2016/9/2 10:17

対抗戦に”ステージ”を 若手には「元気」を - LION’S GATE PROJECT3-

閲覧数:3285

対抗戦に”ステージ”を 若手には「元気」を - LION’S GATE PROJECT3-
4.5
最新のコメントに移動

新日本プロレスの若手主体興行「LION’S GATE PROJECT3」が9月1日、新宿FACEで行われました。
「G1 CLIMAX」最終戦で大きく火が着いた柴田選手・第三世代とプロレスリング・ノアとの対抗戦をメインに、今回が新日本プロレスデビュー戦となるニュージーランド出身のヘナーレ選手や、5月の「PROJECT 2」以来ツアーでは試合が組まれない状況が続いていたヤングライオンの金光・川人両選手を始めとした若手選手にも注目が集まっていました。

メインの対抗戦は前回以上に熱く互いの意地がスパークし、まさに「ケンカ」と言いますか、余計なものなしで楽しめる最高のプロレスといった感じで本当に面白いことになってきました。
やはり一番目につくのは柴田選手と潮崎選手の線ですが、特に潮崎選手がこの盛り上がりの生み方に一役買っているように見えます。
というのも、感情剥き出しで厳しく攻め込んでくる柴田選手ら新日本勢を気迫を前面に出してガッチリ受け止め、返していく潮崎選手の姿が、これまで以上に「打てば響く」ようになっているな、と感じるのです。
ノアへ再び参戦してから、杉浦選手、鈴木選手をはじめとした鈴木軍に散々「打たれた」ことが大きな要因とは思いますが、スタンスが変わる新日本のリングでの戦いでも同じように打たれれば響き返し、さらには逆に柴田選手という大太鼓をどんどん打ち込んでいこうと言わんばかりに自らアクションを起こすような場面も見られ、アウェーのリングでの立ち回りといった面でも板についているような印象も受けます。

待ったなしの状況になろうかという柴田選手と潮崎選手ですが、はっきり言ってこの戦いは新宿FACEでは物足りません。これから続くビッグマッチや、永田選手をはじめとする第三世代には東金大会という舞台もあり、そしてその先に見えてくるさらなる大舞台もあります。対抗戦はやっぱり大きなステージでより一層盛り上がるということは先の両国で証明済みですから、もっと注目の集まるリングでもっともっと思いっきり見せていただきたいと切に思います。


若手選手はいずれも格上の相手に挑んでいくマッチメイクとなりましたが、今回一番目を引いたのは金光輝明選手でした。
前回はノアの同世代・友寄、清宮両選手相手に試合内容・気持ち共に差を感じてしまう結果に終わった感があった金光選手。ですが今回は3か月半という期間が観る側に作用した面もあったのでしょうか、明らかにパンプアップした体に今まで以上に気迫を出したファイトやリング上での佇まいなど目に見えて良くなっているのが感じ取れました。
前回の大会後にも多少触れましたが、私個人的に思うのは若手選手にとって何を置いても一番重要なものは、「気迫、気合を前面に出すこと」です。デビューしたての今ははっきり言ってこれ以外何も要らないとさえ思います。
ベテラン選手や引退された方が解説などで若手選手の試合を評する際「元気を出せ」「元気を出せ」と言っているのをたまに耳にするのですが、その「元気」はキャリアを重ねても先述の潮崎選手のようにリング上で求められるものとしてある種普遍的なもの、大げさかもしれませんが「プロレスの基本中の基本」とも言えるものになると思うからです。
もっと声を張り上げて、一つ一つの動きや表情も思いっきり大きく見せる。この先どんなプロレスをやっていくことになろうとも、「元気」と呼ばれるその部分は捨てたり消えたりしてはいかないところであり、常にベースになっていくところだと思います。今はそれをひたすら積み上げていく期間です、引き続き期待しています。

川人選手も少しずつ「元気」が出てきていますが、リング上で相手にぶつけ、そしてそれをお客さんへ届けるにはまだまだと感じました。今回プロレスでのエキシビションマッチを行った北村・岡の両練習生もそこがデビューに向けて大事なポイントになってくるでしょうか。いずれにしても今回を出発点に実り多い秋になることを期待しています。

そして、興行全体としては若手として唯一メインイベントに名を連ねた清宮選手の存在も今回大きいものです。ある意味今回の主役の座をものにしたとも言える抜擢でした。
先にデビューし、清宮選手に負けず劣らないポテンシャルを今回も見せながらも追いつき追い越されてしまいかねない同門の先輩・友寄選手やホームの立場ながら今回そのチャンスを掴めなかった新日本勢は、共に思うところあるかもしれません。
次回はそういった辺りも含めて、いろいろな面でさらに熱量の大きい大会を期待しています。

この記事を書いたライター: Dr.マゼンダ

コメント

最新のコメントに移動
  • メインのノアの選手は、上級生に突っかかって行けば正解、とか安易な考えの体育会の新入生みたいだった。
    求められている役割が、理解できてない。
    ヒールになる覚悟がないなら、対抗戦なんてする意味ないだろ。

    技も雑だし、体力もないし。
    柴田より潮崎の方がイケメンなのに、リング上の色気では比べものになんないよ。
    打てば響くじゃないんだよ、柴田に打ってもらってる時点でダメなんだよ。
    潮崎からネバーのベルトへの欲望みたいなもの、感じた人いる?

    ID:1736334 [通報]
    (2016/9/2 12:31)
    0 0
    賛成:0% / 反対:0%

    Loading...


  • 潮崎柴田が抗争の中心になりそうですが、一連の流れは柴田が上手いなという印象。柴田なら新日ファンの何でノアと?って言う疑問も上手く軽減してる気がする。どちらかと言うと潮崎は柴田に誘われて徐々に感情だしていった感じだから今から積極的に仕掛けて欲しい。

    ID:1745018 [通報]
    (2016/9/2 15:13)
    0 0
    賛成:0% / 反対:0%

    Loading...


  • 柴田×潮崎か、潮崎×柴田か?(コラ)

    ID:606494 [通報]
    (2016/9/2 17:15)
    0 0
    賛成:0% / 反対:0%

    Loading...


  • ノアの選手見てると、賢くないとヒールは務まらないって本当に実感できる。

    中嶋なんか新宿より観客の多い両国でノアが勝った、とか言ってたみたいだけど、それG1の決勝見に来た客だから。
    なんなの?俺はとまらねーって。全力で逆走してんの?

    ID:1736334 [通報]
    (2016/9/2 17:21)
    0 0
    賛成:0% / 反対:0%

    Loading...


  • 清宮君の活躍は嬉しい。
    ノアは地元に来た時しか見に行かないが、清宮君は成長が目に見える気がする。

    ID:1746883 [通報]
    (2016/9/2 20:47)
    0 0
    賛成:0% / 反対:0%

    Loading...


  • コメントありがとうございます。

    久々に「理屈抜き」で戦う対抗戦が新日本のリングで見られそうで、ここはしばらく楽しみです。
    意味としては様々なものが込められているであろう柴田選手の「お前次第だ」という言葉も印象的でしたが、潮崎選手の頑張り次第でもっと面白くなるというのも見えているだけに引き続き注視していきたいですね。

    投稿者:Dr.マゼンダ(ID:1740036) [通報]
    (2016/9/2 23:24)
    0 0
    賛成:0% / 反対:0%

    Loading...


  • この記事書いた人が写真も選んでるのかな?
    もうちょっとマシな写真が無かったのか・・と。せっかく永田さんが(大げさに)受けてくれてるのに下向いて目閉じてちゃダメでしょ。
    体が出来てないのも技が出来ないのも(ある意味)しょうが無いけど、気持ちぐらい見せないと。
    厳しい言い方ですが、全く熱が伝わって来ない写真だと思うのです。

    もともと無いのなら伝えようが無いのですけどね。

    ID:159755 [通報]
    (2016/9/3 9:27)
    0 0
    賛成:0% / 反対:0%

    Loading...


  • 若手対ベテランの試合では若手が元気いっぱいで動き回って試合をするので正解なので、これでいいです。
    メインもよかったです。

    まあ興行全体的には新日本マンセー試合でアレだけどね。笑

    ID:1759987 [通報]
    (2016/9/5 1:58)
    0 0
    賛成:0% / 反対:0%

    Loading...


  • 若手が経験をつむにはこんな大会はいいですよね。これからも定期的に開催してほしいです。
    新日本マンセーは主催やから仕方ないかな。ノアも今まで他団体の扱い悪くてノアマンセーなことしてましたし。

    ID:5984 [通報]
    (2016/9/5 12:47)
    0 0
    賛成:0% / 反対:0%

    Loading...


  • 二つ上のレスを書いた者ですが・・わからないのかなぁ?

    >私個人的に思うのは若手選手にとって何を置いても一番重要なものは、「気迫、気合を前面に出すこと」です。デビューしたての今ははっきり言ってこれ以外何も要らないとさえ思います。

    記事の内容がコレなのに「この写真」ではダメでしょって言ってるのです。

    先輩にやられてもやられても向かって行く姿勢を見せるのなら、まず相手を睨み付けろよ。
    技術が無くても体がまだでも、気迫さえ有れば出来る一番簡単な事なんですよね。
    そんな事すら出来てない写真を選んでおいて「気迫だ」「元気だ」って言われても何も響いて来ないですよ。

    ID:163768 [通報]
    (2016/9/6 0:25)
    0 0
    賛成:0% / 反対:0%

    Loading...


  • 意味的にはわかりますよ。ただ、清宮に限って言えば他の写真は天山、中西にエルボーかましてるのがあるぐらいで『睨み付ける』って写真はなかったですよ。多分、筆者の人も悩んであれしかなかったんじゃないかな?個人的には天山にエルボーの方がいいんやけど。ひょっとしたら張り手=気迫って感じなのかも。ただ、写真云々より大変やけど、もっと体をつくってほしいですね。友寄はキャリア的にみてもだいぶごつくなってきてるんで友寄には期待してます。

    ID:5984 [通報]
    (2016/9/6 20:33)
    0 0
    賛成:0% / 反対:0%

    Loading...


  • 写真セレクトと文章書きは同じ場合もあるけど、違う場合もあるからね。ライター本人が観戦して自分でカメラ持っていってない限り、プロ格DX所有のものから選ぶことになる。

    ひとさまの写真を勝手に使ってる、なんてご法度なことをしない限りは。

    ID:1269242 [通報]
    (2016/9/9 13:31)
    0 0
    賛成:0% / 反対:0%

    Loading...


  • 若手…と、いえば熊野はどんなポジションなんだろ?フレッシュな若手ってわけではないし、勿論ベテランでもない。中堅っていうには実力も人気もない。平柳ぐらいにキャラも確立できてなければパッと見のインパクトもない。北宮はうまくキャラ変更して何とかなりそうやけど、熊野はこれからどうなっていくんだろ。

    ID:5984 [通報]
    (2016/9/10 12:43)
    0 0
    賛成:0% / 反対:0%

    Loading...


おすすめ記事

新しいコメントを投稿する

 [PCから画像ファイルをアップロード]

関連付けられたタグ

なし
[タグを付ける]

<< 一覧に戻る