2016/3/27 10:57

棚橋も絶賛!新日本の新外国人選手、ウィル・オスプレイとは何者だ?

閲覧数:3132

4.0

今年も早くも四半期が過ぎようとしています。
この間、中邑真輔選手、AJスタイルズ選手らの離脱、後藤洋央紀選手のCHAOS入りなど、新日本プロレスでは様々な動きがありました。
直近の試合後コメントでは、棚橋弘至選手が「本隊」を強調するなど、今年は“ユニット再編”の年となりそうです。

そんな中、3月3日に行われた大田区大会にて、オカダ・カズチカ選手が「CHAOS」の新メンバーを紹介しました。
それがウィル・オスプレイ選手です。
日本ではなじみのないオスプレイさん。
一体どんな選手なの?

昨年10月、新日本の英国遠征時にRPWのリングでオカダさんと対決したのがオスプレイさんでした。
その試合の様子がこちら。


な、なんという身体能力でしょう!

リコシェ選手、マット・サイダル選手、ヤングバックスなど、現在の新日本ジュニアはスピーディかつアクロバティックな攻防が繰り広げられています。
その中に入っても飛び抜けた存在になりうる、スペシャルなハイフライヤーなのではないでしょうか。

同遠征後に配信された棚橋さんのポッドキャストでは、オスプレイさんのことを「飯伏幸太のよう」だと絶賛。
棚橋さんの声や、実際に対戦したオカダさんの声などもあり、今回の新日本参戦へとなったのかもしれません。

そんなオスプレイさんですが、4月2日にアメリカで開催される「マーキュリー・ライジング2016」という大会に出場し、6人タッグで飯伏幸太選手との対決が実現することとなっています。

日本では「SUPER J-CUP」の復活、アメリカではWWEが「クルーザー級トーナメント」の開催を発表するなど、例年に比べてジュニア戦士達に光が当たりやすくなるであろう2016年。
世界中で繰り広げられる超人たちからますます目が離せなませんね。

この記事を書いたライター: YOSHI-NAGA

コメント

    まだコメントはありません。

おすすめ記事

新しいコメントを投稿する

 [PCから画像ファイルをアップロード]

関連付けられたタグ

なし
[タグを付ける]

<< 一覧に戻る