2017/2/15 10:11

オフィシャルサイトで発表されないリアリティ。内藤哲也のNEW JAPAN CUP改革案を考える

閲覧数:4505

オフィシャルサイトで発表されないリアリティ。内藤哲也のNEW JAPAN CUP改革案を考える
4.8
最新のコメントに移動

2017年2月11日、エディオンアリーナ大阪大会で挑戦者のマイケル・エルガンを激闘の末に下し、IWGPインターコンチネンタル王座を防衛した内藤哲也。
その試合後に発せられたコメントの内容に、新日本プロレスワールドの解説席に座っていた外道は、「そのままの意味には受け取れないね」と感想を求められて言葉を濁した。

内藤哲也から発せられたのは、「IWGPインターコンチネンタル王者としてNEW JAPAN CUPに出場する」というもの。
NEW JAPAN CUPは「春の最強決定戦」、「春のG1」という通称がつけられているものの、時のIWGPヘビー級王者は不参加。
2014年からはIWGPインターコンチネンタル王者が、2015年以降はNEVER無差別級王者も不参加となっている。
「3人のシングル王者不在のトーナメントを面白くするために自分は参戦する」という意味にも聞こえるコメントに、他の王者には無いオリジナリティを示すしたたかさと、ファンを大切にしたいという思いが感じられた。
この発言は新日本プロレスのオフィシャルサイトでも試合後のコメントとしてしっかり掲載されている。

だが、内藤哲也の投下した第2の爆弾、NEW JAPAN CUP改革案を一番に報じたのは、東京スポーツやYahoo!ニュースであり、新日本プロレスオフィシャルサイトに掲載されていない。
ビッグマッチ後の定番となっている一夜明け、または二夜明け会見がなく、レストランでの囲み取材でぶち上げられたせいかもしれないが、内藤哲也が新日本プロレスのコントロール下に無いのだという妙なリアリティを感じさせた。

内藤哲也の出した改革案とは、NEW JAPAN CUPを3つのトーナメントに分散し、IWGPヘビー級王座、IWGPインターコンチネンタル王座、NEVER無差別級王座の内、自身が巻きたいベルトの挑戦権が賞品となったトーナメントにエントリーするという内容であった。

ここで少しだけ、新日本プロレスがNEW JAPAN CUPというシリーズの開催を決めた背景を考えてみたい。
プロレス団体には年間を通して強い季節、弱い季節というものが存在する。
ここでの強い、弱いというのは団体としての求心力や発信力と考えてもらえるとわかりやすい。
例えば新日本プロレスであれば、1.4東京ドームが行われる年始とG1 CLIMAXの開催される夏は非常に強い季節であり、複数回に渡りテコ入れを行ってきた冬のタッグリーグ戦の季節は少し弱い季節となる。
また、プロレスリング・ノアと分裂以前の全日本プロレスであれば、チャンピオンカーニバルが開催される春と世界最強タッグリーグ戦の開催される冬が強い季節であった。

2005年に第1回NEW JAPAN CUPの開催が決定した時、新日本プロレスは1.4東京ドームとベスト・オブ・ザ・スーパージュニアの境目である春に、強い求心力を持つシリーズを作りたかったのだと思う。
上記の通りNEW JAPAN CUPに「春の最強決定戦」、「春のG1」という通称があるのは、夏に行なわれるG1 CLIMAXと同じ価値を持つシリーズにしたかったのだろう。
だが、通算12回目となる今年のNEW JAPAN CUPは未だに年間最大のドル箱シリーズであるG1 CLIMAXに手が届かない。

NEW JAPAN CUPが実質的にシングル3大王座いずれかへの挑戦権争奪戦と化しているなら、春の最強決定戦という看板を捨て、挑戦権争奪戦という方向に思い切ってベクトルを合わせてみたらどうか。
内藤哲也の言葉はそんな意味を持っているように感じられた。

筆者はこの提案を支持したいと思う。
もしNEW JAPAN CUPを本当にG1に並ぶ価値を持つシリーズに成長させたいのであれば、3大シングル王者の参加はもちろん、優勝賞金の増額、両国国技館規模の会場で決勝戦を行う必要があるのではないか。
そして無理をしてまで毛色の似通ったシリーズを開催する必要性に疑問を持たされたからだ。

もちろんトーナメントを3つに分割すれば1つ1つのトーナメントは規模が小さくなる。
また、3つのトーナメントを同時に進行すれば、どのトーナメントに誰が参戦しているのか、ファンに分かりづらくなるだろう。
しかしこれはG1 CLIMAXでも日毎にブロックごとの公式戦を行うことで、選手の立ち位置を明確にしているから、トーナメントごとに日程を分けることによって解消されるのかもしれない。
さらに各トーナメント戦の優勝者の挑戦がいつになるのかも問題だ。
現在の新日本プロレスは1.4東京ドーム大会を除いて、IWGPヘビー級選手権とIWGPインターコンチネンタル選手権を同日開催することを意図的に避けている。
これは、この2つのベルトをめぐる戦いがそれぞれビッグマッチの柱になると確信しているからだと思う。
優勝した選手としても旬のうちに選手権試合を行いたいと考えることを鑑みると、4月以降のビッグマッチは少し慌しくなる可能性もある。

だが、筆者はそれらのデメリットよりも、どの選手がどのベルトに興味を示し、狙っているのかが明確になることに非常に魅力を感じるのである。
例えば2017年2月11日、エディオンアリーナ大阪大会でドラゴン・リーを相手にIWGPジュニアヘビー級王座を防衛した高橋ヒロムの前に、タグチジャパンの監督である田口隆祐が姿を現した。
2014年に第69代IWGPジュニアヘビー級王者となった田口隆祐は、2015年の1.4東京ドーム大会でケニー・オメガに敗戦。
以降、シングル王座には興味を示さず我が道を行くとばかりにヒップアタックとコメントに磨きをかけ、ベルトをめぐる戦いとは違う路線でファンを楽しませるプロレスラーとしての存在感を示してきた。

ベルトへの挑戦表明を行うまで、どの選手がどの王座に興味を示しているのか、また選手同士がどのような感情を抱いているのか、試合を通してだけでは見えてこない部分は多い。
だから、1年に1度それを明確にするというのは面白い試みだと思う。

例えばNEW JAPAN CUP開催前に、2017年の1月3日に行われたプロレス祭りのようなイベントを開催し、NEW JAPAN CUPの出場選手を発表する。
そしてファンの前でどの王座への挑戦権を賞品としたトーナメントにエントリーするか公表して、3つのトーナメント戦の組み合わせを抽選で決定する。

想像してほしい。
例えばSANADAやEVILがIWGPインターコンチネンタル王座への挑戦権を賭けたトーナメントにエントリーを表明した時の内藤哲也の表情を。
きっと不敵に笑って見せる顔にファンは歓声を上げると思う。

また、トーナメントへの参加人数が3大王座の中でより魅力のあるベルトであることを可視化する。
もしもIWGPヘビー級王座への挑戦権を争うトーナメントより、IWGPインターコンチネンタル王座への挑戦権を争うトーナメントへの参加希望者が多かったとしたら。
基本的に交わってこなかった、IWGPヘビー級王者とIWGPインターコンチネンタル王者同士のストーリーが始まるかもしれない。
実は2014年、当時もIWGPヘビー級王者であったオカダ・カズチカはNEW JAPAN CUP後に悔しい表情を滲ませていた。
2014年のNEW JAPAN CUPで優勝した中邑真輔は、オカダ・カズチカが保持していたIWGPヘビー級王座と、棚橋弘至が保持していたIWGPインターコンチネンタル王座、どちらかに挑戦できるという選択肢を得た際、IWGPインターコンチネンタル王座への挑戦を表明。
中邑真輔は2014年の1.4東京ドーム大会で棚橋弘至に同王座を奪われており、そのリベンジを狙ったという背景もあった。
だが、オカダ・カズチカは悔しさを隠さなかった。
「中邑さんには自分を選んでほしかった」
こちらも同年の1.4東京ドームのメインイベントをファン投票の末、中邑真輔vs棚橋弘至というカードに奪われているのだから当然かもしれない。
同じユニットで尊敬する先輩。そんな中邑真輔にフラれた格好となったオカダ・カズチカのコメントには普段感じられない人間性が溢れていた。

こうしたドラマがあるからプロレスは単なる競技という枠にも、エンターテイメントという枠にも収まらない。
内藤哲也の新しい価値観は、NEW JAPAN CUPを春の一大イベントに化けさせる可能性を秘めている。

この記事を書いたライター: シンタロー

コメント

最新のコメントに移動
  • これは賛否両論ですね。
    僕は、今の形式のカップ戦で、変えても予選ありくらいで十分かなと。

    ID:812289 [通報]
    (2017/2/15 11:55)
    0 0
    賛成:0% / 反対:0%

    Loading...


  • 記事で言われてる通り、3ベルトを同等に見ようとしてる思惑を感じる。IWGPが一番と内藤自身がしつこく言っているし、本当に一番ならIWGP挑戦トーナメントで良い訳で。
    まずはベルトを同じ価値に持って行き、その上でICの方が魅力的じゃんという流れに持って行きたいのかな?取らずしてIWGPを超えようとしてるのか、ICを持ちながらIWGPを取る道筋を作りたいのか。
    まあ会社はそう動いてくれないだろうから絵空事だろうけど、裏を読む楽しみを提供してくれてありがとうって感じだわw

    ID:2132844 [通報]
    (2017/2/15 12:41)
    0 0
    賛成:0% / 反対:0%

    Loading...


  • 確かにニュージャパンカップは盛り上がりに欠けていた。理由は一番を決める大会ではないから。一番の挑戦者を決める大会だったから。
    ならそっちに振り切るのはありだと思う。誰が誰に挑戦してどのベルトを狙うのか。
    例えば棚橋は今どう考えてるのか?柴田は?ケニーは?ヨシハシは?
    なかなかG1には勝てないから違う価値観で決めてくのは面白いと思う。
    ファンも脈絡があって必然性のある試合を見たいですから。

    ID:2984570 [通報]
    (2017/2/15 13:24)
    0 0
    賛成:0% / 反対:0%

    Loading...


  • neverはやっぱり若手を中心にどんどん回してほしいベルトと思ってるから,ニュージャパンカップで優勝して挑戦!とかあまり敷居は高くしないでほしい。だからニュージャパンカップはIWGPヘビーかICのどちらかにしてさらにこの二つでトーナメントを分けたらどうだろう?G1で交互にやるように、ニュージャパンカップもそうしていけば盛り上がるかも。そして優勝者(ヘビー、IC)は春の両国と福岡どんたくでタイトルマッチを分けるというのは?一年ごとにタイトルマッチの順番を変える。1年目両国ヘビー どんたくIC 2年目両国IC どんたくヘビー 賛否両論は結構あるとは思いますけど笑

    ID:2091160 [通報]
    (2017/2/15 19:25)
    0 0
    賛成:0% / 反対:0%

    Loading...


  • 私は3つのトーナメント、賛成です。決勝が3つあったら、盛り上がるでしょ。それにベルトの特性がある訳で、狙う選手が分かれるのもアリだと思います。これだけ、ユニットやら何やらある訳だし。ひと月楽しめる。で、内藤はIWGPヘビーのトーナメントに参加すればいい。

    ID:2900628 [通報]
    (2017/2/15 22:37)
    0 0
    賛成:0% / 反対:0%

    Loading...


  • トーナメントを分ける考えには反対です。
    「IWGPを狙わないプロレスラーはリングを去るべき」ってたしか誰かが言ってたけど、トーナメントを3つに分けたとしてIWGP以外の山に入ったレスラーは「新日の頂点に立つ気はないのか!?」と思われても仕方ないのでは?
    その例外はIC王座に強いこだわりを持つ中邑(いないけど)か現IC王者の内藤に遺恨のあるエルガンくらいでしょう。
    そもそもICはともかくNEVERはわざわざトーナメント組むほど格式高いベルトではないし。

    全員のトーナメントを勝ち抜いて、あえてNEVERを指名することには意味があると思いますが。(NEVERにかつてのIWGPを見たと言った永田がNEVERを自分の色のベルトにするというような)

    ニュージャパンカップの魅力は、勝ち上がるごとに仕立て上がるドラマが生まれることではないでしょうか。
    昨年では2月にIWGPを逃した後藤が失意から這い上がり再びIWGP挑戦へのチャンスを得たことや、内藤がYOSHI-HASHIを皮切りにCHAOS勢を次々と破り4月の両国でIWGP奪取まで駆け上ったこと。
    これは2016年の上半期の重要な起点であったことは疑いようもありません。

    ただの挑戦者決定トーナメントという見方もできますが、それで頂点に立つことができた内藤がそれを言うか!!?というのが正直な気持ちです。

    トーナメントを盛り上げるなら出場者を増やして32人でやればいい。
    ROH勢やジュニアの選手も混ぜれば実現可能でしょう。

    ID:2475208 [通報]
    (2017/2/15 23:36)
    0 0
    賛成:0% / 反対:0%

    Loading...


  • 去年あれだけのムーブメントを起こしたのにそれに奢らず、むしろただのブームで終わらせないために今でも新たな波を作り出そうとする姿勢は本当に天晴れだと思います。

    ID:2988292 [通報]
    (2017/2/15 23:36)
    0 0
    賛成:0% / 反対:0%

    Loading...


  • NJCってもう12回目になるのか…
    私はトーナメント自体反対ですね。他競技のような「負けたら終わり」の緊張感が出ないというか、プロレスがトーナメント戦に合ってない気がして。やるとしたら(興行にならないですが)人数絞って1dayトーナメントかな。
    じゃあどうすればいいのかと言われると、難しいですね。。。上にも書かれていますけど、結局は開催形態ではなく、蝶野のG1優勝みたいなドラマがNJCに無いのが問題なんですよね。

    ID:9644 [通報]
    (2017/2/16 0:45)
    0 0
    賛成:0% / 反対:0%

    Loading...


  • こうやってワイワイガヤガヤ言ってる時間が至福の物で「内藤の掌」なんでしょうね。

    あえて乗っかると、私は3つのトーナメントは反対です。盛り上がりがばらけてしまうと思うし、山の小さいトーナメントに逃げて楽したとも言われてしまいます。
    ちょっと工夫するなら「俺は**のベルトに挑戦する」って宣言してからエントリーするのはどうでしょう?3つのベルトへの挑戦を望む者が一堂に会するトーナメント・・って格好良くないデスかw

    ID:163768 [通報]
    (2017/2/16 0:54)
    0 0
    賛成:0% / 反対:0%

    Loading...


  • これまた内藤にしてやられた!
    脱帽です。

    ここのコメントの案より
    内藤案の方が想像の隙間もあって一番面白い。


    ID:940498 [通報]
    (2017/2/16 9:48)
    0 0
    賛成:0% / 反対:0%

    Loading...


  • G1はヘビーのトップクラス専用の大会にして、NJCは中堅ベテラン、ジュニアにも参加資格与えて、
    G1とは逆に、トーナメントで8人くらいに絞ってから総当たり戦にすれば?

    ID:2991499 [通報]
    (2017/2/16 11:23)
    0 0
    賛成:0% / 反対:0%

    Loading...


  • 確かに魅力的だけど
    3つにバランスよく分かれるかな?
    少ないのもチャンピオンが可哀想だし…
    いい案だと思うけどね

    ID:741660 [通報]
    (2017/2/16 11:49)
    0 0
    賛成:0% / 反対:0%

    Loading...


  • IWGPヘビー至上主義の内藤的にはバランス悪くてもいい、むしろ悪くなるべきという考えでしょうね。
    自分がどのベルトの挑戦権を得たいかって意思表明でICやNEVERを選んだら、逆説的にIWGPヘビーは要らないということでもあって、その選手は内藤的に「新日本にいる意味がない」わけですから。
    未だにICとNEVERの存在意義がわからない自分としては、内藤案を支持します。

    ID:4745 [通報]
    (2017/2/16 12:26)
    0 0
    賛成:0% / 反対:0%

    Loading...


  • もっとこの提案にプロレスラーが噛み付くべきかと。そうすれば成功するんじゃないのかなと思います。
    過去にオカダがG1を2部制にして下部リーグを勝った選手がG1本選出場というプランを打ち上げました。当時は史上最大規模のとか空前絶後とか言われてて。
    でも実現しなかった。それは誰のせいでもなくそこまでの大会を行う具体案をオカダしか考えてなかった事、G1という国内最大のプロレスリーグ戦を下手に改変できなかった事が挙げられると思います。

    でも今回はこれほどまで多くのファンを巻き込んで『掌の上』に乗せている内藤の提案。今ノリに乗っていて『神ってる』男、内藤哲也の提案。私は内藤哲也のことは好きではありませんが、この提案は面白い提案だと思います。

    選手たちが食い付くのであれば改定するのもアリかと思います。海外へ飛び出すG1があるならば、NJCもベルトの価値に見合った人数でのトーナメント戦もアリだと思います。

    ID:1075471 [通報]
    (2017/2/16 14:27)
    0 0
    賛成:0% / 反対:0%

    Loading...


  • ベルトの挑戦権なんてやめて、トーナメントで最強を決め大会にすればいい。
    若手、ジュニアも含めて新日参戦選手をエントリー。
    その方が滅多に見られないカードが実現するし面白そう。オカダvs岡とか、数年後にもストーリーが繋がると思うし。
    ベスト8に入ったらG1出場権与えるとか。
    当然、チャンピオンが負ければベルトをかけて再戦など、いろいろ展開が生まれそう。

    ID:357034 [通報]
    (2017/2/16 18:03)
    0 0
    賛成:0% / 反対:0%

    Loading...


  • 現状G1ってヘビーしか出れない状況なので、差別化する為にも、NJCはもっとオープン化するべきだと思うんだよねえ、現時点でNEVERが選択できるわけだからjrも参加できなければおかしいし、無差別級のトーナメントがあってもいいと思う。
    ほかの人も書いてるけど、32人エントリーのトーナメントも可能だと思うそれぐらいの選手層はあるんだから。
    チャンピオン不参加とはいえ16人参加って実際G1より狭き門やん。

    ID:2840291 [通報]
    (2017/2/18 10:13)
    0 0
    賛成:0% / 反対:0%

    Loading...


  • そもそも各ベルトへの挑戦権って、どうやったら得られるのかがよくわからない。だから試行錯誤してるわけだけど、もっとそれぞれのベルトへの挑戦を自由にアピールできたら良かったのになと、いつも思います。挑戦したい人が被ったらシングルで勝った方にとかでも良いし。

    ベルトは欲しいけど機会を伺っているとか、タイミングを図っているとか言われてもピンと来ないし(笑)

    そういう雑な感じもまたプロレス的で面白くもあるんだけど、やっぱり普段やらないトーナメントをするんだから、トーナメントして一位を決めるっていう形式の面白さを変な理屈で損なうのは非生産的な気もする。じゃあトーナメントしなくていいじゃんみたいな。

    ID:1144401 [通報]
    (2017/2/18 10:40)
    0 0
    賛成:0% / 反対:0%

    Loading...


  • 内藤まさかの重役候補なのか?

    ID:2804232 [通報]
    (2017/2/20 5:48)
    0 0
    賛成:0% / 反対:0%

    Loading...


  • 何と…この内藤発言を
    新日本完全スルーとは。

    ガッカリだー。

    ID:940498 [通報]
    (2017/3/2 8:52)
    0 0
    賛成:0% / 反対:0%

    Loading...


  • このサイトのニュースランキングすら
    新日に情報操作されてるんじゃないのか!?

    この記事一気に圏外になってるよ!!!

    ID:940498 [通報]
    (2017/3/3 4:28)
    0 0
    賛成:0% / 反対:0%

    Loading...


おすすめ記事

新しいコメントを投稿する

 [PCから画像ファイルをアップロード]

関連付けられたタグ

なし
[タグを付ける]

<< 一覧に戻る

プロレスが好きな人はフォロー!
「ぼくらのプロレス」ならではの情報をお届けします。