2018/12/16 22:00

潮崎血祭りで“九日天下" マイバッハ&火野がGHCタッグ強奪

閲覧数:3116

潮崎血祭りで“九日天下" マイバッハ&火野がGHCタッグ強奪
まだ評価がありません

『GREAT VOYAGE 2018 in YOKOHAMA vol.2』神奈川・横浜文化体育館(2018年12月16日)
GHCタッグ選手権試合 ○火野裕士&マイバッハ谷口vs中嶋勝彦&潮崎豪×

 マイバッハ&火野が潮崎を血祭りに上げてGHCタッグ王座を強奪。強力タッグ結成となった中嶋&潮崎を“九日天下"で王座から引きずり下ろし、無法集団フーリガンズの初のタイトルをもたらした。

 新戦力の火野を投入し、暮れの大一番で狙い続けてきたGHCタッグ挑戦にこぎつけたフーリガンズ。長井、コーディ、KAZMAがセコンドに就く“総力戦"を仕掛け、、序盤から早々に長井が介入、西永レフェリーを引きつける間にマイバッハがベルトの金属部分で潮崎の額を叩き割って大流血に追い込んだ。

 鮮血にまみれながらも潮崎も決定打は許さず。逆に中盤過ぎには火野相手に猛烈な逆水平合戦を展開し、中嶋のトラースキック→潮崎のフィッシャーマンバスターの連係も決まって豪腕ラリアット発射にも成功した。

 だが、やはり場外の長井がレフェリーの足を引っ張ってカウントを阻止。リング上が無法地帯となったところで、コーディ、KAZMA、長井がリング上になだれ込む。そこへさっそうと革命マントを羽織った小峠がヒーロー然と救出に現れたものの、火野が簡単に投げ捨てて鎮圧し、そのままマイバッハが刺又ラリアットで潮崎、中嶋、小峠をことごとくKOした。

 最後は火野が潮崎をFucking BOMBでそのまま撃沈。12・7後楽園大会で新王者となったばかりの強力タッグ、中嶋&潮崎組をわずか9日で王座から引きずり下ろした。

 試合後には怒りの“50ファンキーパワーズ"モハメド ヨネ&クワイエット・ストーム組が猛抗議してきたが、ノア参戦3大会目でいきなり王座戴冠に成功した火野が“すっとぼけマイク"で嘲笑。「ストーム、ストーム、久しぶりやな。フーリガンズ入りたいの? どうしたん? 落ち着けって。クワイエット・ストーム、ワタシの親友です。え? なんやなんや、めっちゃ怒ってるやんけ。どうした? この後メシ食いにいくんやろ? え? 死ね? 死ねって…友達に向かってなんちゅーこと言うんや」とあざ笑い、最終的には「どんなに喧嘩しても死ね言うか? 死ね!」と罵声を浴びせた。

 さらに火野は「フーリガンズになんや知らんけどGHCのタッグのベルト、入ってきましたよー」と白々しくアピール。「せっかくベルトきたんや。マイバッハくん、谷口くん! これからも正々堂々と一切の反則なしに、悪い言葉もなしに防衛していこう。お前らよう見とけよ、このボケどもが!」と叫んで意気揚々と退場。ともあれ、暮れの大一番でノアのタッグ戦線は一気に混沌の度を深めた形となった。

【試合後のフーリガンズ】
▼長井「お前ら見たか! やり方がどうだとか関係ねえんだ。俺たちがGHCタッグの新チャンピオンだオラ! 文句あるんだったらリングの上でかかってこい。あのチビっこいの。(ストーム) 終わってから出てくるんだったらな、試合の最中に出てこいってんだ。火野、あんなちびっ子と付き合いあんのか? どうなってんだオラ。付き合うヤツ、選んだほうがいいぞ。俺たちフーリガンズがな、GHCヘビー級タッグチャンピオンだオラ! ビッシビシいってやるからな!」

▼火野「……ビッシビシや!」


コメント

    まだコメントはありません。

おすすめ記事

新しいコメントを投稿する

 [PCから画像ファイルをアップロード]

関連付けられたタグ

なし
[タグを付ける]

<< 一覧に戻る