2017/1/6 9:48

MMAは他の格闘技の上位種にあらず。それでも幻想ではないジャンルとしての成長速度

閲覧数:1322

MMAは他の格闘技の上位種にあらず。それでも幻想ではないジャンルとしての成長速度
3.1
最新のコメントに移動

日本ではプロレスから派生して産声を上げ、一度は親殺しを果たしかけた総合格闘技。
アメリカではグレイシー柔術の動画を見た広告代理店の役員が、ほとんどルールが制定されていない狀態でUFCを立ち上げ、競技として成立させるためにルールを肉付けし、MMAはメジャースポーツとなる位置まで地位を上げることができた。

筆者がプロレスファンになった当初、修斗、パンクラス、リングスの存在は知っていたがプロレスをメインでひいきにしていたため、そういう競技もあるんだなという程度の認識しかなく、総合格闘技というジャンルにしっかりと興味を持ったのはPRIDEからだった。
そういう意味では修斗やパウンドが解禁されたばかりのリングスを見ていたファンと比べて、若いファンとなるのかもしれない。

そんな筆者でも疑問に思うことがあった。果たしてMMAというジャンルはボクシングやキックボクシング、柔術等の格闘技の上位種なのかということ。
そしてMMAのルールが世界最強を決めるのに相応しいルールなのか、ということだ。

パンチが放てるからボクサーも力を発揮出来る。
キックが放てるからキックボクサーや空手家が力を発揮出来る。
投げ技、関節技が許されているから柔道家、柔術家、アマチュアレスリングの選手が力を発揮出来る。

あらゆる格闘技の選手が有利不利無く実力を発揮出来るルールだから世界最強を決めるのに相応しいルールで、ボクシングやキック、柔術等よりも上位にあるジャンルだ、そういう見方もできるだろう。

だが、本当にそうだろうか。

上記のようにMMAは全ての格闘技の要素を含んでいる、という意見がある。
だが、物は言いようで要素を含んでいるだけであって全ての格闘技を内包できているわけではない。
様々な格闘技の要素をつまみ食いしてルール化したという言い方もできるのだ。
全ての格闘技の選手が平等に誰が一番強いのかを決められると言うのなら、なぜMMAにはボクシングやキックボクシングの10カウントが無いのか。
なぜ柔道でいうところの一本という勝ち方が無いのか。
なぜアマレスの両肩を1秒以上マットに押さえつけるという勝ち方が無いのか。
結局のところ、全ての格闘技のルールを取り入れたのでは競技として成立しないから、現在のルールに落ち着いたというのが正直なところだと思う。

MMAのルールが世界最強を決めるのに相応しいというのは、言葉としてはもっともらしく聞こえる。
だが、誰もそれを証明していない以上、言ったもの勝ちであるという見方になってしまう。
かつてアントニオ猪木はプロレスこそ最強の格闘技である、という幻想を示してスターダムにのし上がった。
MMAもまた、MMAルールこそが世界最強を決めるのに相応しいルールである、という幻想の上に成り立っている競技なのである。

そう考えると、MMAは決してボクシングやキックボクシング、柔術の上位種ではない。
それらと並ぶ格闘技のジャンルの1つなのだという結論にたどり着く。

しかし、MMAが他の競技の上位種でないからといって、競技としての面白さが減退してしまうわけではない。
ボクシングやキックボクシング、柔術に比べてしまうと、MMAは非常に歴史の浅いジャンルだ。
修斗がプロ化されたのが1989年、リングスの設立が1991年、パンクラスとUFCの設立が1993年であることから、プロ格闘技としての歴史は30年に満たないのである。
であるにも関わらず、アメリカでは大衆娯楽の仲間入りを果たしており、日本では一度反社会的勢力との繋がりが露見したことでPRIDEが崩壊し、MMAは一般社会から離れたミニマムな世界となったが、RIZINが立ち上げられたことで国内でも大衆娯楽への帰還を狙い始められる機運が高まりつつある。

MMAという競技の本当の凄さはルールではなく、ジャンルとしての成長速度にあるのではないだろうか。

この記事を書いたライター: シンタロー

コメント

最新のコメントに移動
  • プロレス以外の記事出すなや。

    ID:2661536 [通報]
    (2017/1/6 12:52)
    0 0
    賛成:0% / 反対:0%

    Loading...


  • あれもこれも、世の中のものは全てプロレスだよ。

    ID:2529769 [通報]
    (2017/1/6 14:29)
    0 0
    賛成:0% / 反対:0%

    Loading...


  • 幼少時からのプロレスファン。
    格闘技(UWF~PRIDE)辺りを観ていた時もあった。
    でもやっぱりプロレスが一番好きだ。
    NO!NO!と許しを請うリック・フレアーの素晴らしさは
    格闘技に幻想を抱いている人には一生理解できないだろう。
    矢野通のズル賢さも、鈴木みのるのヤバさも説明できるもんじゃない。
    ビッグマイクことエルガンの底知れぬ怪力にどよめき、
    痩せっぽちのチーズバーガーにみんな笑顔で声援を送る。
    プロレス最高!

    ID:2545115 [通報]
    (2017/1/6 17:20)
    0 0
    賛成:0% / 反対:0%

    Loading...


  • 90年代からの総合ファンですが、無礼を承知で反論します!
    フルコン空手は大山倍達、キックは沢村忠、プロレスは力道山が一気にブームを作ったことを考えると、成長速度が他競技より優れているとは思えません。浸透してそうなアメリカですら一部の州では大会を開催できない現状ですし。今のルールに「落ち着いた」というのもちょっと。UFCにRIZIN、修斗パンクラスZSTなどなど、微妙とはいえ全部ルール違うんですよ。。。
    MMAはまだまだ成長期。競技自体の面白さもそうですが、混沌の中で新たな格闘競技が成熟していく様子もまた魅力の一つです。

    ID:9644 [通報]
    (2017/1/7 0:42)
    0 0
    賛成:0% / 反対:0%

    Loading...


  • 格闘技が悪いわけじゃないんだけど、ここは「ぼくらのプロレス」だからね。
    「ぼくらの格闘技」じゃないから。

    ID:2666023 [通報]
    (2017/1/7 2:15)
    0 0
    賛成:0% / 反対:0%

    Loading...


  • なんでもありが上位概念なら、金網はもちろん、有刺鉄線、電流爆破、蛍光灯も剃刀マッチもありのプロレスが最上位だね。

    ID:1269242 [通報]
    (2017/1/10 11:59)
    0 0
    賛成:0% / 反対:0%

    Loading...


おすすめ記事

新しいコメントを投稿する

 [PCから画像ファイルをアップロード]

関連付けられたタグ

なし
[タグを付ける]

<< 一覧に戻る

プロレスが好きな人はフォロー!
「ぼくらのプロレス」ならではの情報をお届けします。