2018/8/10 21:00

青木がV5の先に対他団体を視野に、アックスボンバーズ迎撃へ野村「オッサンを消滅させる」、青柳「今の俺はノーフィアー」 8・26流山公開会見

閲覧数:182

青木がV5の先に対他団体を視野に、アックスボンバーズ迎撃へ野村「オッサンを消滅させる」、青柳「今の俺はノーフィアー」 8・26流山公開会見
まだ評価がありません

 『全日本プロレス 8.26流山大会直前公開会見』が10日、東京・ドン・キホーテ 秋葉原店で開催され、世界ジュニアヘビー級、アジアタッグ両選手権試合へ向けた公開会見が行われた。世界ジュニア王者・青木篤志がV5を果たし、対他団体に乗り出す構えをみせれば、4度目の挑戦となる岩本煌史は危機感をのぞかせつつ背水の陣で初戴冠を誓うばかり。アジアタッグ王者・野村直矢&青柳優馬は「これに勝ったらもうオッサンの挑戦は受けない」(野村)、「今、僕は正直怖いものがありません。ノーフィアーです」(青柳)と強気発言を連発。挑戦者組の大森隆男&木高イサミは「アックスボンバーズ鉢巻き」で心を一つにし、最古のベルト獲りを宣言した。

 この日、8・26流山大会で行われる世界ジュニア、アジアタッグ両タイトルマッチへ向けた公開会見が実施された。観覧無料とあって会場には多くのファンが来場。オープニングには社長・秋山準が登場してあいさつ。流山大会で石川修司との初防衛戦を控える三冠ヘビー級王者・ゼウス、8・18後楽園大会で世界タッグ王座に挑戦する宮原健斗のミニトークショーも行われ、タイトルマッチへ向けた意気込みを語った。

 世界ジュニア戦は第47代王者・青木の5度目の防衛戦。岩本が4度目の挑戦を果たす。両者は7・15後楽園大会でタイトルマッチを争ったばかり。岩本が7・29大阪大会で青木から直接勝利を奪って再挑戦を決め、1ヵ月ぶりのリマッチが実現する。

 王者・青木は岩本連破の先に一つの青写真を描いている。今年2月に3度目の戴冠を果たして以来、丸山敦、中島洋平、そして7・15後楽園の岩本と所属勢を総なめ。ここで岩本に連勝すれば、全日本ジュニア内で戦う相手はいなくなるといってもおかしくない。「戦って彼らに奮起を促すというのが一つの目的だったけど、僕からするとそういう奮起というものが感じられなかった」と厳しい評価を口にした青木はすでにスポーツ紙上でDRAGON GATE・望月成晃とのタイトルマッチ実現をぶち上げている。当の望月も「もしそれが実現して、俺が世界ジュニアチャンピオンになったら、近藤修司指名してやる」と青写真も描きつつ前向きそのものだ。

 会見でも青木は「この前、岩本選手と防衛戦やって、それも勝ちましたので、正直言うと、もう違うところに向いてもいいかなというのはあります」と対他団体に乗り出す構えをみせた。ただ、それは個人的な欲からくる考えではない。「他団体の人たちとやって僕が防衛していけば余計に彼らは嫉妬して変わってくるんじゃないか」と言うように全日ジュニアの底上げを図りたいとの思いが強いからで、「しっかりここのタイトルマッチを防衛しないと、それは始まらないことなので、そこはそことして、しっかりとまずは防衛をしたい」と誓った。

 対する岩本はTAJIRIとの“ひと夏のかげろう"でジュニアタッグリーグ戦に出場中で、今はその優勝にのみ集中しているが、その先には世界ジュニア初戴冠の大目標が当然ある。早期再挑戦のチャンスをつかみ、「世界ジュニア4度目の挑戦になるんですけど、もうあの悔しい思いは2度としたくないので、次こそは必ず勝ちます」と誓うばかりだ。しかも青木が他団体との戦いに目を向け始めたとあって、「ここを落としてしまうと、もうホントに所属の選手の入る余地っていうのは全くなくなってしまう」との危機感を抱くのは自然の流れ。「なので落とせないですね、絶対に」と背水の陣を敷いた岩本は、「望月さんが青木さんとやりたいとは言っているので、まずそこを横取りしようかなというのは思ってます。あとは負けてる選手とかも僕、何人かいるんで、そいつらに復讐をしたいと思います」と初戴冠後のプランもしっかり描きつつ必勝を誓っていた。

 アジアタッグ戦は7・29大阪大会で秋山準&永田裕志を破って第105代王者に返り咲いた野村&青柳の初防衛戦。大森&木高のアックスボンバーズを迎え撃つ。

 前回の戴冠時は4度の防衛を重ねながら、青柳の負傷欠場によって返上を余儀なくされた。初防衛戦から難敵となるが、二人は大阪でみせた“若さと勢い"で突破あるのみ。前哨戦で大森から直接勝利を奪っている青柳は「今、僕は正直怖いものがありません。ノーフィアーです」と断言し、大森を挑発するようにノーフィアーポーズを披露。「歴代のチャンピオンに負けないぐらいかっこいい最高のチームを目指したい」と王者像を描き、「防衛戦をどんどんやって、今ある防衛記録を僕ら二人で塗り替えたい」と見据えた。現時点での最多防衛記録は69年10月に第25代王者組となった吉村道明&アントニオ猪木の15回。青柳は偉大な先人を超え、歴史に名を残すつもりだ。

 一方、野村も強気そのものだ。「やっとの思いでこのアジアタッグのベルト。ここで手放すわけには絶対いかない」と言い切ると、「この二人には僕らの踏み台になってもらいます。絶対勝ちます」と必勝宣言。秋山&永田に続き、大森という対ベテランの図式になるが、「これに勝ったらもうオッサンの挑戦は受けない。オッサンを消滅させます」と豪語した野村はベテラン勢をアジアタッグ戦線から追放し、新時代の防衛ロードを紡いでいく構えをみせた。

 対する大森&木高はともにアジアタッグ戴冠歴を持つ。大森は秋山、高山善廣をパートナーに第62、66代王者にそれぞれ君臨。木高は2015年11月、宮本裕向とのヤンキー二丁拳銃で第98代王者組となっている。当初は木高が「もうアックスボンバーズというのは終わったじゃないですか」と再結成に反発していたが、大森が持参した「アックスボンバーズ」鉢巻きを二人で巻いて一枚岩となった。

 大森は今年に入って3度目のアジア挑戦で、「三度目の正直だ。何が何でもアジアタッグはこのアックスボンバーズがいただくわ」と誓うばかり。木高も王者組の勢いを認めつつ、「僕はジュニアですけど、野村選手、青柳選手にも全然負ける気がしない」と言い切り、「物凄く強いチームに勝って今ベルトを巻いてると思いますけど、そんなに偶然は何回も続かないというのをちゃんと教えないといけない」と宣言。二丁拳銃の王者時代に大森&田村和宏とのアックスボンバー対決によるアジアタッグ戦を実現させているが、大森は最古のベルトを再び手にし、それを再現するつもり。「僕たちがベルトを獲ったあかつきには、ボルトで乾杯するぜ。あ、間違えた。ボトルだ」などとボケる大森に、木高が容赦なくツッコミを入れるなど呼吸もピッタリだった。


コメント

    まだコメントはありません。

おすすめ記事

新しいコメントを投稿する

 [PCから画像ファイルをアップロード]

関連付けられたタグ

なし
[タグを付ける]

<< 一覧に戻る

プロレスが好きな人はフォロー!
「ぼくらのプロレス」ならではの情報をお届けします。