2019/2/9 23:00

吉岡2連勝で首位、3連敗ブラックVIIは早くも自力V消滅

閲覧数:501

吉岡2連勝で首位、3連敗ブラックVIIは早くも自力V消滅
まだ評価がありません

『2019 EXCITE SERIES』奈良・生駒市体育協会滝寺S.C.体育館(2019年2月9日)
「2019 Jr.BATTLE OF GLORY」Bブロック公式戦=○吉岡世起vsブラック・タイガーVII×

 吉岡が2連勝で序盤戦ながら首位に浮上。ブラックVIIは3連敗で早くも自力優勝が消滅してしまった。

 初戦で青木に敗れた吉岡だが、前夜の名古屋大会で力に完勝して初白星。この日3戦目で曲者・ブラックVIIと対戦した。ブラックVIIいわく「はぐれWRESTLE-1対決」となったこの一戦。スピードを駆使したジャンピングフロントハイキックで先手を取った吉岡だが、ケブラーダが不発に終わると、ブラックVIIが場外戦で逆転。グラウンド卍、クロスフェース、足取り式コブラツイストに捕まった吉岡は守勢に回る苦しい展開が続いた。

 それでも吉岡はゼロ戦キックで反撃を開始。ロープ越しのジャンピングフットスタンプもズバリと決まった。ブラックVIIがドラゴンスクリューからのシャイニングウィザードで反撃しても、超高校級ラ・マヒストラルは阻止。ローリングソバット、ジャンピングカカト落としの連続攻撃で流れをつかむと、最後はスワントーンボムを発射して逆転の3カウントを奪った。

 苦戦の末、ブラックVIIを撃破した吉岡が2連勝。勝ち点を4に伸ばし、リーグ戦序盤ながら首位に浮上した。「何でだ? 戦ってて凄ぇ懐かしい気持ちになった。このリーグ戦も何か懐かしい気持ちになった」と振り返った吉岡だが、「はぐれWRESTLE-1対決、勝ったのはこの俺、#STRONG HEARTSの吉岡世起だ」と勝ち誇るばかり。公式戦は残り2試合で、次戦は2・14大分大会のめんそーれ戦。白星先行で折り返し、優勝戦進出も視界に入ってきた。

 一方、ブラックVIIは3連敗で勝ち星なし。残り2試合に勝利しても勝ち点4で、早くも自力優勝が消滅となってしまった。「なんで俺だけ開幕、名古屋、今日の奈良、3戦連続リーグ戦組まれてんだオイ? 丸山はまだ1試合もしてねぇぞ」と不満をぶちまけたブラックVIIは「これも全部、全部、大森のヤローがいけねぇんだよ、あのヤロー。あいつに鍛練という言葉は似合わない」と意味ありげに吐き捨てていた。

【吉岡の話】「2勝目。ブラック・タイガーVII、何でだ? 戦ってて凄ぇ懐かしい気持ちになった。このリーグ戦も何か懐かしい気持ちになった。何でだ? 何でだろうな。わかんねぇけど、はぐれWRESTLE-1対決、勝ったのはこの俺、#STRONG HEARTSの吉岡世起だ」

【ブラックVIIの話】「クソ、クソ。3連敗だ、3連敗。チクショー、チクショー。今日ははぐれWRESTLE-1の一員同士でどうしても負けられない試合だった。だいたいリーグ戦、なんで俺だけ開幕、名古屋、今日の奈良、3戦連続リーグ戦組まれてんだオイ? 丸山はまだ1試合もしてねぇぞ。これも全部、全部、大森のヤローがいけねぇんだよ、あのヤロー。あいつに鍛練という言葉は似合わない。それだけだ。鍛錬が足りねぇぞ」


コメント

    まだコメントはありません。

おすすめ記事

新しいコメントを投稿する

 [PCから画像ファイルをアップロード]

関連付けられたタグ

なし
[タグを付ける]

<< 一覧に戻る