2017/5/19 23:00

カシンが大仁田を援護射撃、タッグ結成か 札幌大会

閲覧数:277

カシンが大仁田を援護射撃、タッグ結成か 札幌大会
まだ評価がありません

 超戦闘プロレスFMW北海道シリーズ最終戦・札幌大会が19日、行われ、メインイベントの電流爆破金棒タッグマッチで、ケンドー・カシンが大仁田厚を援護射撃。二人のタッグ結成の可能性が浮上した。

 「大仁田厚&雷神矢口&リッキー・フジ、保坂秀樹vsケンドー・カシン&野澤一茂&橋本友彦、チェーンソー・トニー」による8人タッグマッチは序盤、野澤が大仁田をコーナーに追い詰め、橋本が電流爆破バットで大仁田を襲おうとした瞬間、何故かカシンが大仁田を助けるハプニングが起こった。

 その後、野澤が電流爆破金棒の攻撃を浴びせ、大仁田は激しく被爆。終盤、保坂を狙ったトニーが起爆スイッチを入れ、電流爆破バットを振り下ろそうとした瞬間、カシンが爆破のスイッチをオフにしてまたも大仁田を助けた。トニーから電流爆破バットを奪い取ったカシンは大仁田に手渡してフォロー。最後は大仁田がトニーにバットを振り抜いて試合を決めた。

 謎の行動をみせたカシンに大仁田も共鳴。2人は握手を交わし、タッグ結成の可能性が浮上した。果たしてどんな化学反応が起こるのか、今後の大仁田とカシンに注目が集まる。


コメント

    まだコメントはありません。

おすすめ記事

新しいコメントを投稿する

 [PCから画像ファイルをアップロード]

関連付けられたタグ

なし
[タグを付ける]

<< 一覧に戻る

プロレスが好きな人はフォロー!
「ぼくらのプロレス」ならではの情報をお届けします。