2016/4/26 9:45

パンチラとエンタメと「ロリクラ☆ほーるど!」【多重ロマンチック的ぼくらのプロレス】

閲覧数:2835

パンチラとエンタメと「ロリクラ☆ほーるど!」【多重ロマンチック的ぼくらのプロレス】
4.8
最新のコメントに移動

■2010年から連載される「プロレス版けいおん!」がついに単行本化
2016年3月14日、プロレス系学園日常4コマ漫画「ロリクラ☆ほーるど!」のコミック1巻が発売になりました。原作はChihaya(ちはや)さんで、作画担当はKOMANDO-(こまんどー)さん(KOMA改め)。
新日本プロレスの親会社がまだゲーム会社「ユークス」であった2010年、ユークス社員2人が公式サイト上で連載開始。当時のコーナー名は「ぶかつのじかん」。特に主人公も決められずにレスリングをするでもなく、プロレスをするでもない同好のモノ、「プロレス部」の女の子が「プロレス」をキーワードに学園生活をわちゃわちゃする。そんな漫画。しかしこれがプロレスファンの心にクリーンヒット。

大ヒットアニメ「けいおん!」が特段その軽音楽部としての活動が主軸ではないながらも、緻密な機材設定、P-MODELになぞらえた命名で、アニメファンを超えて音楽ファンにも伝わったように、「ロリクラ☆ほーるど!」もかわいい女の子の“ガワ”で引き寄せつつ、プロレスファンだけならず、ゲームファンの心にもヒットするコミックとなっております。

なんつったってユークス公式サイトというホームは守りながらも、『電撃ゲームス』(アスキー・メディアワークス)、『ヤングマガジンサード』(講談社)、『マンガボックス』(DeNA)と掲載誌を流浪している苦節コミック。これだけでもう浪花節好きなプロレスファン心理を揺さぶり、応援したくなるってもんじゃありませんか。

サイトでの連載では、8ビットゲームの如くカクカクしたドット絵。マンガボックスではパンチら規制と、ヤングライオンの技制限のごとく、手かせ足かせをはめてきましたが、単行本ではそれらを一気に大解放。これ、モノクロのゲームボーイソフトがplay&peaceなPS4に移植されたようなもんですよ。かわいいながらも潜む狂気と妙義を堪能あれ!

■的確なプロレス表現と落とし込み、そして知識供給
原作のChihayaさん、作画のKOMANDO-さんは本業ではプロレスゲームのモーション担当。それだけに画力は高く、頭身を低くディフォルメされたキャラクターなのにプロレスの技描写が適格というのが素晴らしい。さらっと描いているけれど、複数のキャラのくんずほぐれつってただでさえ難しいし、そこに関節技となると輪をかけて。これを見事なバランス、スピード感で描いているので、「読む技辞典」としても素晴らしい。

雑誌連載分では美術部に入りたかったのに、何を間違えたのかプロレス部に入ってしまった「たーにゃ」こと谷屋種が主人公。プロレスは知らないけれど、周りのみんなががちゃがちゃして、知らず知らずのうちに知識がたまる様子も描かれるので、プロレスなんててんでわからなくても大丈夫だ。もちろんプロレス、WWE知識があれば、何気ないシーンにウハウハできてなお楽し。

■忘れじのエロティックはエンターテイント=プロレスの根源
コンセプトは『プロレス部の女子高生たちが、おしゃべりしたり、たまにプロレスしたりするまんが』。

パンチラをやりたいからと、ただそれだけのために連発される美しい空中姿勢のシャイニング・ウィザード。作者の趣味が垣間見える気もしなくはないですが、しかしプロレスも、美しいフィニッシュを完成させるためにロックアップからグラウンドの一点集中があるもの。メインイベントの壮大さを伝達、演出するために、第1試合でプロレスのルールを説明する。何が間違ってるっていうんですか。

一見ロリータの穴のような「ロリクラ☆ほーるど!」のタイトルも、よくよく下部に目を配れば「ROULING CLUTCH HOLD ME!」の文字。前方回転でクラッチすれば、おしりまるだし、こんにちは。正面突破してアウトならば、それを回避して、いかにギリギリのエンタメを発揮するか。一見関係なく見えていても、世界は密接に関係する曼荼羅模様。世の中はプロレスに満ち溢れている。そんなことを僕らに教えてくれる「ロリクラ☆ほーるど!」なのであります。

「パンチラはサービス精神、プロレスにつながる部分ですね。エンターテイメント性を大切にしているんです」(koma)(あのユークスが漫画連載!JKプロレス漫画「ロリクラ☆ほーるど!」作家インタビュー…プロレス愛からパンツのエンタメ性まで | インサイド>)

「プロレスは野蛮だ」。そう言い放った主人公たーにゃの心境は、エンタメ心あふれるプロレス部に出会ってどう変わっていくのでしょう。さあさ、読みたくなったらば、どうぞウェブで単行本で、ロリクラワールドをお楽しみあれ!

【関連】
マンガボックス (MangaBox) / 人気マンガ家の新作連載が無料で読める!
ロリクラ☆ほーるど! | ファミ通コミッククリア
ロリクラ☆ほーるど!@ぶかつのじかん

この記事を書いたライター: 漁師JJ

コメント

最新のコメントに移動
  • ロリクラっていう名前が気持ち悪い

    ID:866283 [通報]
    (2016/4/26 12:14)
    0 0
    賛成:0% / 反対:0%

    Loading...


  • 新日公式サイトにリンク張ってあるぐらいなんだから、いつかキンプロカードにならねえかなー

    ID:735461 [通報]
    (2016/4/26 12:38)
    0 0
    賛成:0% / 反対:0%

    Loading...


  • 頑張ってアニメ化してもらって認知度広めて、興行の時には会場限定のグッズやイベント催してマンガ・アニメファンに会場に来て貰えばええやん。
    そのままプロレスファンとして定着してくれるかは別問題やけど、少しでもきっかけになればね...で、面白いの?

    ID:351839 [通報]
    (2016/4/26 20:35)
    0 0
    賛成:0% / 反対:0%

    Loading...


  • 「ロリクラ」ってタイトルが気持ち悪いって、本文にもあるけど、ローリングクラッチの略やで。プロレスゲーム制作中、もともとプロレスに詳しいわけでなかった作者が興味そそられたワードだって話だけど。

    ID:2614 [通報]
    (2016/4/27 11:31)
    0 0
    賛成:0% / 反対:0%

    Loading...


  • 普段から楽しんで観てますよ、自分は。

    ID:562409 [通報]
    (2016/4/28 16:55)
    0 0
    賛成:0% / 反対:0%

    Loading...


おすすめ記事

新しいコメントを投稿する

 [PCから画像ファイルをアップロード]

関連付けられたタグ

 プロレス漫画
[タグを付ける]

<< 一覧に戻る

プロレスが好きな人はフォロー!
「ぼくらのプロレス」ならではの情報をお届けします。