2017/2/27 9:55

伝説再び! プロレス、アイドル、プロ柔術に大怪獣モノ! 忍者もやってくる忍者WARS!

閲覧数:2905

伝説再び! プロレス、アイドル、プロ柔術に大怪獣モノ! 忍者もやってくる忍者WARS!
5.0

2016年に茨城で開催され、週刊プロレス選手名鑑号・鈴木秀樹選手の欄にも記されるなど、様々な反響を呼んだ「忍者WARS」の第2弾が3月5日、東京タワースタジオに開催される。

今回も詳細の告知場所が群馬のご当地アイドル群馬CLEARSサイト上であったりするなど、前回同様に謎が謎を呼んでいるが、昨年飯伏幸太選手主演で劇場公開され、その後ケンドー・カシン選手らを巻き込み大暴れする「大怪獣モノ」上陸が予告されるなど、プロレスサイドから見てもカオスな状況となっている。多くの情報がツイッターで出されているので改めてまとめてみよう。

■忍者WARSin東京タワー×シアタープロレス花鳥風月
場所:東京タワースタジオ
●10:00‐ 東京アイドル旋風祭1部(料金2500円)
●13:30‐ プロ柔術花鳥風月(料金2000円)
●15:15‐ 東京アイドル旋風祭2部(料金2500円)
●17:00‐ シアタープロレス花鳥風月(料金5000円‐4000円)

(それぞれ開場時間)

群馬CLEARSによると「1日を通してアイドル、プロ柔術、プロレス、忍者の4つのショーを融合したイベント」とのこと。そもそも「プロ柔術」ってどんなルール!? という疑問も湧くが、サイトを覗くとプロレスラー×アイドルのなんらかの企画も催されるようなので、ここでしか観られない様々なコラボレーションが見られるに違いない。

参加ユニットおよび対戦カードは以下の通り(順不同)。予想されるみどころも綴っていこう。

【アイドル】
■群馬&千葉CLEAR'S&東京CLEAR'S SMILE(オフィシャルサイト
■expiece(オフィシャルサイト
■彩音姫ななせ(オフィシャルサイト
■Anji Airi(オフィシャルサイト
■cutecoolberry(オフィシャルサイト
■WA-Side(オフィシャルサイト
■sparklepinkruby(オフィシャルサイト) ※1部のみ
■ブルートリップ(オフィシャルサイト) ※1部のみ
■こけぴよ(オフィシャルサイト) ※1部のみ
■Li-V-RAVE(ライブレイブ)(オフィシャルサイト) ※2部のみ
■東京CLEAR'S(オフィシャルサイト) ※2部のみ

※みどころ フランチャイズ制を敷くお掃除ユニットCLEAR'Sの3チーム連合はなかなかのレア。1部ではトリも務める。
cutecoolberryは埼玉県旧児玉郡(美里町、神川町、上里町)を拠点とするアイドルグループというなかなかツボ突くローカルユニット。1部のみ出演のブルートリップは町あかりさんから楽曲提供を受ける結成約1年の古くて新しい昭和歌謡ユニット。Anji Airiは2017年1月結成の2人組。WA-Side(ダブルエーサイド)はメンバーそれぞれ受賞歴のある2人組ダンスユニット。彩音姫ななせさんはツイッターが鍵アカウントだ!
カオスな状況を締めるのは、TIF出演歴もある平均年齢それなりにな本家、東京CLEAR'S! そのパフォーマンスに期待しよう!

【プロ柔術】
■スペシャルマッチ 所英男 with西本はるか vs 勝村周一朗 with宮田翔子
■関友紀子 vs 甲斐真由美
■篠宮敏久 vs 武井昭博
■松本崇寿 vs 粟野智則
■岡田剛史 vs 生田堅固
■生田誠 vs 金古一朗

※みどころ なんといっても特別試合、所英男vs勝村周一朗。格闘技入門本の共著もある両者がプロ柔術の中で技術を競う。どんな縁があるのか元パイレーツ西本はるかさんが所選手のセコンドに。対する勝村選手のセコンドにはバファローズガール・宮田翔子さんが就くようだ。セコンド2人は柔術に詳しいのか、そしてルールはどうなるのか!?

メインイベントと思われるのは元祖・試合に多数出場する黒帯柔術家・生田誠選手と全日本選手権4度制覇の金古選手の対戦カード。攻守が目まぐるしく切り替わるテクニカルな攻防はブラジリアン柔術がわからなくても楽しめるに違いない。

生田選手の実兄・堅固選手に、九州柔術界の母の異名を持つ甲斐選手は九州から参戦。それぞれ総合格闘技、プロレスで活躍する帯持ち、岡田剛史選手、関友紀子選手と対戦する。松本崇寿選手は3・25ハードヒットで全日本プロレスのジェイク・リー戦を控えているので、今大会の試合ぶりと比べてみるのもいいかもしれない。

【プロレス】
■シアタープロレス新潟花鳥風月お披露目マッチ
 服部健太&IHタイガーライス、IHホワイトバード vs リアルブラックタイガー&神楽、ブラックHAMATANI
■政宗&山本裕次郎 vs ウルフ・スター☆&ウルフ・スター☆Jr.
■月闘ルール 唐澤志陽&関友紀子 vs 中川達彦&ジェット・イズミ
■月闘ルール 勝村周一朗&岡田剛史 vs 生田誠&篠宮敏久
■査定マッチ 秋山恵 vs 桐原季子(練習生)
■タッグリーグ公式戦 AKIRA&矢郷良明 vs 松本崇寿&瓦井寿也
■タッグリーグ公式戦 鈴木秀樹&ウルトラマンロビン vs 梅沢菊次郎&ジョシュ・オブライエン

※みどころ 年内旗揚げを目指す新潟花鳥風月から新人レスラーのIHタイガーライス&IHホワイトバードが参戦。越後の風を届けられるか。

格闘技寄りのルールで行われる3カウントあり、ポイント制の月闘からは2試合。ハードヒット参戦を控える唐澤選手は負けられらない。勝村&岡田組vs生田&篠宮組はなんでここでやるんだというくらいに修斗vs柔術な好カードだ。

風流人2017からタッグリーグ公式戦も2試合。WNCでタッグを組んでいたAKIRA矢郷組と対するのは花鳥風月一のタッグチーム河童雷神ウォリアーズ(仮)!さらに前回ハッピーを届けた鈴木秀樹&ウルトラマンロビン組は無類の強さと怖さを訴える強敵、梅沢菊次郎&ジョシュ・オブライエンと激突する。

アイドルチケット購入者はプロレスおよびプロ柔術がフリーパス。プロレス、プロ柔術チケット購入者はアイドルライブがフリーになるなどの特典もある模様。問合せ先がアイドル、プロレス、忍者WARSと3つあるので各々問い合わせたりしてみよう!

会場名も東京タワースタジオとSTAR RISE TOWERの2つが見られるが、旧東京タワースタジオ、現東京タワーメディアセンター内に入居するスタジオ管理のテナントが「STAR RISE TOWER」。建物自体は今も「東京タワースタジオ」の文字があるので、わかりにくいのはディフォルトだ。光の戦士は大怪獣と邂逅するのか。果たしてその時アイドルたちは。とにかく5日は東京タワーを目指し、タワー内ではなく駐車場そばに立つテレビスタジオへレッツゴーだ! 

【関連】
3/5 アイドル旋風祭✕忍者WARSin東京タワースタジオ | 群馬CLEARS公式ホームページ
忍者WARS公式サイト

この記事を書いたライター: 漁師JJ

コメント

    まだコメントはありません。

おすすめ記事

新しいコメントを投稿する

 [PCから画像ファイルをアップロード]

関連付けられたタグ

 忍者WARS  大怪獣モノ  花鳥風月
[タグを付ける]

<< 一覧に戻る

プロレスが好きな人はフォロー!
「ぼくらのプロレス」ならではの情報をお届けします。