TOPICS トピックス

大仁田がカシンに全日マットでの電流爆破シングル戦を提案

掲載日:2017/01/09 22:00 閲覧数:184

まだ評価がありません

 第100代アジアタッグ王者・大仁田厚が、因縁浅からぬケンドー・カシンに全日マットでの電流爆破での一騎打ちを提案した。

 大仁田は9日、K-DOJOの千葉・Blue Field大会に出場。「稲松三郎引退ロード」で戸井克成と組み、TAKAみちのく&稲松と電流爆破バットタッグデスマッチで激突した。この一戦は2・5千葉で引退する稲松が「大仁田選手と対戦したい」と要望し、それを大仁田が快諾して実現したもの。

 爆破バットは3本設置され、1発目は大仁田が、2発目はTAKAが被爆。その後、一進一退の攻防が続き、大仁田の毒霧が戸井を誤爆。視界を奪われた戸井めがけて、稲松が渾身の爆破バット攻撃を叩き込み、3カウントを奪取(12分41秒、片エビ固め)。見事、自身の勝利で「引退ロード」に花を添えた。

 試合後、大仁田は「負けたけど、しょうがない。最後は入魂の一撃だった。今日は三郎の気合い勝ち」と初の爆破マッチながら勇猛果敢に闘った稲松を称えた。

 さらに、大仁田は全日本1・3後楽園で、「次はオレが(井上)雅央と組んで、アジアタッグに挑戦する」とアピールしたカシンに対して言及。「カシンよ、そんなにオレとやりたいなら、全日本のリングでオマエを爆破させてやる。パートナーの渕(正信)さんの(爆破マッチをやる)決断が遅れれば、カシンとシングルでやってやる。渕さんは特別レフェリーをやればいい。レフェリーとして見てから、爆破マッチをやるかどうか判断してくれ。若手の頃にはオレも渕さんも(ハル)薗田もレフェリーを経験してるからできるだろ。王道もすべてを飲み込むぐらいじゃないと…」と提案した。

 大仁田は昨年8・26ディファ有明でのファイヤープロレス旗揚げ戦での有刺鉄線ボード8人タッグデスマッチでカシンと対戦。1・2後楽園での秋山準&井上とのアジアタッグ初防衛戦では、秋山組の“人間凶器"としてカシンが投入され、両者の遺恨は深まった。大仁田の提案に対し、カシン、全日本がどのような反応を示すか。


コメント

    まだコメントはありません。

■おすすめ記事

新しいコメントを投稿する

 [PCから画像ファイルをアップロード]

関連付けられたタグ

なし
[タグを付ける]

<< 一覧に戻る

プロレスが好きな人はフォロー!
「ぼくらのプロレス」ならではの情報をお届けします。

ニュースランキング

スレッドランキング