2018/8/11 0:00

屈辱の5勝目で終戦 鈴木が乱入OGに激怒

閲覧数:6834

屈辱の5勝目で終戦 鈴木が乱入OGに激怒
まだ評価がありません

『戦国炎舞-KIZNA- Presents G1 CLIMAX 28』(2018年8月10日)東京・日本武道館
Aブロック公式戦 ○鈴木みのるvsバッドラック・ファレ×

 BULLET CLUB OGの乱入に遭い、鈴木が屈辱的な5勝目を獲得。激怒した鈴木は鉄拳制裁を予告した。

 4勝4敗の鈴木と3勝5敗のファレがAブロック公式戦で激突した。“鈴木軍のボス"と“BULLET CLUBのアンダーボス"による一戦は波乱含み。ファレはG1前にタマ・トンガ、タンガ・ロアとBULLET CLUB OGを結成すると、公式戦では反則負けを気にせず乱入暴走を繰り返してきた。しかし、混戦は鈴木も得意としている。8・8横浜での前哨戦では試合そっちのけで場外乱闘を展開した。

 ファレが仕掛ける形で試合はスタート。場外で鈴木を一方的に暴行すると、マイクケーブルを使って首を絞め上げた。リングに戻っても、ショルダータックルをぶち込む。

 鈴木はぶら下がり式腕十字で逆襲に転じると、お返しとばかりに場外に連行。鉄柵に投げつけると、パイプイスで背中を何度も殴り飛ばした。さらに、椅子を首に引っかけて、執拗に絞め上げる。ファレも一旦はパイプイスを奪い取ったが、鈴木が奪い返し、なおも背中に振り下ろした。リング上では、馬乗りになってエルボーを連打。串刺しフロントハイキック、ランニングローキックと畳みかける。

 引かないファレも体格を活かしたバックフリップで形勢逆転。ボディスラムで投げ捨て、ランニングエルボードロップを投下する。そして、早くもグラネードへ。

 鈴木はこれを読んで飛びつき腕十字に絡め取るも、セコンドのロアがレフェリーの足を引っ張って介入する。無法地帯になったのをいいことに、BULLET CLUB OGの2人は連続串刺し攻撃を敢行。ファレはランニングボディプレスを落とした。鈴木が肩を上げると、ファレはバッドラックフォールの構えに。

 鈴木はスリーパーで切り返すと、さらに張り手やボディブローをこれでもかと連打。ファレの抵抗をこん身のエルボーでねじ伏せた。そして、ヒザをついたファレを再びスリーパーに捕獲する。

 ロアの乱入を鈴木のセコンドについたエル・デスペラードが防ぐと、鈴木はゴッチ式パイルドライバーの構え。しかし、花道から今度はタマ・トンガが乱入。鈴木にガンスタンをぶち込むと、即座に反則が通告された。ロアもリングに飛び込み、デスペラードをラリアットで粉砕。第5試合に続いて、BULLET CLUB OGが試合をぶち壊した。

 最後の公式戦でもBULLET CLUB OGが試合をぶち壊した。鈴木は5勝目で勝ち越しで終戦となったが、怒りは当然収まらず。「貴様ら、今まで俺は触れてこなかったよな。だからって、調子に乗るな、小僧ども。BULLET CLUBの内紛だかなんだか知らねえが、BULLET CLUBごとぶち壊してやる」と鉄拳制裁を予告した。

【鈴木の話】「ファレ!タマ・トンガ! タンガ・ロア! 貴様ら、今まで俺は触れてこなかったよな。だからって、調子に乗るな、小僧ども。BULLET CLUBの内紛だかなんだか知らねえが、BULLET CLUBごとぶち壊してやる。お前らのこのハッピーエンドなG1 CLIMAX、全部ぶち壊してやる」

【ファレの話】「お前らの耳はちゃんと聞こえてるのか? やっと俺の言うことに耳を傾ける気になったか? 何をされようが、何をしようが、俺には一切関係ない。俺たちに喋ってほしくないって? 俺たちの発言を指図したいって? そんなこと、聞くわけないじゃねえか。どこに行ってもルールがあるだと? そんなのは絶対聞かない」


コメント

    まだコメントはありません。

おすすめ記事

新しいコメントを投稿する

 [PCから画像ファイルをアップロード]

関連付けられたタグ

なし
[タグを付ける]

<< 一覧に戻る

プロレスが好きな人はフォロー!
「ぼくらのプロレス」ならではの情報をお届けします。