2018/8/11 2:00

11日公式戦に介入なら3ヶ月出場停止および罰金 「オメガvs飯伏」前に新日本がBC・OGに異例の警告

閲覧数:3235

11日公式戦に介入なら3ヶ月出場停止および罰金 「オメガvs飯伏」前に新日本がBC・OGに異例の警告
まだ評価がありません
最新のコメントに移動

 新日本は10日、今夏G1 CLIMAXで乱入、介入を繰り返す『BULLET CLUB OG』の面々に罰金や出場停止を視野に入れた異例の警告を発した。

 BULLET CLUBはG1前にケニー・オメガらの『The Elite』派と、タマ・トンガらの『OG』派に分裂。乱入など手段を選ばずにEliteサイドへの襲撃を続けていたOG派は、G1が進むにつれ無法集団の性格を色濃くし、ここ最近は1大会に2度以上の乱入・介入を無差別的に繰り返すようになっていた。

 10日の日本武道館大会では、G1・Bブロック最後の大一番となる「ケニー・オメガvs飯伏幸太」に向けた前哨戦を乱入行為でぶち壊しに。そればかりかAブロック公式戦「バッドラック・ファレvs鈴木みのる」の一戦にも乱入して、試合を消化不良の反則決着へと導いた。

 「オメガvs飯伏」は武道館2日目のメインにして今夏G1最後の公式戦。観客の期待度も極めて高いが“乱入必至"のムードも漂い始めたため、新日本では10日の夜に急きょ警告を発表。11日のBブロック公式戦にOGの選手(トンガ、タンガ・ロア、バッドラック・ファレ)が介入した場合には、該当選手を「3ヶ月の試合出場停止」および「罰金処分」とすることを決めた。乱入および介入が頻発するプロレス界において、異例ともいえる警告が団体側から発せられる形となった。


☆BULLET CLUB OGのタマ・トンガ選手、タンガ・ロア選手、バッドラック・ファレ選手による度重なる試合への介入、反則決着が続いている件に関しまして

 新日本プロレスリングでは、明日行われる『G1 CLIMAX 28』Bブロック公式戦にBULLET CLUB OGの選手が介入した場合には、該当選手を「3ヶ月の試合出場停止」及び、「罰金処分」とさせて頂きます。

新日本プロレスリング株式会社


コメント

最新のコメントに移動
  • 当然の措置ではないかと思います。昨日会場に行きましたが、二度目の乱入の時は、怒りを通り越して笑ってしまいました。
    何か主張があってというより、乱入そのものを面白がってやっているのでは、という印象です。

    プロレスには乱入介入がつきものとはわかっているつもりですが、本人達のその態度、現場のお客さんの雰囲気も、看過できないところまで行っているように感じました。
    ケニーと飯伏の一大決戦を、もしも台無しにされたら、お客さんも黙っていないし、それを未然に防ぐことなくして放置したら会社への不信感も限界になって、「もう観に行かない!」と思わせる結果になりかねない。
    だからこのタイミングでの処置発表だったのではないでしょうか。

    私は、今日明日は現地観戦しませんが、安心して観られるとホッとしています。

    投稿者:KR(ID:7911732) [通報]
    (2018/8/11 11:01)
    0 0
    賛成:0% / 反対:0%

    Loading...


おすすめ記事

新しいコメントを投稿する

 [PCから画像ファイルをアップロード]

関連付けられたタグ

なし
[タグを付ける]

<< 一覧に戻る