2017/5/20 11:19

高校時代に実現した川田戦! 新日本入りの陰に古舘伊知郎? あのコスチュームの最大の難点とは!? ジュニアの祭典ラスト参加!獣神サンダー・ライガー特集!

閲覧数:3753

高校時代に実現した川田戦! 新日本入りの陰に古舘伊知郎? あのコスチュームの最大の難点とは!? ジュニアの祭典ラスト参加!獣神サンダー・ライガー特集!
5.0
最新のコメントに移動

『BEST OF THE SUPER Jr.』優勝は2回(94年、01年)


船木誠勝の取材は面白い。本人の生真面目な人となり宜しく、他人におもねることをせず、つい本音が出てしまうからだ。例えば10年4月、自身初のマスクマン、「エイプマン・ソルジャー」に変身する際の会見では、「マスクマンなのに、正体が最初からわかっていたら意味ないと思うんですが」。しかも変身1発目の試合後は、「苦しい。全く余裕がない。早く素顔で試合をしたい」と、周囲の今後の期待を瞬殺するコメント。11年12月、翌年の東京ドーム大会での24年ぶりの新日本リング復帰が決まれば、過去を振り返って一言。「知っている顔が、今は(スーパー・ストロング・)マシンさんとライガーさんしかいない。それでも会社は続いて行く。会社って凄いなと思いました」。

そう、横道から入ったが、現役の新日本生え抜き2トップと言えば、マシンとライガー。そのライガーが先日、衝撃の宣言をした。「僕は今年、今回限りで『BEST OF THE SUPER Jr.』を卒業します。今年が最後の『BEST OF THE SUPER Jr.』になります」(4月27日)。ライガーと言えば、今年で24回目を数える同リーグ戦に、21回の最多出場を果たしている、いわば同大会の顔。この決意までには様々な逡巡もあったろうし、ライガーの栄光がそれで消えるわけでない。

今回の当欄は、彼の転機となった3つのポイントを秘話と語るとともに、彼自身もほぼ覚えていないだろう、「8年前の誓い」を公開。エールを送る。

メキシコ行きのため、高校時代は3年間、新聞配達も


幼少期より、プロレスラー(特にジュニア王者時代の藤波辰爾)に憧れ、高校時代はアマレスに没頭した素顔時代のライガー。この時、別の高校の川田利明とも戦っており、大健闘している。辛勝した川田が、判定で勝ったにも関わらず顧問に激怒されていたというから、その追い込みぶりがわかろうものだろう。

新日本プロレス入りを目指すも、当時の身長規定(180cm以上)に足りず、メキシコ行きを決意したのは有名な話。先人のマッハ隼人のように、逆輸入レスラーを目指したのだ。ここで一つ目の転機が訪れた。メキシコで練習に明け暮れる中、新日本プロレス勢が同地に遠征、「ホテル・アラメダ」に泊まることがわかったのだ(83年6月)。さっそくホテルを訪ねる素顔のライガー。この時、たまたまロビーに、当時のプロレス実況アナ、古舘伊知郎がおり、遭遇している。古舘は、(ジョークも交じっているだろうが、)「自分のファンかと思った」そうだ。もちろん、ライガーの目当ては、鬼軍曹・山本小鉄。新日本入りしたいライガーの熱い思いを聞いた小鉄は、古舘にこう言ったという。「古舘さん、今話してたあいつ、根性があって、なかなか見込みがある。日本に帰ったらすぐ俺を訪ねるように言いましたよ」。その表情はことさら嬉しそうだったという。こうしてライガーの新日本入りとなったのだった。

普段の練習も、全身コスチュームでおこなっていたライガー


2度目の転機は言わずもがな、マスクマン、「獣神ライガー」に変身した時だ。本人の希望もあったのだが、当時の同名アニメに合わせるため、今も続く全身コスチューム。素肌が出ているのは、手首から先だけ、当時の日本マット界では画期的な出で立ちだった。最初は、「レオタードだから大丈夫」と聞いていたライガーだったが、熱い照明のもと、激しい闘いをすれば、生地がどうとかの問題ではない。コスチュームは(汗で張り付き)一人では脱げず、汗疹対策に、シャワーは一日4回。素顔時代の3倍は疲れる仕様だったという。

しかし、ここからがライガーの真骨頂。「3倍疲れるなら、自分が3倍の練習をすれば良い」と更なる超人的な鍛錬。「子供たちの夢を壊したくない」と、ライガーの方に、自分を合わせていったのだった。今もライガーが現役バリバリなのは、やはりこの練習の賜物だろう。

なお、ライガーのコスチュームを着せてもらった記者がいるのだが、彼によると、「視界が悪いのはもちろんだが、驚いたのが、足元が一切見えないこと」だという。それでハイレベルな攻防を続けて来たわけだから、いやはや、ライガーの関係者評が高いのもむべなるかなだろう。

「ライガーさんの足関節技の上手さは、当時から際立っていた」(柔術教室関係者)


3度目の転機は、筆者の私見かも知れないが、02年11月、鈴木みのると対する形で、総合格闘技のリングを経験したことではなかったか。そもそも、セメントには強いとされていたライガー。若手時代、イギリスに遠征すると、同地の初代ブラックタイガーに、「道場破りが来てるから、お前がやってみないか?」と請われたことも。「なんでお前らがやらないんだ?」と思ったライガーだったが、もちろん応じたし、つまりは、そちらの方面の力も知られる男だったのだ。

だが、そんなライガーも、鈴木みのる戦には、ほぼ何も出来ずに完敗。この時、負けた悔しさから、ライガーは柔術の教室に通い、11年には紫帯を獲得。道場でも、若手時代のヒロムやファレ、デスペラードなどに技術を伝授。今後もこのライガーの教えが、強く、そしてプロレス界の屋台骨を背負っていく新日本戦士を産み出していくと考えられよう。

なお、鈴木みのるから、「なんで今さら、柔術なんかやってるんすか?」と問われた時のライガーの答えは、「お前をぶっ倒すためにだ、バカ!」だったとか。

「夢のために努力して。その努力は必ず役に立つ」(ライガー・下記講演会より)


09年11月11日、ライガーは母校の舟入小学校を訪れた。卒業したのは77年だったが、当時の同級生たちがライガーによる講演会を企画し、ライガーも快諾。小学6年生たちに、自身の経験も交え、夢を持つことの大切さを熱く語った。

講演会のラストは、企画として、8年後、20歳となる児童たちに、未来の自分へのメッセージ・カードを書かせた。「宇宙飛行士になりたい」、「野球選手になれましたか?」、そんな中、ライガー自身も、未来の自分に、こう書いた。

「まだ髪の毛はあるか?まだ現役か?まだしっかり練習してるか?頑張ってるか?頑張れよ、おれ」

その8年後が、まさにこの2017年。あの時、話を聞いていた子供たちも20歳になる。大人になった彼らにこそ、見せられる姿もあるはずだ。自ら決めた最後のジュニアの祭典でのライガーの奮闘、そして輝きに期待したい。

この記事を書いたライター: 瑞 佐富郎

コメント

最新のコメントに移動
  • 強さ、怖さ、華麗さ、技術、華、ハート…レスラーに必要なモノ全て兼ね備えたレジェンド。覆面していても感情が伝わるのも素晴らしい!対ヘビー級の時は毎回ドキドキさせられたな…あのコスチュームで。個人的にはvs村上一成が1番インパクトあった。

    ID:714644 [通報]
    (2017/5/20 13:38)
    0 0
    賛成:0% / 反対:0%

    Loading...


  • とてもいい記事でした。8年前の手紙から現在、それが起因してではないでしょうが最後のBOSJですから、残りの全試合全勝して有終の美を飾って欲しいものです。

    ID:2475208 [通報]
    (2017/5/20 18:59)
    0 0
    賛成:0% / 反対:0%

    Loading...


  • ライガーには、変わらないという進化、という言葉が似合うと思います。
    過去30年、いつでもライガーはジュニアのトップにいるわけですから。

    ID:3873210 [通報]
    (2017/5/20 19:33)
    0 0
    賛成:0% / 反対:0%

    Loading...


  • 馬場、猪木以上に世界で人気なのがライガー。一昨年アメリカで試合した時の解説で、どれだけリスペクトされているかわかりました。そして今も変わらないわ技のキレと試合内容。今年での卒業宣言は寂しいですが、優勝して殿堂入り…となって欲しい!

    ID:3366220 [通報]
    (2017/5/21 9:22)
    0 0
    賛成:0% / 反対:0%

    Loading...


  • ライガーはたまーに上半身裸で試合するけどすごい身体してる。
    トレーニングもしっかりしてる。
    ヘビー宣言して不思議な力で急に強くなった身体ブヨブヨのプロレスラーモドキの数人とは違う。
    ライガーはプロ。
    公称で95キロ、実際はヘビーかもしれない。
    でもずっとジュニア。
    たまにヘビーの選手とシングルでやってるけどジュニアに誇りを持っているんだろう。
    やれないんじゃなくてあえてやらなかったサーカスプロレス、それでもすごい支持を集めているからずっとトップだった。
    サーカスプロレスをやらないライガーが指示された理由、全レスラーが頭に入れておく必要がある。
    サーカスプロレスに頼ってる人、そのうち飽きられるし万が一飽きられなかったとしてもできなくなったらボロ雑巾のように捨てられるよ。

    ID:3573870 [通報]
    (2017/5/21 21:40)
    0 0
    賛成:0% / 反対:0%

    Loading...


  • あ、「身体ブヨブヨのプロレスラーモドキの数人」はノアのレスラーね。
    特にヘビー転向した小峠の身体が酷すぎる。

    ID:3573870 [通報]
    (2017/5/21 22:26)
    0 0
    賛成:0% / 反対:0%

    Loading...


  • 髪は…

    ID:2103858 [通報]
    (2017/5/22 1:09)
    0 0
    賛成:0% / 反対:0%

    Loading...


  • 長州が別にジュニアだからって飛ばなくてもいいとライガーでデビューしたときに言われたらしい
    スターダストとかシューティングスターとかやってたんだけど急にやらなくなったのはそのせい 結果危険技の応酬で新日ジュニアが輝いてた時だわ
    武藤も言ってたけど今の選手は客の反応がないとビビっちゃって派手な技使っちゃうからグラウドのレスリング技術が乏しいみたい

    ID:2103858 [通報]
    (2017/5/22 1:24)
    0 0
    賛成:0% / 反対:0%

    Loading...


  • ライガーの事はみんな大好きです。これだけファンや関係者、また多くのレスラー達からRESPECTされてるし、ホント、ライガーの事が嫌いな人って居ないんじゃないかな?

    ID:3774225 [通報]
    (2017/5/22 12:37)
    0 0
    賛成:0% / 反対:0%

    Loading...


  • 今年が最後のSUPER Jr.。
    もう、連敗して優勝はなくても意地を見せてくれ!
    ライガーここにありを皆が期待してる!

    少なくともタイチにだけは負けないで。

    ID:3543170 [通報]
    (2017/5/23 20:27)
    0 0
    賛成:0% / 反対:0%

    Loading...


おすすめ記事

新しいコメントを投稿する

 [PCから画像ファイルをアップロード]

関連付けられたタグ

なし
[タグを付ける]

<< 一覧に戻る

プロレスが好きな人はフォロー!
「ぼくらのプロレス」ならではの情報をお届けします。