2016/10/26 9:51

ピンクリボンが津市まで繋がった「ピンクリボン×プチ武骨」~乳ガン検診に行きましょう~その1

閲覧数:1510

ピンクリボンが津市まで繋がった「ピンクリボン×プチ武骨」~乳ガン検診に行きましょう~その1
5.0

10・23三重県津市で、HARU。さんによる大会「ピンクリボン×プチ武骨~乳ガン検診に行きましょう~」が開催されました。「プロレスリング武骨」と、ピンクリボン運動をコラボレーションした大会になります。

10月はピンクリボン運動強化月間。新一宮プロレスの愛知県での大会、岐阜県の笠松競馬場での大会。そして「ピンクリボン×プチ武骨」で愛知~岐阜~三重と運動が繋がりました!

会場は検診を勧めるノボリやポスターがたくさんで、ピンク色が多い女性らしい雰囲気です。新一宮プロレスを運営しているNPO法人バボナターレの「国境なきピザ団」による、無償のピザ試食会もありました。

HARU。さんによる、大会開始の挨拶の後、早速試合です。

■第1試合(15分1本勝負)
AK VS 伊禮タケシ
伊禮選手はパワータイプな印象ですね。上手く反則を交える攻撃で、伊禮選手優勢にじっくり進む。徐々に反撃に転じるAK選手、身のこなしが軽い。ここから双方大技が増え始め、2カウントの取り合いに攻防も盛り上がっていきます。AK選手が宙を舞って勝利。

■第1試合(15分1本勝負)
AK ○(8分10秒 カミカゼムーンサルト→体固め)×伊禮タケシ

ここで一息「ちびっ子リング体験」です。幼児~中学生位までの子達、最初はおそるおそるリングに上がるも、ピョンピョン跳ねたり遊んだり楽しそう!
「未来の女子レスラーがいっぱいだ~!!」
と、仕切るHARU。さんの明るく優しい雰囲気が、リングの周囲を和やかにします。リング体験の後は、第二試合へ。

■第2試合(30分1本勝負)
ライジング☆KID×・サザンクロス2号組VS柴山貴哉・藤澤忠伸組
ライジング&サザン組はマスクマン、華やかです。柴山&藤澤組は早速場外で大暴れ!盾にされるお客さんもいたり、観客も巻き込まれ楽しいですよ。

再びリング、チームワークと身軽さで猛攻するマスクマン組、やはりキャリアとパワーの柴山&藤澤組が押し気味に。藤沢選手の絶妙な反則や柴山選手のパワフルさ、マスクマン組のチームワークが絡み合い、試合も観客も盛り上がっていく。結果は柴山&藤澤組勝利。

■ライジング☆KID×・サザンクロス2号組(12分00秒 ロックオン・タイム→体固め)○柴山貴哉・藤澤忠伸組

いよいよメイン戦、色々と考えた後半戦に続く!
画像はこちらです(^.^)→http://ameblo.jp/eichiyuko/entry-12212587580.html

この記事を書いたライター: 高井 ゆう子

コメント

    まだコメントはありません。

おすすめ記事

新しいコメントを投稿する

 [PCから画像ファイルをアップロード]

関連付けられたタグ

なし
[タグを付ける]

<< 一覧に戻る