしいよ。ヒールじゃなくてさ、真っ向勝負したら俺、危ないかもしれない。ヒールのああいう空気というか、ああいうもの、まだまだ自分の中でも味わったことがあるというか、そういう部分で冷静でいれたのもあるし。ただ、やっぱし侮れねぇ。もう一回やりたいね。面白いな。何で今まで会わなかったんだろうっていうのは思うんだよね。まだまだもう一回やりたいな。もっともっと何回も重ねたらもっと面白くなると思うしさ。ちょっと気持ちをそういう意味で持っていかれた。またやりてぇなっていうのがありますね。勝つことができたわけだから、次の公式戦、浜松で橋本大地と当たる。そこはもう手堅くいきたいと思いますよ。(やっと2勝目となったが?)そうだよね。ジョーは外国人なんだけど、外国人っぽくないというか、昔から知ってるんだけど、サム・アドニスに負けたし。ちょっと俺自身、外国人に対しての苦手意識というかね。そういうのはちょっと感じるな、正直な話。ただ、これでちょっと時間が空くんでね。ちょっと作戦練り直して、優勝目指して頑張りますよ」


コメント

    まだコメントはありません。

おすすめ記事

新しいコメントを投稿する

 [PCから画像ファイルをアップロード]

関連付けられたタグ

なし
[タグを付ける]

<< 一覧に戻る