2018/12/6 23:00

ノムヤギ奮戦も「諸刃の剣」で秋山&関本5勝目、対暴走大巨人へ

閲覧数:392

ノムヤギ奮戦も「諸刃の剣」で秋山&関本5勝目、対暴走大巨人へ
5.0

『2018世界最強タッグ決定リーグ戦』大阪・アゼリア大正ホール(2018年12月6日)
「2018世界最強タッグ決定リーグ戦」公式戦=○秋山準&関本大介vs野村直矢&青柳優馬×

 秋山&関本が変型眉山「諸刃の剣」でノムヤギを返り討ちにして5勝目。首位を2点差で追う状況で首位・暴走大巨人とのヤマ場を迎えることになった。

 優勝候補といえる秋山&関本の越境タッグはここまで4勝3敗。優勝圏内に生き残ってきた。負ければ自力優勝が消滅する状況でこの日、野村&青柳との8戦目に出陣した。

 上位食いを狙うノムヤギは必死。序盤こそ秋山が青柳に場外ボディスラムを敢行し、関本も逆水平連打を浴びせると、そのまま青柳に集中砲火を浴びせて主導権を握ったものの、若い二人はタフ。青柳が関本にドロップキックを見舞って突破口を開くと、野村がショルダータックルを連発し、こん身の一撃をぶちかまして関本をなぎ倒してみせた。

 秋山が巻き返しを図っても、野村のスピアーを食らって動きが止まって流れは再びノムヤギへ。すかさず青柳がダイビングボディアタックを放ち、野村がフロッグスプラッシュ、青柳がダイビングエルボードロップを連続投下。関本が野村をアルゼンチンバックブリーカーで担ぎ、秋山がフロントネックロックで青柳を絞め上げて勝機を作っても、ノムヤギはしのいでみせた。エクスプロイダー&ジャーマンの変型眉山を野村がドロップキックで食い止めると、野村の串刺しジャンピングエルボーと青柳の串刺しジャンピングニーを秋山に同時発射。青柳がロックスターバスターで勝負に出た。

 ここから関本が大暴れをみせて一気に流れを変えた。カットに飛び込んで秋山のピンチを救うと、ショートレンジラリアットで野村と青柳を次々になぎ倒す大立ち回り。すかさず秋山が後頭部への串刺しジャンピングニー、エクスプロイダーで青柳に追い討ちをかけると、すかさず変型眉山を大爆発。秋山もダメージを負ってグッタリしてしまったが、関本が青柳の上に乗せて3カウントが入った。

 奮闘したノムヤギに手を焼いたものの、最後はキッチリ勝利。秋山&関本が5勝目を挙げ、勝ち点を10に伸ばした。しかも変型眉山=諸刃の剣が初めてフィニッシュホールドとなっての快勝。試合後はダメージの残る秋山が「もうちょっと遠くに飛んだら、俺はフラットにいって、相手は結構いい角度で落ちるんだよ。あなたブリッジ効きすぎて俺がかなりの勢いでいくんだよ」と注文を付ける秋山に、関本が「いやいや秋山さんなら大丈夫だと思って」と釈明したうえで謝罪。ぼやくことしきりの秋山も最後は「勝った勝った。OK」と引き下がった。

 ともあれ、これで上位とは2点差。公式戦は残り2試合で、次戦は12・8大阪大会の諏訪魔&石川戦。このヤマ場で首位の暴走大巨人を破れば、優勝の2文字が近づくことになる。一方、残り3連勝を誓っていたノムヤギはついに7敗目。次戦は12・8大阪大会のザ・ボンバー戦で、またも強敵となる。今度こその上位食いといきたいところだが、不振にあえぐアジアタッグ王者は苦しい戦いを避けられそうにない。

【試合後の秋山&関本】
▼秋山「いやぁ、もうちょっとさ、遠くだって。何回も言ってるけどさ、もうちょっと遠くなんだよ。ブリッジ効きすぎなんだって。もうちょっと遠くで大丈夫だって。もうさ、終盤に来てるんだから、そろそろ覚えろよ。もうちょっと遠くに飛んだら、俺はフラットにいって、相手は結構いい角度で落ちるんだよ。あなたブリッジ効きすぎて俺がかなりの勢いでいくんだよ。勝ったからいいけどさ」

▼関本「いやいや秋山さんなら大丈夫だと思って。秋山さんの力で…」

▼秋山「あなた私の年、知らないでしょ? 50手前になってこんな受け身取ってるの……受け身じゃないしな、俺はもうホントに」

▼関本「秋山さん、干支は何年ですか?」

▼秋山「酉年だよ。あなた酉年だろ?」

▼関本「酉年です。すいません。ありがとうございました! 勝った!」

▼秋山「あぁ、勝った勝った。OK」

▼関本「勝った。勝ったぞぉ!」


コメント

    まだコメントはありません。

おすすめ記事

新しいコメントを投稿する

 [PCから画像ファイルをアップロード]

関連付けられたタグ

なし
[タグを付ける]

<< 一覧に戻る