2016/10/20 9:53

一宮市VS旧尾西市!?新一宮プロレス開明大会~Judgment Sunday 2016~

閲覧数:6344

一宮市VS旧尾西市!?新一宮プロレス開明大会~Judgment Sunday 2016~
4.2
最新のコメントに移動

■第三試合
柴山 貴哉&235 VS 宇宙警察起交番所属・宇宙刑事ビサイヤー&ayaka

今回の宇宙刑事ビサイヤーは、旧尾西市の「起」交番所属、パートナーのAyaka選手は婦人警官です。この試合は新一宮には珍しいベビー同志の対決。基本的に地元の選手は出身中学校名がコールされるのですが、今日はなんだか地区別対抗戦のようです。

まずは柴山選手対ビサイヤー、関節の取り合いからじっくり開始。女子の235選手、Ayaka選手に交代すると華やかながら、アグレッシブな攻撃を展開します。ここからは目まぐるしく対戦相手が変わり、勢いと迫力のある攻防が繰り返されていきます。

普段と違い少しヒールな雰囲気の柴山選手、さらにここは旧尾西市。地元のビサイヤーへの応援が多いですね。ビサイヤー&Ayaka組の勝利に、観ている皆さん、とても嬉しそうです。

ビサイヤーも地元出身をアピールし、「お子さん達に菓子まきを…」と進めますが、ワルミン、バッド、ミイラが菓子を独り占めしてやる!と乱入。ビサイヤーに襲い掛かりますが返り討ちに。

ここから、新一宮プロレスのテーマの1つでもある「謝る心、許す心」の「ごめんね、いいよ!」のやりとりです。皆の気持ちを踏みにじった、でも謝れば許してやる、というビサイヤーの言葉に「俺たちも悪かったかなあ…」と、ヒール軍団、急にしおらしくなります。

ヒール軍団「ごめんなさい!」
「いーよ!」
ビサイヤーの合図で客席からいーよ!の声。そして恒例の「菓子まき」開始。リングから撒かれるお菓子には、いつでもどこでも、ちびっ子達は嬉しそうですね。

先週の笠松競馬場大会とはまた雰囲気が違う、地元のお祭りの大会でした。ちびっ子からお年寄りまでニコニコ笑顔で、年配のお母さん達の声援も優しい。生まれ育った地の良さやあたたかさを改めて感じました。

画像はこちらです→http://ameblo.jp/eichiyuko/entry-12210542806.html

この記事を書いたライター: 高井 ゆう子

コメント

最新のコメントに移動
  • こういうのは大道芸プロレスと思っているけど、生で見ると面白いんだろうなー。

    ID:2079497 [通報]
    (2016/10/21 16:41)
    0 0
    賛成:0% / 反対:0%

    Loading...


おすすめ記事

新しいコメントを投稿する

 [PCから画像ファイルをアップロード]

関連付けられたタグ

なし
[タグを付ける]

<< 一覧に戻る