2016/1/31 11:30

レジェンドたちのおせっかい

閲覧数:2650

レジェンドたちのおせっかい
4.4
最新のコメントに移動

現在の日本プロレス界は、はっきり言って新日本プロレスの独走状態である。これは猪木色の軽減に成功した前運営会社ユークスと、あらゆる手段を講じて新日本プロレスを有力サブカルチャーに押し上げたブシロードの力によるところが大きい。
もちろん棚橋、中邑、そしてオカダと、新世代のプロレスを築き上げたエースたちの存在も重要なポイントだ。いくらブシロードがプロモーションに力を入れたところで、中にいるレスラーたちが力不足ではここまでの成功は見込めなかっただろう。

新日本は暗黒期と言われる2000年代前半を経て、その反省から進化・変化を遂げ現在にいたる。暗黒期以前の、いわゆる昭和時代のファンからすれば、違和感を抱いても仕方ないのかもしれない。
しかしながら、近年多数出ている、新日本プロレスのOB、いわゆるレジェンド勢が現在の新日本について苦言を呈する、といった記事や書籍については、その存在意義を疑わざるを得ない。
はっきり言おう。余計なお世話だ。

もちろん新日本プロレスの試合を実際に見て批評するのは、対価を払った消費者としての自由だ。批判意見からは改善点を見出すことができる。なんとかとハサミも使いようだ。
しかし、OBや某元編集長の批判は、結局のところ「昔と違う、自分たちの知っているころと違う」という結論に達することが多い。
当然だ。失敗したらやり方を変える、当たり前のことである。
某元編集長や昭和新日本ファン、猪木信者からは、時々「違うことをやるなら、経営者が変わったんなら新日本を名乗るな。ブシロードプロレスに改名しろ」といった言葉が発せられる。
何を言っているのだろうか?
野球でもサッカーでも何でも、監督が変わればチームカラーが変わるのは当たり前だ。
巨人というチームは金にものを言わせ4番とエースを集めたチームでなければならないのか?そんなわけないだろう。
その時代、その時代にあった団体のスタイルというものがある。もちろんその団体の状況もある。
今の全日本にはかつてのような巨人も強力な外国人レスラーもいない。ならば全日本も看板を下ろすべきなのか?
過去の成功は間違いなくレジェンド陣の戦果であり、成功させたやり方・あり方に自信があるのもわかる。
だが、今昭和のやり方に戻ったところで得るものはない。断言する。
私は昭和をほとんど知らない人間だ。
だからこそ言えるのかもしれないが、あえて言おう。
レジェンドたちのおせっかいも大概にしていただきたい。
新日本は、大丈夫だ。

※1/31日追記
このコラムを入稿したその日に、
週刊プロレスmobileの土曜コラムにこのコラムとほぼ同じ内容の記事がアップロードされた。
あちらはプロなので、私より大きな視点でこの問題を見ていると思う。
興味のある方はそちらも参照していただくといいと思う。

この記事を書いたライター: 逢坂鈴汰

コメント

最新のコメントに移動
  • 同感です。昭和には昭和の良さはありますが、現在でも通用するかといえば疑問符がつきます。昔、みのるが多様化するプロレスに対し「プロレスは変化したんではなく時代にあわせ進化している」という旨を言ってたのを思い出します。過去は大切ですが拘りすぎはいけないと思う。プロレスという分野は色んなものを吸収できるもの。過去に囚われず今、そして未来をみたほうが楽しいと思うから、変なチャチャはいれないでほしいですね。

    ID:5984 [通報]
    (2016/1/31 11:59)
    0 0
    賛成:0% / 反対:0%

    Loading...


  • 以前からあったっちゃあったけど最近特に、新旧新日ファン同士の世代闘争の戦線拡大が著しいね。
    自分も昭和をほとんど知らない世代だけど、面白い現象だと思う。
    「お前は噛みつかないのか、今しかない!誰が一番強いか決めればええんや!やるぞーーーっ!」という気持ちを一番よく知ってる昭和プロレスファンの懐は、僕たちニューリーダーが思ってるより深いはずだから思いっきりぶつかって行けば良いと思うよ。

    ID:363319 [通報]
    (2016/1/31 13:32)
    0 0
    賛成:0% / 反対:0%

    Loading...


  • 昭和と平成のこういう論争って、プロレスに限らずありますね。プロ野球しかり、大相撲しかり、仮面ライダーしかり。昭和の人間なので限りなく昭和が好きだけど、平成も好きだよ。

    ID:399237 [通報]
    (2016/1/31 18:34)
    0 0
    賛成:0% / 反対:0%

    Loading...


  • あ~、言われてみると確かに他の分野でもありますね。所謂、ジェネレーションギャップってやつかな。今の若いファンが40ぐらいになった時も「あの時は…」て、なるのかな。プロレスも論争しつつ先に進んで欲しいですね。ただ、過剰な批判とかして足だけは引っ張らないでほしい。まだまだマイナー分野で、これからまだまだ上がっていかなくちゃいけない大事な時期んやから。

    ID:5984 [通報]
    (2016/2/1 13:50)
    0 0
    賛成:0% / 反対:0%

    Loading...


おすすめ記事

新しいコメントを投稿する

 [PCから画像ファイルをアップロード]

関連付けられたタグ

なし
[タグを付ける]

<< 一覧に戻る