2016/6/7 10:14

今こそ見せろ!オカダ・カズチカの人間くささ

閲覧数:4599

今こそ見せろ!オカダ・カズチカの人間くささ
4.9
最新のコメントに移動

大阪城ホールでのカードが決まって以降、毎日情報収集をしているつもりなのですが。ハッキリ言って、オカダの印象がそれほど無いのです。頭に残っているのは内藤の言葉ばかり。オカダが後藤に発した言葉を用いた「オカダ、お前がタイトルマッチを盛り上げろ」や、挑戦者にEVIL指名し続けたり。さらには叩かれに叩かれた「ま・ず・は」まで繰り出して来ました。

内藤哲也というレスラーは一流のプロレスファンでもあるのでしょう。 未だに新日本プロレスファンクラブの会員らしいですし。そして、それが最大の強み。とにかくファンの気持ちを汲める。欲しているものがわかる。痒いところに手を伸ばして展開出来る。気になる事柄、自分の言葉、相手の言葉、伏線張りと回収。それらを巧みに使った発信力は全てにおいて淀みない。それが今の内藤フィーバー、最大の要因だと思うのです。
「2億円プロジェクト」「春のG1はただの挑戦者決定トーナメント」「後藤の新技『GTR』はなんの略?」「試合後に現れたら挑戦出来るの?」どれもファン側の意見を代弁してくれているようで、とにかく爽快なんです。
「制御不能」とはリング上での傍若無人な振る舞いもあるでしょうけど、やはりそれ以上に発信力。
「思っているけど言わないでおこう」から「思った事は全部言ってやろう」に方向転換した結果です。

対するオカダ。
2012年のレインメーカーショックを皮切りに、あっという間にトップまで駆け上がりました。が、これだけ言葉を発さずに上り詰めたレスラーはとにかく珍しい。新日本という団体カラーを考えるとなおさらです。
それでも昨年あたりからは「特にありません&外道マイク」の時期を脱却し、自分の言葉を持つようになりました。
シンプルながらも強い意志を感じさせる言葉を発するオカダは、新日本を背負って立つ存在にふさわしい。そう思った矢先現れたのが、制御不能化した内藤哲也。あっという間に話題と注目を全てかっさらって行ったのです。オカダにとってこれは本当に誤算だったでしょう。

冷静に見ても、今の内藤の発する言葉の瞬発力や説得力というのは異常です。プロレス界全体を見渡しても確実にトップクラス。このサイトでお見かけした意見ですが、それこそ新日本で対抗出来るのは真壁刀義くらいではないでしょうか。私もいつかこの二人のやり取りを見てみたいと思っております。

話を戻しますと、タイトルマッチを迎えるまでの舌戦や話題性は内藤に軍配。さらに当日の会場が大歓声にしろ大ブーイングにしろ、それは内藤が用意した「さあ、俺に対してどうするの?大阪のお客様?」という謎かけによるもの。そんな中でオカダは、いかにして存在感を示すか。内藤の強みがファン目線からの発信力と展開だとするなら、オカダの強みはファンの目に触れていない部分の多さ。

感情。
泥臭さ。
人間臭さ。
下から目線。

「ナイフは隠し持っていた方がいい」
当サイト掲載のコラムにて読ませていただきました名言です。
オカダは隠しナイフの宝庫。このキャリアと実績にしては見せていない部分が多すぎます。ですので、これらをリング上で見せて欲しい。剥き出しにして欲しい。全開であらわにして欲しい。感情も泥臭さも人間臭さも下から目線も、これまでオカダが絶対に見せないようにしてきた部分でしょうから。そんなオカダのリアルが見たいのです。

長年共にトップを形成していた棚橋もAJも、オカダが驚異的なスピードで追いついた相手。本来なら格上の相手だからこそ、上から目線が活きてきた。その点内藤は先輩とはいえ、一度は完全に追い抜いた相手。その相手に並ばれた。いや、追い抜かれようとしている。「挑戦者 オカダ・カズチカ」は何度かあれど、今までとは意味合いが違うはずなのです。
だからこそ下からの突き上げに焦り、追い抜かれまいと必死にもがいているレインメーカーを見てみたい。

内藤が作り上げた雰囲気をぶち壊すには、オカダの作られていない素の部分。内藤がリングの外から大阪を手玉に取ろうとしているなら、オカダはリング上で全てをぶつければいいのです。
中邑真輔壮行試合で子供のように泣きじゃくるオカダ、外道の勝利に解説席で無邪気にはしゃぐオカダ。棚橋弘至に敗れ悔し涙を流したオカダ。そんな人間くさい姿を戦いの中でも出せばいい。そしてそれらをリング上で見せたその時、内藤に吹き続けた風がオカダのための風となるのではないでしょうか。


【新日本プロレス 6.19 大阪城ホール大会】
IWGPヘビー級選手権
王者 内藤哲也 VS オカダ・カズチカ 挑戦者

王座戴冠後も卓越したコメント力で盛り上げ続けた内藤哲也。
王座だけでなく、話題性も主役の座も奪われてしまったオカダ・カズチカ。
ベルトをかけた王者と挑戦者としての戦いだけでなく、大阪の大観衆をも巻き込んだ新日本プロレスの覇権をかけた戦い。

勝つのは果たして内藤か、それともオカダか。

この記事を書いたライター: 小堀達也

コメント

最新のコメントに移動
  • オカダからは自分の世界ってものを感じ無い
    棚橋ワールド、内藤ワールドの一住人でしかないよ

    天龍戦後はこのままどんどんかけのぼっていくのかって思ってたけど、得たのは結局天龍引退試合を務めたっていう実績と評価だけ(それでも十分凄いけど)
    オカダのプロレスには何の変化も起きなかった

    ID:929982 [通報]
    (2016/6/7 15:37)
    0 0
    賛成:0% / 反対:0%

    Loading...


  • こんなに伸びしろのある選手はいないと思います。
    現在のこの段階でも。
    5年後、10年後。
    40歳になったオカダカズチカが楽しみなのです。

    ID:770555 [通報]
    (2016/6/7 17:09)
    0 0
    賛成:0% / 反対:0%

    Loading...


  • 新日はちょっと岡田推しすぎたかな?と思います。岡田自体は身体能力やオリジナル技は評価しますが、ちょっと進化が見られないと言うか毎試合マンネリ感を感じます。新日のりマッチ連発も原因かもしれませんが。話がずれるかも知れませんがどの団体でも、前哨戦連発やりマッチ連発は萎えます。ブックにしろガチにしろ前哨戦やりマッチで負け、本番で勝つとか本当に嫌です。以上の理由で岡田vs 内藤とか何も期待してません。あくまで私の意見です

    ID:126731 [通報]
    (2016/6/7 20:08)
    0 0
    賛成:0% / 反対:0%

    Loading...


  • オカダの成長スピードにブレーキがかかっている印象ですね。中邑、AJが去り棚橋が不調の今、リング上でオカダをさらに覚醒させられるのは内藤哲也ただ一人ですから、この大阪城ホールでの対決はオカダにとってひとつの転機になるかもしれません。個人的にはここで内藤にコテンパンにやられるべきだと思いますね。
    二番コメントさんの仰る通り、オカダはトップに君臨してなお大きな伸びしろを残した選手です。オカダはまだまだ伸びる。そのためにも、完全に見下した相手に連敗を喫するというのは必要な犠牲なのかもしれません。
    ・・・と、ここまでもっともらしく書いてきましたけど、結局私が内藤の大ファンなので勝って欲しい!ってだけの話です(笑)

    投稿者:逢坂鈴汰(ID:289583) [通報]
    (2016/6/9 11:04)
    0 0
    賛成:0% / 反対:0%

    Loading...


  • 安定感という点ではオカダは海外から帰ってきてブレなかったと思います。常に高得点をマークする素晴らしい選手です。
    ただ、ファンはもっと浮き沈みを見たいんだと思います。
    一度は地獄を見た内藤は焦りに焦って今覚醒した。あの時からは考えられない存在になった。
    これは棚橋も中邑も真壁もみんな経験しました。

    そんな経験を経て剥き出しになったオカダは間違いなく凄いレスラーになる筈なので、今は内藤にはオカダを完全に潰してほしいなと思ってしまいます。

    個人的にはオカダは本隊のトップとして名実共に新日本を引っ張ってほしいですね。

    ID:1077992 [通報]
    (2016/6/9 12:16)
    0 0
    賛成:0% / 反対:0%

    Loading...


  • オカダって帰国以降はどの試合でも見せ場作ってボロ出さなかったから逆にハードル上がりきった感ありますね
    AJとも棚橋ともやる度に前の試合よりもいい試合にしてた分とんでもない期待値になって贅沢にも不満が溜まる感じで
    言い方悪いですが中邑は試合の当たり外れが結構あってその分大当たりの試合はとんでもない試合になっていたのの逆ですね

    今は内藤にコテンパンに負けて深い谷底に一度落ちて欲しいと思います
    落ち方が大きいほど戻ってきた時のインパクトは大きいしオカダなら必ず戻ってこれると思いますから

    ID:2772 [通報]
    (2016/6/9 21:46)
    0 0
    賛成:0% / 反対:0%

    Loading...


  • とても説得力があって新日プロレス愛に溢れた文章に感動して涙が(´;ω;`)
    プロレスって闘いでありドラマだから、それを表現するレスラーはただ強いだけではない様々なスキルが必要だと思うのです。今の内藤選手は存在そのものにドラマツルギーやペーソスが溢れていると思うのです。元々のレスラーとしての才能にそれがある。最強です。その点、オカダ選手は言うもでもなくアスリートとしては最強のレスラー。この点だけで言うと、内藤選手を超えているのではないかと。でもこの文章の筆者や両国の実況で蝶野さんが言ったように、まだまだのびしろがある発展途上の選手、悪く言えば、まだまだ足りない。そういう意味でこれからの選手。
    お客様を巻き込みながらお互いのレスラーとしてのアイデンティティを競い合う場としての大阪城ホール。そのように持っていった内藤選手は一歩リードしてるのかもですので、オカダ選手、頑張って欲しい!でも内藤ファンなので勝ってほしい(笑)

    ID:770284 [通報]
    (2016/6/10 17:30)
    0 0
    賛成:0% / 反対:0%

    Loading...


  • プロ野球で言えば高卒ルーキーが新人王取って見事に2年目のジンクスにハマった。
    ってところでしょうか。
    監督によっては2軍へ落としてしっかりと作り直すか、また違う監督なら成績には目をつぶって使い続けるか。
    ここで言う監督は新日では観客・ファンになるのでしょうか。
    「負けてもいい、どん底から這い上がってこい」
    「ここで負けるな!負けたら終わりや!」
    大阪の観客はどう判断するんでしょうか。
    そして当のオカダはどんな思いでリングにあがり、何を思い、試合後どんな言葉を発信してくれるのか。
    内藤人気におんぶにだっこされてくすぶるのか、はたまた内藤のような劇的な変化があるのか、勝ち負けの先にあるオカダ覚醒を期待してやみません。

    ID:1099899 [通報]
    (2016/6/13 15:13)
    0 0
    賛成:0% / 反対:0%

    Loading...


  • オカダファンの大半が女か子どもだから、負けが次のストーリーに繋がるなとか理解してないので、負けたらダメ絶対勝て!としか思ってないだろう

    ID:929982 [通報]
    (2016/6/13 15:53)
    0 0
    賛成:0% / 反対:0%

    Loading...


  • キャリア12年で高卒ルーキーの比喩は当てはまりません。
    古参ファンが棚橋時代に離れオカダで戻って来た数も相当います。

    ID:815460 [通報]
    (2016/6/13 18:45)
    0 0
    賛成:0% / 反対:0%

    Loading...


  • キャリアではオカダのほうが先輩。

    ID:112378 [通報]
    (2016/6/14 12:33)
    0 0
    賛成:0% / 反対:0%

    Loading...


おすすめ記事

新しいコメントを投稿する

 [PCから画像ファイルをアップロード]

関連付けられたタグ

なし
[タグを付ける]

<< 一覧に戻る