2017/12/27 19:06

プロレス偏愛さは伝わりまくってリフレイン/私、やりますって!【多重ロマンチック的ぼくらのプロレス】

閲覧数:719

プロレス偏愛さは伝わりまくってリフレイン/私、やりますって!【多重ロマンチック的ぼくらのプロレス】
5.0

越中詩郎、リングだけでなくドラマでもやってやるって! 「ファミリー劇場CLUB」開設を記念し制作されるオリジナル配信ドラマ『私、やりますって!』にプロレスラー・越中詩郎が出演中だ。

『私、やりますって!』はCS放送ファミリー劇場が新たに開始したモバイル配信サービス「ファミリー劇場CLUB」初のオリジナルコンテンツとなるドラマ作品。

ストーリーはグラビアアイドルの天木じゅんが「グラビアアイドルの天木じゅん」役として、プロレスラー・越中詩郎演ずる「プロレスラー・越中詩郎」にコーチを受け“世界的なスポーツ大会出場を目指す”というフェイクドキュメンタリー。作品タイトルはヒロインである天木が言った意気込みセリフから取られているが、もちろん元ネタは越中詩郎の“やるって節”だ。

越中が教えるのはプロレスではなくボルダリング!? ドラマなのに出演者は2人だけ!? 巨乳天木と尻王越中! 第1回は無料で配信されているが、とにもかくにもツッコミどころが大さじトラック3杯分。理解してない互いの立場を巡る妙なスカしあいがおかしみを彩っている。越中がアイドルと組むのは2014年の「HIP♡ATTACK fromアイドリング!!!」以来だが、またも醸す不思議な距離と空気感。

それでもストーリーはなすびもへちまも関係なくなる越中イズムが伝わるし、ジムにおもむろに貼ってあるのは平成維震軍軍団旗。さらに突然挿入されるタココラ問答と、スタッフの妙なプロレス偏愛さは伝わりまくってリフレイン。

5話では食生活を見直そうというテーマで、天木の手作り料理を否定し「あんなんダメだダメだ、ヘルシーすぎる。アスリートの食べ物じゃない、だめだ。これを食え!」と言って取り出したのが某牛丼屋の持ち帰り牛丼&カツ丼というのがレスラー越中のリアル感(思い出すぜ、WJ)を投じていて、哀愁出まくり、なんだか涙も出てくるって! 番組予算がなくても、そこ血の滴り落ちるビフテキとたらふくのコーラ飲ませてやれってことですよ! それにしても天木さんの乳のデカさはスゴいって! 基本的に衣装が首口の開いたタンクトップ。場合によってはビキニスタイルだから、谷間がケツに見えてくるって! 越中のケツはダイヤモンドより固いダイヤモンドケツ! 天木さんの胸もダイヤモンド目指せってことですよ!

5話消化時点で壁に上ったのは数分だけというのが先行き思いやられすぎて展開が見えない気もするけれど、しかし天木の友人でIカップグラビアアイドル柳瀬早紀さん、Fカップ童顔アイドル・長澤茉里奈の越中軍団入りとドラマの展開は風雲急。ヒップとバストはなんでこんなにも相性がいいんだって! 思い出せば「HIP♡ATTACK fromアイドリング!!!」の大川藍さんも乳デカ女子だったって! 

次回からは天木vs柳瀬&長澤という第2章に突入。煽りVも制作されるとのこと。何がいいたのかというと、風よ吹け吹け、越中ファンは要チェックのドラマだってことですよ! 覇!

【公式】
ファミリー劇場 私、やりますって! | ファミリー劇場
【参照】
柳瀬早紀、長澤茉里奈。お前ら男だ。【スタッフこすけ】|CS放送局 ファミリー劇場 オフィシャルブログ「ふぁみぶろ」

この記事を書いたライター: 漁師JJ

コメント

    まだコメントはありません。

おすすめ記事

新しいコメントを投稿する

 [PCから画像ファイルをアップロード]

関連付けられたタグ

なし
[タグを付ける]

<< 一覧に戻る

プロレスが好きな人はフォロー!
「ぼくらのプロレス」ならではの情報をお届けします。