2016/3/9 9:19

ジ・アンダーテイカー誕生前夜~マーク・ウィリアム・キャラウェイが地獄の墓堀人になるまで~【ぼくらのプロレス物語】

閲覧数:5032

ジ・アンダーテイカー誕生前夜~マーク・ウィリアム・キャラウェイが地獄の墓堀人になるまで~【ぼくらのプロレス物語】
4.0

ジ・アンダーテイカーはWWE(WWF)が産んだロングセラーキャラクターである。

デッドマン、怪人、地獄の墓堀人、魔王、アメリカン・バッドアスと数々の異名を持つアンダーテイカーは1990年11月のサバイバーシリーズでデビュー。以後、時にはトップひーるとして、時にはベビーフェースとしてWWEを支えてきた。

そんなアンダーテイカーはWWE入りするまで、短いキャリアでさまざまなリングネームで闘ってきたと言われている。

アンダーテイカーが誕生するまで、彼はどのようなレスラー人生を歩んだのだろうか。

アンダーテイカーの本名はマーク・ウィリアム・キャラウェイという。
テキサス工科大学ではスポーツ経営学と生態学を専攻しているインテリな一面を持つ。
高校・大学とバスケットボールで活躍していた。
実はチーム運営や選手やマネージメント管理の方に興味があったという。

そんな彼が"マスクマン"スーパー・デストロイヤーとして活躍したドン・ジャーデンの指導を受けて1987年3月にアメリカ・テキサス州ダラスでブルーザー・ブロディを相手にデビュー戦を行った。この試合ではテキサス・レッドというマスクマンに変身していた。
ちなみにアンダーテイカーの見せ場の一つである"オールドスクール"と呼ばれるロープに渡ってからのアックスハンドルはジャーデン直伝のものである。

デビューしてから三年間で、彼はマスター・オブ・ペイン、ザ・パニッシャー、パニッシャー・ダイス・モーガン、ミーン・マーク・キャラスと数々のリングネームを経て、1990年にWWE入りを果たす。

ジ・アンダーテイカーに辿り着くまでマーク・ウィリアム・キャラウェイが歩んだ道程もどこか怪奇に満ちている…。

この記事を書いたライター: ジャスト日本

コメント

    まだコメントはありません。

おすすめ記事

新しいコメントを投稿する

 [PCから画像ファイルをアップロード]

関連付けられたタグ

 ジ・アンダーテイカー  WWE
[タグを付ける]

<< 一覧に戻る