2017/4/13 21:00

タレント・野沢直子さんの長女、真珠・オークライヤーが参戦 4・16横浜アリーナ大会

閲覧数:1643

まだ評価がありません

 RIZINは4・16横浜アリーナ大会『RIZIN 2017 in YOKOHAMA - SAKURA -』にタレント・野沢直子さんの長女である真珠・オークライヤーが参戦すると発表した。オークライヤーは6歳から空手を始め、昨年から柔術にも取り組み始めた。今年2月にMMAデビュー。現在はバーテンダーとして生計を立てながらRIZINでのプロデビュー戦に向けて修練を積んでいるという。

【真珠・オークライヤー プロフィール】176cm、56.7kg。アメリカ合衆国出身。スコーピオン・ファイティグシム所属。タレント・野沢直子の長女。6歳から空手を始め、16年からは柔術も習い始める。その後、打撃の練習で初めてパンチを顔面に受けた時、あまりの気持ち良さに、プロのMMAファイターになることを決意。今年2月のMMAデビュー戦の対戦相手は当時5勝0敗のラーキン・ダッシュという強敵かつ、契約体重超過という厳しい条件であったが、3-0でデビュー戦を勝利で飾る。この模様はNTV「有吉ゼミスペシャル」でも放送され、瞬間最高視聴率13.3%を記録し話題になった。更に3月に行われたMMA2試合目では、1Rに頭部へのハイキックを決めたものの、頭部への蹴りはオハイオ州のアマチュアの大会では禁止されていたため、公式記録上は反則負けとなった。MMA2戦1勝1敗。高校を飛び級で卒業するなど意外な一面を持つ、現在はバーテンダーとして生計を立てながらRIZINでのプロデビュー戦に向けて猛練習している。

【真珠・オークライヤーのコメント】「こんな私を信じてくれて、機会を与えてくれたRIZINには感謝を仕切れません。日本の総合格闘技がより成長する過程の一部として関われる事が本当に嬉しく、そして今年大勢の日本のファンの前でエキサイティングな試合を見せられる日を待ち遠しく思います。RIZINでは大きな事を達成して、ファンの皆さんと一緒に私の格闘技の道のりを歩んでいけたらと思っています。頑張ります!」


コメント

    まだコメントはありません。

おすすめ記事

新しいコメントを投稿する

 [PCから画像ファイルをアップロード]

関連付けられたタグ

なし
[タグを付ける]

<< 一覧に戻る