2016/3/20 11:36

アメリカンプロレスの超大物・スティングが引退か? 昨年WWEビッグマッチで負傷

閲覧数:4048

まだ評価がありません

米プロレス界の超大物・スティングが引退する方向であると情報サイト「TMZ.com」が報じた。

昨年9月に行われたWWEのPPVイベント「ナイト・オブ・チャンピオンズ」におけるセス・ロリンズとの一戦。
ターンバックルへのパワーボムを受けた、動きが急激に鈍り立てなくなるほどの重傷をおっていた。


頸部脊柱管狭窄症と診断されており、リングへの復帰は絶望的であるとのこと。
今年のWWE殿堂入り式典の場で引退を発表する可能性があるという。

WCWで一時代を築いたスティングは、90年代に新日本マットにも登場。
グレート・ムタ戦を始め、幾多の名勝負を繰り広げた。
WCW崩壊後はWWEへ移籍せず、TNAを主戦場とし、GMを務めるなどしていた。
2014年にWWE初登場、2015年のレッスルマニアではトリプルHとの遺恨戦を行っている。

アメリカはもちろん、日本でも圧倒的な知名度と人気を誇るスティング。
キャリアは終盤にさしかかっていたとはいえ、このような形での引退は残念なこと。
と同時に、プロレスが危険と隣り合わせであることを再認識させられる。
続報を待ちたい。

この記事を書いたライター: K'

コメント

    まだコメントはありません。

おすすめ記事

新しいコメントを投稿する

 [PCから画像ファイルをアップロード]

関連付けられたタグ

なし
[タグを付ける]

<< 一覧に戻る