2018/10/10 17:00

オートン、ジェフが「WWEワールドカップ・トーナメント」出場を決定、次週「中邑vsミステリオ」の予選開催

閲覧数:2673

オートン、ジェフが「WWEワールドカップ・トーナメント」出場を決定、次週「中邑vsミステリオ」の予選開催
まだ評価がありません

 スマックダウンが現地時間9日、インディアナ州インディアナポリスで開催され、PPV大会『クラウン・ジュエル』で行われる「WWEワールドカップ・トーナメント」の予選2試合が行われ、ランディ・オートン、ジェフ・ハーディが出場を決めた。来週のスマックダウンでは予選として「中邑真輔vsレイ・ミステリオ」が行われることも決まった。

 PPV大会『クラウン・ジュエル』でのWWE王座戦が決まった王者AJと挑戦者・ブライアンがこの日、ミズTVにゲスト出演した。クリーンに握手を交わすと、ブライアンは「価値のある男を倒したい。AJスタイルズは300日以上防衛する素晴らしい王者だし、俺はこんな試合をするためにリング復帰したんだ」と王者を称えたうえで熱意を語った。さらにAJとブライアンがPPV大会『スーパー・ショーダウン』で2分で敗戦したミズを「2分野郎」と罵倒。怒ったミズはAJにシェルトン・ベンジャミンとの対戦を組んだ。ブライアンが見守る中、AJは体格に勝るベンジャミンのバックボディドロップや場外でのバリケード攻撃に苦戦したものの、フォアアームからのカーフ・クラッシャーで逆転。最後はフェノメナル・フォアアームで3カウントを奪い、ブライアンの目の前で実力を見せつけた。

 PPV大会『クラウン・ジュエル』で行われる「WWEワールドカップ・トーナメント」の予選としてランディ・オートンvsビック・ショー、ジェフ・ハーディvsサモア・ジョーの2試合が行なわれた。オートンvsショーの一戦ではオートンがDDTやガービン・ストンプで攻め込んだが、パワーに勝るショーはクローズラインやショルダータックルで反撃。さらにショーがカウンターのスピアーからチョークスラムで勢いづいたが、オートンはレフェリーの死角を突いたサミングを繰り出すと、ひるんだショーに必殺のRKOをさく裂。ショーからピンフォールを奪って「WWEワールドカップ」出場を決めた。また、ジェフvsジョーの一戦ではジェフがPPV大会『スーパー・ショーダウン』で負傷したジョーの左足を集中攻撃。ジョーは動けず戦闘不能となり、ジェフがレフェリーストップ勝ちで「WWEワールドカップ」出場を決めた。

 「WWEワールドカップ・トーナメント」はこれでジョン・シナ、カート・アングルに続き、ジェフ、オートンを加えた4人の出場が決定。次週のスマックダウンでは「WWEワールドカップ」予選として中邑真輔vsレイ・ミステリオの一戦も決定した。PPV大会『クラウン・ジュエル』は日本時間11月3日にWWEネットワーク(日本語実況版あり)で生配信される。

 来週のスマックダウンは放送1000回を記念して『スマックダウン1000』と題して開催される。トリプルH、バティスタ、ランディ・オートン、リック・フレアーのエボリューションが再集結し、そのメンバーのトリプルHと抗争を繰り広げるジ・アンダーテイカーも登場。さらに4年以上ぶりにスマックダウンに戻ってくるミステリオが中邑と「WWEワールドカップ・トーナメント」予選で対戦することも決定した。『スマックダウン1000』は日本時間17日に放送される。


コメント

    まだコメントはありません。

おすすめ記事

新しいコメントを投稿する

 [PCから画像ファイルをアップロード]

関連付けられたタグ

なし
[タグを付ける]

<< 一覧に戻る