2017/11/14 17:00

トリプルHが『サバイバー・シリーズ』RAWチーム入りを宣言、中邑と対決へ 戸澤はタッグ戦に敗戦

閲覧数:1020

トリプルHが『サバイバー・シリーズ』RAWチーム入りを宣言、中邑と対決へ 戸澤はタッグ戦に敗戦
まだ評価がありません

 RAWが米国現地時間11月13日、ジョージア州アトランタで開催され、トリプルHが11・19PPV大会『サバイバー・シリーズ』のRAWチーム入りを宣言。中邑真輔との対決が実現することになった。

 この日、『サバイバー・シリーズ』における5対5エリミネーション戦メンバーだったジェイソン・ジョーダンがワイアットとの試合中に負傷。強行出場を訴える息子のジョーダンにカート・アングルGMも思案したが、業を煮やしたWWE最高執行責任者のトリプルHが登場。「5人目のメンバーは俺だ」と言い放つとジョーダンにペディグリーを決めてリングを後にした。これでスマックダウンのメンバーとして出場する中邑はカート・アングル、トリプルHらと対戦することになる。

 この日は戸澤陽が出場。カリストと組んでエンツォ・アモーレ&ドリュー・グラックと対戦した。『サバイバー・シリーズ』で行われるエンツォとカリストのクルーザー級王座戦へ向けた前哨戦。カリストがスワンダイブ式ボディプレスをエンツォに決め、グラックのカットもエンツォに誤爆させる。このチャンスに戸澤がトペ・スイシーダ、カリストがプランチャを連続して決めると、戸澤がエンツォに必殺のセントーンを狙ったものの、これはグラックがエンツォを場外に引きずり出して回避。逆にエンツォが戸澤とカリストの同士討ちを誘うと、ジョーダンツォをさく裂させて戸澤を沈めた。

 アスカの出場が決まっているRAW女子チームの5人目決定戦が行われた。アスカらメンバー4人がリングサイドで見守る中、メンバー入りをかけてミッキー・ジェームス、デイナ・ブルック、ベイリーがトリプルスレット戦で対決。白熱の攻防が展開される中、ミッキーのフェイスバスターでダメージを受けたデイナが場外に回避。そこへ心配してアスカが駆け寄ったが、デイナはアスカを殴ってリング上から挑発した。これに怒りを爆発させたアスカはデイナを場外で捕まえると回し蹴りで報復し、「なめんじゃねーぞ、この野郎!」と絶叫した。リング上ではベイリーがベイリー・トゥ・ベリーをミッキーに決めて勝利。RAW女子チーム入りを決めた。(※写真=(C)2017 WWE, Inc. All Rights Reserved.)


コメント

    まだコメントはありません。

おすすめ記事

新しいコメントを投稿する

 [PCから画像ファイルをアップロード]

関連付けられたタグ

なし
[タグを付ける]

<< 一覧に戻る

プロレスが好きな人はフォロー!
「ぼくらのプロレス」ならではの情報をお届けします。