2018/7/8 23:00

火祭り開幕 イケメンと白熱ドローも…田中が連覇確信「これだけは決定」

閲覧数:43

火祭り開幕 イケメンと白熱ドローも…田中が連覇確信「これだけは決定」
まだ評価がありません

☆『すしざんまいPresents「ZERO1 第18回真夏の祭典火祭り2018」』開幕戦
東京・新木場1stRING(2018年7月8日)
△田中将斗vs黒潮“イケメン"二郎△

 前年覇者・田中が火祭り開幕戦でイケメンと激突。白熱の30分ドローとなったが、「最後に後楽園のメインのリングで、火祭り刀を獲って手を挙げているのは俺だっていうことは、これだけは決定」と連覇を確信した。

 火祭り開幕戦のメインイベントはAブロック公式戦。昨年覇者の世界ヘビー級王者・田中と、初出場となるWRESTLE-1のイケメンが激突した。2人は現在WRESTLE-1タッグ王座を保持するパートナー同士。シングル初対決となった。

 イケメンは急所誤爆を偽装してレフェリーや観客まで煙に巻き、低空ドロップキックで先手。「ゼッテエ勝つからな」と宣言し、田中の左腕に一点集中攻撃を浴びせた。キーロックや腕ひしぎ逆十字固めに捕らえるたびに、「絶対離さないからな!」と言い張る。苦痛で表情を歪ませる前年覇者に対し、イケメンは「ちょっと舐めてたんじゃないの?」とアピール。反撃を許しても、一旦花道に逃げ出してペースを乱し、ケブラーダで宙を舞った。

 しかし、田中はイケメンがリングサイドに設置したテーブルを利用し、そこに寝かせてスーパーフライを投下。テーブルが真っ二つにへし折れ、イケメンに大ダメージを与える。テーブルの破片でイケメンの左足を痛打すると、ヒザに集中砲火。監獄固めの体勢からエルボーを振り下ろすと、足4の字固めに移行する。イケメンの悲鳴が新木場に響き渡った。

 長時間守勢を強いられたイケメンだったが、20分経過直後にトラースキックで一矢報いる。田中の側頭部をミドルキックで射貫くと、「俺が今日、ZERO1を締めてやる」と大胆にも予告し、スワントーンボムをお見舞いした。続くムーンサルトは自爆に終わったものの、すぐに腕攻めを再開して田中を追い詰めた。

 連覇に向けて是が非でも勝ち点5がほしい田中はラリアットを乱射して応戦。雪崩式ブレーンバスター、垂直落下式ブレーンバスターを間髪入れずに繰り出した。スーパーフライは撃墜されたものの、エルボー合戦では圧倒。イケメンのムーンサルトプレスをヒザで迎撃し、スライディングラリアットから、側頭部をスライディングDで射貫いた。

 残り時間はあと3分。田中は正調・スライディングDへ。しかし、イケメンは技を食らう前に崩れ落ちてしまい、結果的にピンチを切り抜ける。直後に何とか息を吹き返すと、ハイブリッドブラスター、ダイビングフットスタンプと惜しげもなく大技を連発した。

 勝負を捨てない田中もファルコンアローからスライディングDで最後の勝負に出るが、イケメンはニアロープに救われる。田中はなおも3カウントを迫るが、無常にも時間切れ引き分けのゴングが打ち鳴らされた。

 パートナー対決は決着が付かず、時間切れ引き分けに。田中は勝ち点3からのスタートとなった。それでも田中は「イケメンさんと初対決。悪いけど、舐めてはへんけど、勝てると正直思ってた」と告白した上で、「俺が組ませてもらって、新たな田中将斗の一面を出させてもらって、今は楽しくプロレスをやっている。やっぱりやる人が楽しくなかったら、観に来ている人だって絶対楽しくないねん。火祭りで戦う時も、イケメンさんと組む時も、それが全て田中将斗やねん」と刺激的なイケメンのスタイルを称えた。

 田中に締めを託されたイケメンは「ZERO1で火祭り始まったんですけど、初戦これかよ!? 後半がゾッとしますね。舐めてたのは俺のほうかもしれません」と火祭りの熱さに舌を巻いたようだったが、「でも、イケメンワールドでZERO1ファン、そして相手を飲み込んで、最後はイケメンクラッチでフィニッシュを獲りたいと思います」と高らかに宣言。最後は「3、2、1、ZERO1! フィニッシュ」の雄叫びで火祭り開幕戦を締めくくった。

 田中はイケメンと笑顔で握手。まるでタッグ王座を一緒に防衛したような爽やかなエンディングとなった。連覇に向けて白星発進とはいかなかったが、「舐めているつもりはなかったけれども、必ず勝てるとは思ってた。でも、それがこの引き分けを生んだってことは、自分を過信していた部分もある」と初戦引き分けで逆に気合いが入った様子。「取りこぼしのないように、一戦一戦勝ちます。もうそれだけ。最後に後楽園のメインのリングで、火祭り刀を獲って手を挙げているのは俺だっていうことは、これだけは決定」と連覇達成を断言した。

【田中の話】「本当にみんな死に物狂いで火祭り刀を獲りに来ているというのはわかったし。イケメンさんが舐めてるみたいな感じで言ってたけど、舐めているつもりはなかったけれども、必ず勝てるとは思ってた。でも、それがこの引き分けを生んだってことは、自分を過信していた部分もある。これから長い戦いに入りますけど、取りこぼしのないように、一戦一戦勝ちます。もうそれだけ。最後に後楽園のメインのリングで、火祭り刀を獲って手を挙げているのは俺だっていうことは、これだけは決定」


コメント

    まだコメントはありません。

おすすめ記事

新しいコメントを投稿する

 [PCから画像ファイルをアップロード]

関連付けられたタグ

なし
[タグを付ける]

<< 一覧に戻る

プロレスが好きな人はフォロー!
「ぼくらのプロレス」ならではの情報をお届けします。