2017/1/4 2:13

WRESTLE KINGDOM 11のスペシャルアンバサダー 安田顕さんはこんな人。決して“とってつけ”のゲストではないのだ

閲覧数:3177

5.0
最新のコメントに移動

1.4東京ドームで行われる新日本プロレスのWRESTLE KINGDOM 11のスペシャルアンバサダーに、俳優の安田顕さんが就任した。また、ゲストとして放送席に座るだけではなく、ツイッター上ではセミファイナルで行われるIWGPインターコンチネンタル選手権でのリングアナウンサーも務めることになったことが本人により呟かれている。

かつて新日本プロレスの東京ドーム大会にゲストとして芸能人が呼ばれることがあったが、ほとんどの場合、プロレスに興味を持っていない女性アイドルが多かった。
これはアイドルのファンが視聴率に貢献してくれること、アイドルのリアクションに初見の視聴者が共感を抱いてくれることを狙っていたのだと思うが、プロレスファンからは、プロレスに興味の無い芸能人が仕事として解説席に座っているという見方をされ、評判は芳しくないように思えた。

今回スペシャルアンバサダーを務める安田顕さんは全国的には俳優としての知名度が高い。
テレビ朝日、日本テレビ、フジテレビ、TBSと東京キー局が製作した全てのドラマに出演経験があり、NHKでは大河ドラマ、朝の連続テレビ小説にも出演しているのだから、人気俳優という肩書きにも納得がいってしまう。
だが、北海道のローカルバラエティー番組『水曜どうでしょう』のファンからすると、俳優としての顔は安田顕さんの中の一つの顔であるという印象が強い。

リンクした動画は『水曜どうでしょう』で、原付バイクで東京から札幌まで帰宅するという企画の前枠と後枠をまとめた動画となる。東日本縦断ラリーと名づけられた企画だったため、1本目ではスタン・ハンセンに扮した俳優の大泉洋さんが細腕でラリアットを放つ姿を見ることができる。
この時、ラリアットを受けているのが『水曜どうでしょう』を放送していた北海道テレビのマスコットonちゃん。
このonちゃんの中身こそ安田顕さんなのである。
そして3本目では安田顕さんが往年の名レスラー、デストロイヤーとなり、4本目ではミル・マスカラスへと変身する。
突然北海道テレビの車庫に現れたミル・マスカラスの動きに注目していただきたい。
登場した際の立ち姿、フライングクロスチョップ、ボディアタックに至るまで、プロレスファンでなければ有り得ない再現度となっている。
放送当時は残念ながら女性の視聴者から「何をしているのか意味がわからない」という評価を受けてしまったが、北海道のプロレスファンはこの安田顕さんの動きを大絶賛していたのである。

きっと安田顕さんは解説席のゲストとしても、リングアナウンサーとしても、きっちりと仕事をこなしてくれると思う。
そこにはただ仕事としてプロレスに関わる芸能人の姿ではなく、プロレスを好きな気持ちだけが子供のまま大人になってしまった、プロレスファンの姿を見ることができるはずだ。

この記事が1.4東京ドーム大会を観戦する時の楽しみが1つ増えてくれれば、嬉しい限りである。

この記事を書いたライター: シンタロー

コメント

最新のコメントに移動
  • 昔のどうでしょうやレギュラーのラジオ番組で、安田顕のプロレス好きはよくネタになってました。楽屋オチ的な扱いでしたが、毎月プロレス雑誌を買っている大ファンなんですよね。

    ID:2634641 [通報]
    (2017/1/4 14:15)
    0 0
    賛成:0% / 反対:0%

    Loading...


おすすめ記事

新しいコメントを投稿する

 [PCから画像ファイルをアップロード]

関連付けられたタグ

なし
[タグを付ける]

<< 一覧に戻る

プロレスが好きな人はフォロー!
「ぼくらのプロレス」ならではの情報をお届けします。