2018/3/12 21:00

小川がGHCジュニアタッグ王座返上の意向 「辞めようと思っていた人間から獲っても全然喜べない」

閲覧数:636

小川がGHCジュニアタッグ王座返上の意向 「辞めようと思っていた人間から獲っても全然喜べない」
まだ評価がありません

 GHCジュニアタッグ王者の小川良成が12日、王座返上の意向を表明した。

 前夜(11日)の横浜文体大会で田中稔と組んで王者の“XX"石森太二&Hi69組を撃破。王座奪取に成功したばかりだが、その翌日に石森がノア退団を発表。2月末の契約更改時には会社側から退団の承諾を得ていたことが明らかになった。

 これを受けて小川はノアを通じてコメントを発表。「ノアを辞めようと思ってタイトルマッチをした人間からベルトを獲っても全然喜べません」と返上の意向を表明した。返上が認められれば“奪取→即返上"の異例の事態となるが、小川の独断なのか、稔の承諾を得ているのかどうかは現在のところ不明。ともあれ石森退団の余波が、早速意外な形でノアジュニアに混とんをもたらす形となった。

【小川のコメント】「ジュニアタッグのタイトルを返上します。田中に申し訳ないけど…。返上することにしました。ノアを辞めようと思ってタイトルマッチをした人間からベルトを取っても全然喜べません。まっ、辞めようと思ってるからタイトルマッチの前日に飲み会をしてたんだうろけど…。そんなベルトには興味ありません。以上です」


コメント

    まだコメントはありません。

おすすめ記事

新しいコメントを投稿する

 [PCから画像ファイルをアップロード]

関連付けられたタグ

なし
[タグを付ける]

<< 一覧に戻る

プロレスが好きな人はフォロー!
「ぼくらのプロレス」ならではの情報をお届けします。