2016/1/26 17:54

現代に甦ったツタンカーメン!怒りと呪いのヒップアタック

閲覧数:3552

現代に甦ったツタンカーメン!怒りと呪いのヒップアタック
5.0

黄金のマスクで世界中で圧倒的な知名度を誇る、古代エジプト第18王朝のファラオ(王)・ツタンカーメン。
エジプト・カイロの考古学博物館に収蔵されているこのツタンカーメンの黄金のマスクが破損、接着剤で修復されていたという問題が話題になっています。
2014年に、破損および修復が発覚。
検察当局によると、修復作業が本来の手順通りではなかった可能性があるとし、昨年から捜査を行っていました。
先日、国営メディアで発表された内容によると、「3300年前の遺物を手荒く扱った」として、関係者8人を起訴する動きを見せています。

近年、プロレス界にツタンカーメンが甦ったことをご存じでしょうか?
新日本マットに度々出没し、を怒りと呪いのヒップアタックで対戦相手なぎ倒しているのです。
初登場は2015年1月。
「私は神だ。神に逆らう者にはすべて罰を与える」と息巻いていました。
ファラオとして恥ずかしくない闘いを自負し、次はいつ現れるのかという問いに対して、「米69俵か牛69頭のギャラがあれば」と返答していたのです。

そして今年1月、彼は再び甦り、私たちの前に姿を現しました。
以前はなぜか緑であった足元が金色に輝き、顔を隠すマスクも精巧さを増していました。
驚くべき点は、そのマスクや装束を民へ向けて販売していたことです。
税込\2,600のマスクでファラオ気分を味わえ、さらに税込\5,830円の装束を身にまとえば、あなたはもうファラオそのもの。

残念ながら今年はすでに帰還なされてしまったファラオ。
また来年のこの時期に、拝謁することができるのでしょうか?
お会いすることを楽しみにしております。

この記事を書いたライター: YOSHI-NAGA

コメント

    まだコメントはありません。

おすすめ記事

新しいコメントを投稿する

 [PCから画像ファイルをアップロード]

関連付けられたタグ

なし
[タグを付ける]

<< 一覧に戻る