2019/2/10 23:00

丸山に大苦戦も王者・岩本が白星先行で折り返し

閲覧数:390

丸山に大苦戦も王者・岩本が白星先行で折り返し
まだ評価がありません

『2019 EXCITE SERIES』エディオンアリーナ大阪第2競技場(2019年2月10日)
「2019 Jr.BATTLE OF GLORY」Aブロック公式戦=○岩本煌史vs丸山敦×

 世界ジュニア王者・岩本が大苦戦を強いられながらも丸山を孤高の芸術で料理し、白星先行で折り返した。

 初戦で鼓太郎に屈辱の敗戦を喫した岩本だったが、続く2戦目で岡田に快勝。この日、折り返しの3戦目を迎えたが、新兵器1000万パワー・バズソーキックを開発し、本気モードの丸山に苦戦を強いられた。

 普段はコミカルな戦いぶりで沸かせている丸山だが、そんな要素は皆無。厄が去ったこともあって、ひたすらシリアスに攻めて王者を苦しめた。岩本をランニング飛びヒザ蹴りで場外に吹き飛ばすと、場外戦ではドロップキックを敢行。リングに戻ってもミドルキック連打やフェースロックで攻め立てた。

 岩本もコーナーに上がった丸山をネックスクリューで叩き落とし、場外でもフェンスに乗せてのネックスクリューを敢行するなど首攻めに出たが、丸山はすぐに主導権を奪い返す。リープフロッグで岩本の突進を回避して場外に転落させ、トペコンヒーロを発射。串刺しハイキック、トラースキックの連続攻撃を浴びせ、バズソーキックを2発さく裂させると、ジャーマンスープレックス、タイガーススープレックスホールドを連続で決めて勝負に出た。

 ピンチを迎えた岩本だったが、王者の意地で肩を挙げた。起死回生の一本背負いで反撃ののろしを上げると、大外刈りを連発。これで丸山の動きが一気に鈍り、すかさず孤高の芸術を爆発させた岩本が3カウントを奪った。

 丸山に苦しめられたものの、最後はこだわりの必殺技でキッチリ快勝。岩本が2勝1敗で白星先行とし、得点上は首位タイに位置した。「厄が抜けた丸山さん、怖かった。全然違った。ホントにやばかった」と薄氷を踏むような勝利を振り返ったが、だからこそ「ちょうど折り返し。相手の丸山さんはリーグ初戦、しかも地元・大阪。相手の有利な状況の中でもしっかり勝てた。この1勝はとてつもなく大きい」と手応えをつかむことができた。

 残る公式戦は2試合。次戦は2・16熊本大会で新顔・アキラと対戦する。そして2・17博多大会ではTAJIRI戦を控える。直前会見ではTAJIRIとの対戦に消極姿勢だったが、優勝戦に勝ち進むために避けて通ることはできそうにない。岩本も「TAJIRIさんと戦いたくないと言ったけど、それは無理かもね。優勝するためには残り全部勝つことが最高であり、最低の条件になるから」と腹をくくりつつあるようだった。

【岩本の話】「今日でジュニアリーグ3戦目。ちょうど折り返し。相手の丸山さんはリーグ初戦、しかも地元・大阪。相手の有利な状況の中でもしっかり勝てた。この1勝はとてつもなく大きい。1敗したけど、勝ち越して後半戦に持ち込める。まだ望みあんだろ。ホントに会見で言ってた通り、厄が抜けた丸山さん、怖かった。全然違った。ホントにやばかった。今日勝てたのは本当に大きい。あとはフランシスコ・アキラとTAJIRIさん。もう負けらんないからね。会見の時にTAJIRIさんと戦いたくないと言ったけど、それは無理かもね。優勝するためには残り全部勝つことが最高であり、最低の条件になるから。TAJIRIさんと戦う前に『ごめん、先に行ってるわ』ってSNSに書いてあった。俺も今、追いついた。博多までまだあと何日かある。また気持ちの変化があるかもしれないし、さらに戦いたくなるかもしれない。それはわかんないけど、時の流れ、プロレスの神様に身をゆだねようと思います」


コメント

    まだコメントはありません。

おすすめ記事

新しいコメントを投稿する

 [PCから画像ファイルをアップロード]

関連付けられたタグ

なし
[タグを付ける]

<< 一覧に戻る