2018/3/19 12:21

プロレスゲームで盛り上がるのは、ワイワイガヤガヤガチャガチャプレイ【多重ロマンチック的ぼくらのプロレス】

閲覧数:2943

プロレスゲームで盛り上がるのは、ワイワイガヤガヤガチャガチャプレイ【多重ロマンチック的ぼくらのプロレス】
5.0

フジテレビワンツーネクストで放送中、『ゲームセンターCX』。今年で15周年を迎える元祖ゲーム実況番組の、2018年3月1日放送分は1993年にバリエから発売されたスーパーファミコンソフト、「新日本プロレスリング超戦士IN闘強導夢」(1993年、バリエ)。蝶野正洋、橋本真也、グレート・ムタ、長州力、獣神サンダーライガーなど当時所属の10人もの実名選手が登場するプロレスゲームだ。

有野課長はこの時代のプロレスを多少なりとも知っており、選手選択画面でもエピソードトーク。今も話題の当時は北斗の流星・馳浩を「議員さん」。唯一知らなかったボクシング出身レスラー、トニー・ホームのことは「『逃走中』のハンター」と呼んでいた。金髪でサングラス。……確かに似てる。

最終目標は「G1モードで9人のレスラーを撃破」。「いいんですか、課長がプロレスラーボコボコにしていいんですか」という課長だったが、事前に「課長のプレイなら」と新日本プロレスの許諾は得たとプロデューサー。冒頭で「パッケージ(ムタとライガーで)赤いな」と軽口していた有野課長は「パッケージが闘魂っぽくって、とってもカッコいいですねえ」と一転、べた褒めするのだった。

有野課長はプレイヤーキャラにグレート・ムタを選択。説明書を読まない有野課長はそうそうに諦め、裏投げが使いやすい馳浩に変更。

しかし初戦の相手、ライガー強し。裏投げコンボからライガーボムで形勢逆転され、ここからともに体力ゼロ。「このあとどうしたらええの!」と有野課長は説明書を読み始め必殺技の技コマンドを読み込み、ノーザンライトスープレックスを習得すると、なんとか鎌固めでギブアップ勝利。

しかしその後が続かない有野課長。さらなる扱いやすいプレイレスラーを求め、トニー・ホームをチョイス。「トニー・ホーム・タマホーム」と呼ぶ課長はアッパーコンビネーションに「ギャラクティカマグナム」と名付け勝ち進む。実在ゲームだけど、本人知らないから勝手にイメージ付けして楽しむ。これもまた実際のプロレスでは得られない、ビデオゲームならではの楽しみ方。

しかしプロレスを単調なパンチ技で勝ち進むことに次第に悩みだすのも、また課長。「12年前にダルシムを使って、いまだにダルシム課長と呼ばれるんですよ。トニーホーム課長になっていいんだろうか」。ああ、だれもが一度は悩むコンピューター相手のプロレスゲームの試合構成。蝶野正洋にプレイ変更もケンカキック、ストンピング、弱ったところでフィニッシュのSTFとやはり単調。「ええのかな、この勝ち方」。「地味な勝ち方やな。嫌やなー、いいのかなー」と当時の白コスチューム蝶野が思い悩んでいたであろう心の内を、そのまま有野課長もトレースしていくのだった。

大技をやりたくなり、自爆連発、藤波に敗北するプロレスゲームあるあるな一幕もありつつ、最終戦は破壊王・橋本真也を倒しG1クライマックス覇者に到達。悩む場面もあったけれど、振り返ればゲーム開始から3時間のスピードクリア!

余った時間はゲームセンターCXおなじみの課長vs番組スタッフの対抗戦3番勝負へ。スタッフは思い思いのプロレス扮装、学プロさながらの名前を付けてをしながらワイワイガヤガヤガチャガチャプレイ。ああ、これが本来のプロレスゲームの遊び方! という楽しげなプレゼンをしてくれたのでありました。

2018年2月に、スマホアプリゲーム制作企業を募集した新日本。開発されるゲームも、友達と一緒に楽しめるようなゲームだと嬉しいものだ。
必要なパートナーは,もっとも新日本プロレスを愛するゲーム会社。“ブシモ×新日本プロレス”合同記者会見の模様をレポート - 4Gamer.net

番組では当時の東京ドーム大会を実際に観戦した広報担当者が大会パンフレットを持参し、課長にレスラー紹介する場面も。スーパー・ストロング・マシン選手を見た課長が「あ、これ緑のマスクになっておってウチ(松竹芸能)おる!」と叫んだのが印象的。昔ならブラックビスケッツで知る狼群団。アントキの猪木で知るアントニオ猪木。長州小力で知る長州力。ザ・ビッグガンズから知るロード・ウォリアーズ。イノコMAX(「ゲームセンターCX」ディレクター)演じる班長州力で知る長州力。こんな価値で知るプロレスリングもまた、素晴らしい。

【関連】
岐部昌幸『有野の挑戦 「新日本プロレスリング 超戦士 IN 闘強導夢」 あとがき』
ゲームセンターCX - フジテレビONE/TWO/NEXT(ワンツーネクスト)

この記事を書いたライター: 漁師JJ

コメント

    まだコメントはありません。

おすすめ記事

新しいコメントを投稿する

 [PCから画像ファイルをアップロード]

関連付けられたタグ

なし
[タグを付ける]

<< 一覧に戻る

プロレスが好きな人はフォロー!
「ぼくらのプロレス」ならではの情報をお届けします。